2011年2月13日 (日)

キースのサバイバル術?

アマゾンでたまたま見つけて買ってみました。
51oykgmfu3l_ss500_

幾多のトラブルを乗り越え、生き残ったロックの生き証人のキースの有名な発言などをピックアップしながら、”彼の言葉があなたの人生を救います”的な本です。

不真面目な本かななどと軽い気持ちで購入しましたが、、

なかなか哲学的でもあり、すばらしいです。

裏表紙に5つの言葉が例として挙げられていますが、その一つ。

Life is a wild animal.
You hope to deal with it when it leaps at you.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

ワンダフル.トゥデイ

本屋さんでたまたま見つけた本。
パティ.ボイド自伝 ワンダフル.トゥデイ

Pb1

ジョージハリスンの妻であり、エリッククラプトンが横恋慕したモデル。

Pb2


大好きな名曲の、彼女は伝説でもあります。


当時のスウィンギングロンドンの様子や当時のミュージシャンの様子をうかがい知ることができます。

クラプトン自身の自伝も読んでいますが、男性側の言い訳とは違った、女性的な視点で書かれているので新鮮です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

ロン.ウッド自伝

昨日は大学で手術でした。外部の方にはあまり判らないかもしれませんが、一般的にTVでみるイメージより、実際の手術室の静かな時間が流れています。外来診療とはまた違う意味で僕は好きです。

さて

Sn3g0533Rolling Stonesのロンウッドの自伝が発売されました。

早速読んでみましたが、華やかな交流関係から、60年代からのロックの歴史をリアルに感じることが出来ます。

家族や友人たちに支えられてきた心温まるエピソードも多く、なかなか感動的な自伝です。

キースリチャーズについての記載もありますが、ギターパートナーであり、家族同士仲の良い弟分ロンでさえ、キースにはなりえない、いかにもパイレーツなキース像が見えてきていろんなエピソードに笑えます。

これだけの地位と名誉を得ながらも、個人的な失敗を繰り返してきたロンですが、今や60歳を超え、子供たちや孫までに囲まれ、愛情と友情に包まれた人生はうらやましいなと思い読み終わりました、、、、。

が!!

和訳者の方が書いたあとがきをみて、どんでん返しが、、、、、。

何やってんの!!と突っ込みを入れたくなります。(詳細は読んでください)

60歳をすぎても彼の波乱にとんだ人生は続きそうです。

う~~~~~~ん? ロン、大丈夫か??

ジジイになっても彼なり?にロックしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

イン・ザ・プール

だんだん春めいてきました。日中は暖かくて上着がなくてもいいくらいの陽気です。

眼科の検査データが膨大になり保管、管理するのが大変になってきているので、ついにPCでのデータベース化に踏み切ることにしました。電子カルテとは別にファイリングシステムを作ります。

丁度いいところにDELLの広告が!、、、。早速ノートPCとデータベース作成ソフトを購入しました。外注すると、お金がかかるので僕自身で作る予定です。果たしてどれくらいの時間がかかることやら、、。何か新しい刺激があると、意外に燃える性格なのか、春だから何か新しいことを始めたくなったのかわかりませんが、ポジティブな気分です。

当院も4年以上が経ちましたが、慣れてマンネリ化してしまうのではなく、より良い変化を求めて、僕も、スタッフも皆が楽しく仕事ができ充実Inthepool できればと思っています。

話はかわりますが、先日、奥田英朗著”イン・ザ・プール” 読んで笑ってしまいました。変わった精神科Drが主役ですが、妙に憎めず、安堵感をあたえてくれます。僕も読んでから、日々の診療にも少し肩の力が抜けていいのかもしれません。映画化されDVD化されているので今日早速アマゾンで注文しました。興味がある方は一読を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月29日 (金)

アメリカの彼女たち

今日は偶然にもアメリカにいる知人からのニュースが2件 

Ann Sally8-1  http://www.annsally.org/index.html

医学の勉強のためニューオリンズに留学中であるが音楽活動は続けている模様。偶然に先日ニューアルバムが発売になったことを知り、速攻で購入する。

                                              また別の知人から久しぶりに連絡あり、アメリカで働きながら副業で翻訳の仕事をしているとのこと。彼女が翻訳した本が学研から出版されているので早速購入した。

miribook壁のむこうへー自閉症の私の人生

海外で活躍する人たちの話をきくと、勇気をもらえるし、”自分もがんばらないと”というパワーがでてくる。なんか最近自分の知らないところで皆すごいことやってるんだなー。

もっともっと向上心をもってがんばらないと。

塩川八幡ヒルズクリニック www.shiokawa-clinic.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)