2006年7月11日 (火)

もてあますパワー

仕事の後にK君と食事に行く。彼のお勧めの”池田のおでん屋”。街から少し離れた学校の裏にある小さなお店。レトロな感じがしぶい。少し古汚い、男同士には丁度いい感じ。

Odennya1 Odennya2

カジュアルな店で、食べたことも無いような上品なおでんが、それに合わせた日本酒と一緒にでてくるコースを楽しむ。お店の大将が日本酒が好きらしく、こだわりにこだわった日本酒を料理に合わせて出してくれる(お酒は5種類で合計2合くらい)。

どれも美味しくて、こんな店がこんなところにあったんだーと徳した気分になる。

Odennya4 愛媛のお酒、”森の翠”は限定の○○チーズ(何か忘れた!)に合わせて絶品の味。Odennya3 確かに他のお酒とは違う味がするし、チーズに合う。

”やよろず”は、K君が仲間達と田植えからコメを育てて作ったお酒で、今回大将に断って、特別に持ち込んで飲んだ。

料理もおでん懐石とはいえ、鱈のお吸い物などは絶品だった。他にも美味しい料理とお酒を頂いた。

お客は僕ら以外は、大学生ばかりで賑やか。そういえばこの周辺は大学生の住むアパートが多いみた。大学生にこの料理とお酒の味はわかるのかな?自分が若い頃は絶対わからなかったと思う。

ただ確実に、若い頃はパワーを持て余していたと思うし、今から思えば、くだらないことにエネルギーを注いでいたと思う。もっとまともなことに、そのパワーを注いでいたら、、、なんて話で盛り上がる。

仕事は毎日毎日が繰り返しで、大人になるとそれに馴れてしまう。変わらない毎日に焦燥感を持ちつつも、どこかで安心感を感じたりしている。若ければいいというわけでも、落ち着いた生活が悪いということではないけれど、もっと時間が欲しい!!。時間があればもっといろんなことができるし、またパワーを吸収できると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

前進あるのみ

仕事が終わり速攻で新幹線に飛び乗り東京へ。今日は久しぶりにソムリエのアライさんのお店へ。長年イタリア文化を日本に広めた業績から、彼はイタリアから最近勲章をもらっている。お茶の世界でいう千利休のような方で、彼の業績は凄いと思っていたので、うれしく思う。おめでとうございます。

74年のChanti Classicoから始まり、いつもの美味しいワインを戴く。

La Spinettaというラベルにサイのマークが印象的なワイン。明後日にはオーナーがイタリアから来店するとのこと。Spu

どうしてサイをマークにしたのか?というと、サイはバックが出来ない。だから”前進あるのみ”という意味があるらしい。唯でさえラテンなイタリア人が前進あるのみとはどんな人なんだろう?!

今日は山梨からO先生も駆けつけ、山岳部出身の彼の体験話で大いに盛り上がる。彼は今でも寝袋で寝るのが好きで、車の中で寝袋で寝るためだけのために、わざわざ車の助手席を取り払い、寝袋で寝るためのスペースを確保しているとのこと。

O フルフラットにして眠れるような大きな車を買えばいいじゃない?と思うのだが、狭いのがいいとのこと。助手席のない車で家族は不便じゃない?と聞くと、まったく同じ車種の車をもう一台買ってるとのこと。

何たる無駄!!

というか、そういう次元を飛び越して、凄すぎる!!

馬鹿話に笑いすぎてしまった。

アライさんのお店によく篠原涼子さんが来ていたのは知っていたが、元々市村さんが常連とのこと。イチロー選手もよく来ているそうで、びっくり。お店の宣伝も一切しないし、知らない人は入れない。改めてここで楽しい話と美味しいワインが飲めることに幸せを感じた。

Arai1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

久々の息抜き

昨日暇だった反動かむちゃ混みの外来。昼休みも往診4件をこなし、殆ど朝からぶっ通しで仕事を終わる。今日は夜予定があったので早く終わりたかったがそれも許してもらえず結局夜の8時までカルテの整理などで診察室に釘付け。

今日は仲のいい若手開業医の飲み会。K医師とG医師との楽しい飲み会なのだー。19時の約束を1時間以上送れて会合の場所へ。

tsubaki和食遊膳”椿” 隠れ家みたいなお店で美味しい和食をいただく。静かで落ち着いているけれどインテリアは超モダンで、BGMにはビルエバンスのピアノが流れている。

今日の友人達は、同じ境遇なので遠慮も気兼ねもなく、楽しい意見交換やフザケタ話が出来る。いい気分転換にもなるし、無意識に勇気づけられることも多い。

kingon

僕ら3人はそれぞれに背負った物は違うかもしれないし、これまでの人生も様々ではあるが、同じ空気を感じられるので楽しい。

2次会に行こうとするとG先生が”明日朝早いから、今日は僕はここで失礼します

”明日休みじゃなかった?”

幼稚園の卒園式の仕事があって、、。”

実は僕、PTAの副会長なんです!”

”えーーーーーー!!”

面白すぎる。ファンキーな友人は男であるが、日常は普通のパパなのであった。残された僕らはそんな彼を否定するでもなく、賞賛の嵐で送る。意外性をもつことは美徳である。

残されたK先生と僕は2次会、3次会と突き進む。

3次会はK先生に街の少し外れにあるつい最近できたらしいビルにあるBarに連れて行かれ、すっかりそこが気に入ってしまった。

barsachiko 隠れ家っぽいし、客層が常連客ばかりで、アットホームな雰囲気。

一人でも今度行ってみようかな。

久しぶりの息抜きで、抱え込んだストレスは少しは軽くなったような気がする。皆ふざけているようで、仕事にはむちゃくちゃストイックだと思う。DEEPな部分を抱えながら僕らは生きなければいけない。仲間達に勇気付けられた夜だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

知らないところで、、。

冷たい雨で寒い1日。患者さんも今日は比較的少ない。普段に比べて余裕がある外来は自分にとってはゆっくり診れるので充実度は高い。

ある新患の患者さんが来られて、どうして来たか尋ねたら、NHKで脊髄液減少症についての特集をしていて、それをみていたら不安になって、NHKに電話して問い合わせたら当院を紹介されたとのこと??特にNHKの取材は受けていないけれど、、。何故かよくわからない。

tokina1 tokina2 夜は冷たい雨が一段と強くなったが、早々に仕事が終わったので、仕事上の付き合いのあるK氏、Y氏と飲みに行く。

居酒屋研究会を結成したというK氏お勧めの居酒屋   ”季菜(ときな)”

こじんまりしたお店で、僕ら以外は若い女性客ばかりだった。金目鯛の煮付けなど美味しくて、3人で何種類かの焼酎を味わう。

話題はオリンピックを取り巻くスポーツマスコミのこと、サービス業を支える個人による質の差と殿様商売と企業淘汰について、4月にある診療報酬改正についてなどなど。僕らが知らないところで世の中が動いていることは意外に多いことに皆気づいていない。

診療報酬改正はマイナス改定で、僕自身は”減らせるモンなら減らしてみい”というか、一現場の医者がいくら騒いでも何もかかわらないのかなーと思っている。改定の内容を詳しくみると、当院にとってはあまり影響を受けることは少ない感じ。長期的なビジョンで回りに惑わされず、まっとうな医療を信じてやってれば関係ないと思う。目先にとらわれた医療をすると、要するに美味しい比較的安易な医療は、今後も診療報酬が減らされていくと思う。、またほとんど気づいている人はいないけれど、かなり政治的で建前的なものがあると思うし、それを知らないと振り回されるだけに終わってしまう。

井の中の蛙にならず、いつでも新鮮な目を外に向けていないといけない。

その後場所を変えて1時過ぎまで、おバカな話題で少し飲みすぎてしまう。店を出るとすっかり雨は上がっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

暇人のすすめ

仕事後に、某製薬会社へ降圧剤についての講義に行く。その後、担当のT君と駿河ダイニング”伽音”へ。静岡産の食べ物にこだわった和食ダイニング。

kanon

T君は趣味で農業サークルに入り、仲間たちと畑を持っていて、そこで取れたサツマイモを、某酒造に持ち込んで芋焼酎を作ってしまった。saisuke その焼酎”才助”が飲めるというので、伽音で食事することになった。

食事は、これまた静岡地鶏”駿河しゃも”の刺身。

surugasyamo1 surugasyamo2

静岡で友達がいなくて、暇でしょうがなく、ネットで農業サークルに入ったのがきっかけだとか、、。

その某仲間はホリエモンともつながりがあり、ホリエモンも、今度、この店に食べにくるみたい。

今IT化社会だけども、要はインターネットで、流通が自由に出来るようになったことが重要で、技術云々ではなく、これからはそれを、どのように利用するかで、いろいろと差がでてくる。僕の持論、”暇人に勝るマンパワーはない”などで大いに盛り上がった。

takagi 暇人=結局若い人ほど有利だと思う。写真はまだ20代のT君。伽音の店長もまだ30代。僕も若いパワーがほしい。彼らといろんな馬鹿話できることが僕のエネルギー源!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

ずぶ濡れ

昨日は夜、在宅医療研修会に出席。自転車で行っていたので、帰りは雨でずぶ濡れになった。大人になってずぶ濡れになるのは牛久沼や芦ノ湖でブラックバスを釣りに行ったとき以来。最初は嫌だったけど、ある程度濡れると諦めがつくのか、かえって気持ち良い。

そういえば昼なんか風邪気味で調子悪かった。

新聞に診療報酬2-5%減の文字。気分悪い。医療費が高いというけれど、たかだがパチンコ産業くらいの規模しかないのに!医師の安すぎる技術料を減らして何の意味があるのだろう。薬価を下げたほうが効率がいいはず。例えば眼瞼痙攣などに使うボトックスは1本100単位で約10万円、実際に使用する量はその1/5~1/10であるが保険では1本請求しか出来ないし、残った薬剤を他人に使用することも出来ない。注射をする手技量は初診料を含めても3000円そこら。再診であれば1500円以下。患者負担は3割負担で(103000X0.3=30900円)。薬剤費を下げたほうがどれだけ医療費の節約になるか目に見えている。製薬会社は儲かり、医者は製薬会社の末端で薬を売り歩いている営業に過ぎない。自分の収入が下がるとかそういうレベルではなく、自分のヤリガイを馬鹿にされているような感じで嫌だ。医者は倫理観、正義感で身を削って働いている。だから文句を言わないから都合が良いと馬鹿にされているように思える。何もわかっていないマスコミは論外。

今日は土曜日だけど連休前なので異常に多い外来。それにしても理不尽な患者さんも多い。自分の話しかしないで、こちらの話を聴かない人。自分で治療方針を決める人、、。怒ることも出来ず、忍耐。

夜は富み井に食事に行く。 特性山芋煮が絶品でした。

yamaimoni

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月30日 (金)

人からの影響

予約が多い日、朝から外来が込み合い大変だった。今日で9月も終わり。早いなー年をとったせい?

adorno 仕事あとはS君と食事へ。トリノ出身のイタリア人Adornoのお店へ。

Cantinetta Adorno

トリノ出身だけあって熱烈なユベントスサポーター(本人曰くユーベニスト)。

bongore このボンゴレのボリューム!何じゃこれ!パスタが見えん。

ボリュームがありすぎて2人とも食べきれない感じで、食後は近くのロイヤルホストでコーヒーを飲んで酔い覚まし。

夜中にロイヤルホストなんて久しぶり。大学時代はよくここで勉強してたなーなんて話をしていたら、医学部の膨大な試験をよくも1夜付けでこなしていたなー?と今から考えると昔の自分は結構無謀なことをしていたことを思い出す。大人になった今、ある意味いろいろと要領の良さを学んできた大人になった自分から考えても、あの当時の自分の無謀さが信じられない。よく留年もせずに卒業できたと思うが、どうして自分がそういう暴挙にでたかを考えると、先輩や友人など自分の周りに影響されたことが多かったことに気づく。そいてその人たちは皆現在、それぞれの世界で成功している。

今でも人は自分の周りにイロイロと影響を受けて生きている。人とのかかわりが人生に深い意味を持つことは皆感じていることではある。

弱気になったとき、強気の人が周りにいたらどんなに助かるだろう。

最近の人間関係は大人になるにしたがって、保守的にまとまっているせいもあるかもしれないし、おのずと交友関係が閉鎖的になるからかもしれないけれど、強烈に刺激を受ける人は少ないと思う。

これからも、もっともっと、いろいろな人に刺激を受けたいし、僕自身が人に刺激を与えられる人間になれればと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

ボンジョビに抗生物質!?

今日は新人スタッフ初日、ユニフォームもピンクからブルーに変わりクリック全体ががらっと雰囲気がリフレッシュしていい感じ。

雨にも関わらず患者さんは多いけれど、今日の2週間後は10月10日で祝日なので、2週間処方している患者さんの次回予約が大変。休みが多いのもの大変でバランスよく予約を振り分けないといけないし、またその後の修正が大変。

いつも思うことだけど、心に悩みを持つ方のどんなに多いことか!?介護に疲れて泣き出す方などなど、、。当院は精神科ではないけれど、現代社会の歪なのか本当に心にストレスを抱えている人は多い。僕は癒せてあげれてるのだろうか?僕はそれを受け止められるだけタフなんだろうか?

夜は某製薬会社の営業マンを対象にした講義。片頭痛にの治療について講義する。その後は一緒にリストランテKurotaniへ。

kurotani kurotani2

初めて来たけれど、こじんまりして雰囲気よし。プライベートでも来たいと思った。料理も、ワインも程よくまとまっていて、good!

ここでは医療の話ではなくて、音楽について話が弾む。Rick SpringfieldやPaulYoungが話題にでるとは思わなかったが、話が盛り上がる。

asutora 一緒に飲んだ彼(写真)は昔、某音楽プロモーターで働いていて、いろいろ現在もコネがあるらしい。Stonesが今度来日した際のチケット入手、あわよくばback stage passの入手を約束する。ひょんなことから外人タレントが静岡に来たときの医療バックアップをすることになってしまった。何でも彼は、つい最近来日したボンジョビに抗生物質を買って届けたらしい。ホンマかー??

お店には、某TV放送局アナウンサーカップルが来ていたけれど、彼女が誕生日らしくて、彼氏が口説きの小細工を連発し面白かった。女性はかなりうれしかったんじゃないのかな。でもちょっと何度も同じことを繰り返し、後半はくどくなった。せっかく決まってたのに!。もっとさりげなくすればいいのに、、。詳細は面白いのだけど、秘密です。酔って声が大きいので、熱々で見せつけられましたが、ずいぶん僕らは楽しませていただきました。お幸せに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

愛と情熱

今日は仕事の終わった後、スタッフ達と食事会。今日はみんな普段より少しテンション高いので、僕としてはうれしい。うまいもの泰(TAICHI)でおいしい和食とビールを楽しむ。

食事の席でスタッからの質問で”好きな言葉は?”と聞かれ、”愛と情熱”と即答。やはり何をするにも、情熱もなくだらだら生きるのは面白くないし、その源にあるのは愛でしょー。

今日は、新しく一人新人を採用することに決まったし、スタッフの一人は今日が新車の納車日だし、なんとなく日がらがいいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

やっとひと段落

9月に入ったばかりだが、いつも月初めは先月のレセプトなど、雑用が多い。その上今回は介護保険審査の準備もしないといけないので診療以外が忙しかった。

ようやくひと段落したので、夜は、リストランテHana Hanaで食事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧