« Viva 7周年 | トップページ | 博多で学会 »

2010年10月24日 (日)

Life

Life

ついにキースリチャーズの自伝”Life”が発売になりました。日本語訳はまだありませんが、原本を発売同時にアマゾンでGetです。560ページ以上はある分厚い本でキースを神と思っている僕にとってはまさにバイブルです。

英文ですが少しづつ読んでます。(早く日本語訳でないかな?)


21日木曜日は両親が上京するのに合わせて、一緒に舞台を観に行ってきました。

僕の大好きな塩野七生さんのローマ人の物語をベースにした舞台”カエサル”です。
夏に肺炎になり始めて大病を経験した母がすっかり弱気になり、引きこもり1歩手前というか?出不精になっていたため勇気付けの意味もあって親孝行してきました。

松本幸四郎さんの主演で僕も舞台を存分に味わうことができました。

舞台を観にきた人々は両親と同年代の方々が多く、東京の同年代の高齢者たちの快活で楽しく日々を過ごしている姿をみて、いくらかは勇気を与えることができたのかな?と思います。


Arai1

両親と別れたあとは、久しぶりに伝説のイタリアワインソムリエのいるお店で、嘉門達夫夫妻と会食をしました。
音楽の話やら食の話などなど、楽しい会話と美味しいワインと食事を堪能しました。。

Vinos

僕はこのソムリエを現代の千利休と思っています。冗談抜きで、、。


なが~い1日で帰宅し、くたくたになりながらも達成感のある幸せな気分で1日を終えようとしたとき、、、、

ある患者さんの家族の家族?から深夜0時過ぎに非常に不愉快な電話があり(結局相手の誤解だったのですが、、お酒に酔っているのか?)、朝まで眠れませんでした。
翌日は寝不足での仕事だったのでかなり辛かったです。(親切心で電話に出るべきではなかった?)

患者さんや家族のことを考えながら日々の仕事に励んでいるのに、ちょっとした感情のもつれや、誤解から、理不尽なことを言われなければならない医師という仕事、立場の大変さを痛感してしまいます。

正々堂々と、自分の信じた医療をまじめに日々続けるしかないのですが、何か自分にいたらなかったことがあるのか?自問自答して落ち込んでしまいます。

冒頭のLifeではありませんが、キースがあるインタヴューで語ってました。

”何度か痛い目にあったからって弱音を吐くようなら最初からやるな!。
バンドに限らずどんな道に入ってもトップの位置に立って、それを長年続けるってのはもの凄く大変なことなんだよ。
何のトラブルも危機もなしにできることじゃないのは誰にでも解っているだろう?
だからどんなに苦しかろうが嫌な思いをしようが自分がその道を好きで入ったんなら黙って戦え!
弱音や愚痴を吐く時間があるなら何とかその対応策を考えてその状況を逆転させろ!”

やはり僕にとってはKeith is Godです。 神の言葉には勇気付けられます。

さ~明日からもがんばるぞ!!。

|

« Viva 7周年 | トップページ | 博多で学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Life:

« Viva 7周年 | トップページ | 博多で学会 »