« もみじをみて和みます | トップページ | 自分の立ち位置 »

2009年11月29日 (日)

好きなもの

先日ふと中古CD屋さんの前を歩いていると、店先のショーウインドウに見たことがある人のお姿が!!

ちがうだろうな~と思っていたらやっぱり!Keith Richards!!

Sn3g0895

なんと1992年のイタリアの海賊版でした。

Keith Richards

"The Complete Honeymoon tapes"

1983年12月18日にキースは40歳の誕生日にメキシコで再婚しますが、内容は新婚旅行の隠し撮り?!ではなく、キースが自宅でアコーステックギターを一人で弾き語りしているテープです。

写真もいろいろ調べると1991年の暮れにヴァージンレコードのPartyに招待されたときのように思います。

ということは写真は48歳のキースということになるわけです。

写真といい。タイトルといい洒落が聞いています。

(ここまで調べられる自分のマニアぶりにも驚きますが、、。)

内容はCD2枚組みで、スタジオ録音ではなく部屋で弾き語りしているのをカセットテープに録音しただけのものです。リラックスした雰囲気で途中で演奏をやめたり、ミストーンもお構いなしに鼻歌交じりにギターを爪弾いています。曲は古いブルースやチャックベリー、ポップスナンバー、ストーンズの曲など40曲近く弾いています。

中でもバデイーホリーの Learning the Gameを 一人で熱唱していますが、2006年のThe Biggest BangTourのDVDで収められているテキサス、オースチンのコンサートで同曲はちゃんと人前で演奏されることになるわけです。

おそらく15年以上も前から、好きでたまらなかったのでしょうが、そんなにも長い間には、ストーンズナンバーも豊富にあるわけで、演奏ネタには困らないわけです。いろいろなもっといい曲だって沢山あるわけです。

Lerning the Gameを聞いていると、本当にこの曲が好きなんだな~と愛を感じます。

”この人、本当に音楽が好きなんだな~”  

不良のロックアイコンとして強烈な個性をもつキースですが、ギタリスト;キースの素の部分が感じられます。

どんなに時間がたとうが、年をとろうが、好きなものは好き!でいられることはすばらしい。

|

« もみじをみて和みます | トップページ | 自分の立ち位置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好きなもの:

« もみじをみて和みます | トップページ | 自分の立ち位置 »