« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

自分の立ち位置

最近ではTV芸人の影響でしょうか?普通の人でも、キャラを作る?というようなことを平気で言うことに違和感を感じていました。

また自分の立ち位置をどうすればいいか?と悩んでいる現代人は多いかもしれません。僕自身は、そんなこと考えなければ生きていけない今の時代に違和感を感じていました。

つい最近、尊敬するMegabass社の社長の伊東由樹氏のブログ記事をみつけ、確信を突いたその言葉に勇気をもらいました。

あまりにすばらしい言葉だったので引用させていただきます。

わたしたちメーカーは、理不尽な事、じっと耐えなければならない事、こつこつと経験を積み重ねていく忍耐仕事が沢山あるものだ。だから私たちの仕事には、これらを乗り切っていくための元気とか覇気が必要になる。
パソコンの前に座り、黙ってキーを叩いていても何も起こりはしない。たとえ失敗しても、前へと踏み出す気持ちが、やがて自分の立ち位置を確かな足場にするものだ。そこから仕事の醍醐味を得るようになる。仕事は、人生の縮図だ。人生は計算どおりにはいかない。地球が自分を中心に回っていないのは確かなことで、自分が何に向いていてどんな才能に恵まれた何者であるかなど、結局、当の自分にもよくわからないものである。あると思えた才能も、それが錯覚だったり、すでに枯れていたということもよくあることだ。だから、愚策を練る暇があったら、自分が選んだ環境で腹をくくってやるだけだ。最終的に自分の立ち位置が正しいかどうかを決めるのも、社会であり、周囲の人間だ。仕事はクラブやサークルとは違う。隣の芝生は決して青くはない。自分が飛び込んだ場所を、より良い環境へと発展させていけるかどうかだけだ。だからこそ、自分が信じて立った今の足場を、自分の存在意義を認めてもらえる強固な足場にしていくことが仕事の本道であり、それを仕事のクリエイティヴィティともいう
。(http://www.megabass.co.jp/topics_detail.php?keyid=1693

忙しい、忙しいと愚痴を言いながら毎日過ごしていますが、自分の知らないところでがんばっている人は沢山いるわけです。

昨夜も友人ドクターから夜電話あり、かかりつけの癌患者さんの具合が悪くなり、救急受診し小脳転移が見つかったので、どうしたらよいか相談をうけました。彼も昼は東京の病院に仕事で出かけていて、その帰りに連絡を受け、これから患者さんのいる病院に行くそうです。

まだまだ僕もがんばらないと、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きなもの

先日ふと中古CD屋さんの前を歩いていると、店先のショーウインドウに見たことがある人のお姿が!!

ちがうだろうな~と思っていたらやっぱり!Keith Richards!!

Sn3g0895

なんと1992年のイタリアの海賊版でした。

Keith Richards

"The Complete Honeymoon tapes"

1983年12月18日にキースは40歳の誕生日にメキシコで再婚しますが、内容は新婚旅行の隠し撮り?!ではなく、キースが自宅でアコーステックギターを一人で弾き語りしているテープです。

写真もいろいろ調べると1991年の暮れにヴァージンレコードのPartyに招待されたときのように思います。

ということは写真は48歳のキースということになるわけです。

写真といい。タイトルといい洒落が聞いています。

(ここまで調べられる自分のマニアぶりにも驚きますが、、。)

内容はCD2枚組みで、スタジオ録音ではなく部屋で弾き語りしているのをカセットテープに録音しただけのものです。リラックスした雰囲気で途中で演奏をやめたり、ミストーンもお構いなしに鼻歌交じりにギターを爪弾いています。曲は古いブルースやチャックベリー、ポップスナンバー、ストーンズの曲など40曲近く弾いています。

中でもバデイーホリーの Learning the Gameを 一人で熱唱していますが、2006年のThe Biggest BangTourのDVDで収められているテキサス、オースチンのコンサートで同曲はちゃんと人前で演奏されることになるわけです。

おそらく15年以上も前から、好きでたまらなかったのでしょうが、そんなにも長い間には、ストーンズナンバーも豊富にあるわけで、演奏ネタには困らないわけです。いろいろなもっといい曲だって沢山あるわけです。

Lerning the Gameを聞いていると、本当にこの曲が好きなんだな~と愛を感じます。

”この人、本当に音楽が好きなんだな~”  

不良のロックアイコンとして強烈な個性をもつキースですが、ギタリスト;キースの素の部分が感じられます。

どんなに時間がたとうが、年をとろうが、好きなものは好き!でいられることはすばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

もみじをみて和みます

Koyou1

患者さんからの情報で、そろそろ紅葉が見ごろですよとのことで、南アルプス方面にドライブに行ってきました。

まだまだ少し早いようですが、ところどころきれいに色づいています。

Kouyou2

1時間少しのドライブで非日常的な世界が見れるのはストレス発散になります。天気もいいので気持ちいいです。

Tonzawa2

きれいな渓流もあり、釣りなどもできそうです。つくづく自然のすばらしさを実感しますし、十分に癒されてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

水銀電球の交換

Park1先日の日曜はいい天気で、ジョギングしたり、公園のベンチで本を読ん出る方がいたりします。

新型インフルエンザも最近流行っていますが、新型インフルエンザ予防接種用のワクチン配布が遅れて現場では、いろいろ大変です。

簡易検査キットも薬も、今後足りなくなるようです。

一体この先どうなるのでしょうか?早く流行が沈静化して欲しいと思います。

今日は関東は真冬並みの冷え込みのようです。確かに寒い。

クリニックの待合室の吹き抜けの水銀電球が4つのうち3つが切れていたので今日は交換です。

高いので電動で下まで下ろします。宙を浮遊する円盤のようで、これはこれでカッコいいです。

Light1 Light2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

秋はミュージック

インフルエンザの予防接種も始まり忙しい毎日です。風邪の方、新型インフルエンザなどなど患者数が一気に増えて大変ですが、忙しすぎてランナーズハイのような妙なテンションです。

めげたりすることはありませんが、気持ちをクールダウンさせるために音楽は欠かせません。

最近のお気に入りはまずは心を落ち着けたいときはKenny BurrellのJazzギターがいいです。

Kennyb1 Kennyb2

ケニーバレルの最近購入した初期の音源は素敵です。

クリーンなギタートーンがたまりません。

おいしいコヒーを飲みながら聞ければ最高です。

Superfly ちょっと元気が欲しいときは、Superflyがいいです。日本人でしかも女性!

憂鬱な気分も吹き飛ばしてくれます。

久々にいいです。音が70年代ロックしてます。

Tomwaits 夜に酔って、すべてを忘れたいときには”酔いどれ詩人”トムウエイツ。

最近ドラマ”不毛地帯”のエンディングに”トム.トラバース.ブルース”が使われていますが、以前から彼の歌には注目でした。

実はキースリチャーズも、彼の音楽がお気に入りでアルバムにゲスト出演していたのを、つい最近初めて知ってしまい改めてそのアルバムを買ってしまいました。何も知らずにキースと好みが一緒だったことがうれしい!

音楽は僕にとっては最高の精神安定剤のような気がしてなりません。秋の夜長、皆さんも音楽に身をゆだねてみては、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

東京ベイエリア

家族サービスで豊洲に来ました。

Toyosu1 都会です。ニューヨークっぽい感じです。

海を見ながら散歩している人、芝生に寝転んで日光浴している人。

素敵なところですが、、、人、人、人、、、、。

お洒落なところですが、ここに住めば住んだでいろいろと大変なんだろうな~と想像してしまいます。

それにしてもいい天気。

Toyosu3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »