« 光の模様 | トップページ | ふ~~~~っ »

2009年9月21日 (月)

生命の樹(いのちのき)

Photo 静岡市こどもミュージカルが9月22日、23日と静岡市文化センター大ホールあります。とても素敵なミュージカルなのでお暇な方は是非観に来てください。チケットはまだあるようです。内容は上記HPをご覧ください。

この連休はミュージカル舞台裏で具合が悪くなった子供たちを診るため会場に詰めることになりました。

ステージ裏の楽屋に常備薬や備品を運び入れて簡単な医務室を作りました。

Kodomom2 Kodomom3

今のところ、幸いにも体調を崩したり、怪我をする人はいないようで、退屈な時間ですが、照明や音響、美術など舞台裏で働く方々、リハーサルでこまめに指示をだす演出家の方の仕事振りなど、普段見れないことを見ることができて面白いです。

普段あるコンサートのときなど、楽屋とステージを行き来するプロのミュージシャンなどを想像してしまいました。

Kodomom1 子供たちのミュージカルはリハーサルをみても少し感動させられました。ひとつのものを作り上げて、人々を感動させることがどんなにすばらしいことか!羨ましく思いました。

1日12時間控え室にいるとかなり退屈なので読書をしていました。

Iwatak 岩田健太郎医師の”悪魔の味方”

米国留学の経験からアメリカの医療現場をぶった切っています。日本の今後の医療制度、保険などにおいてアメリカ流の考え方やシステムをまねれば日本の医療はよくなるのでは?という妄想を断ち切ってくれます。

僕は今後、日本の医療はいろいろな面でアメリカ型になりつつある傾向を危惧してしまいます。

彼は僕よりもまだ若いですが、現在大学教授となり著作も多いです。ちゃんとわかっている方がいるのだと関心しました。こういう方がTVなどで発言してくれるといいのですが、、。

Pih 次は貧困と医療を真正面から取り組んでいるポール.ファーマー医師の物語です。

とてもまねできることではありませんが、”患者のために精神誠意尽くすこと”という基本理念と、彼のパワフルさには頭が下がる思いです。

彼の活動は下記で見ることができます。

http://www.pih.org/home.html

|

« 光の模様 | トップページ | ふ~~~~っ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生命の樹(いのちのき):

« 光の模様 | トップページ | ふ~~~~っ »