« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月22日 (木)

Take Action 東京編

朝から午前中は大学で手術のお手伝い。珍しい症例だったので脳外科のO助教授、整形外科のK教授なども関わっていて、手術室は人で一杯。僕が手伝うスペースはなく、手術室で顕微鏡モニターで見学させてもらいました。

その後、先週、脳動脈瘤の手術した静岡から紹介した患者さんを病棟に見舞いました。元気そうでもうこの週末には退院できるとのことで何よりです。

大学の仕事は早々に切り上げて、霧雨のなか、東麻布へ。東京タワーの見えるクールなビルで、フランス人と面談。初対面でしたが気さくな方で、オフィスで濃~いコヒーをいただき、楽しいお話ができました。何故?僕が、こんなところで、しかも初対面のフランス人と会っているのか????

理由は秘密です。

いつか詳しい事情は説明いたしますが、、。

その後、午後4時半に六本木のスタバで、友人のT女史と久々に会い、いろいろな楽しい雑談をして、午後6時には赤坂で新進気鋭の若手建築家と彼のオフィスで面談。医学や日常の診療とはまったく離れた分野ですが、違うフィールドで活躍する一流の感性には驚かされますし、自分の世界観が広がる凄い刺激になります。

結局静岡に帰ってきたのは22時過ぎになりましたが、中身の濃い1日でした。

Take Action!は中田英寿さんが昨年掲げた活動テーマですが、クリニックが新年に掲げた仕事のテーマでもあります。(オバマ大統領もこの言葉を使っていましたが、、、)、まさしく、その言葉を具現化したような、いろんな場所でいろんな人と会った1日でした。

人と人とのつながりで、自分の視野や世界観は大きく影響を受けます。その人と人とのつながりも、異業種交流とかではなく、僕自身は本当はパーソナルな部分でつながるのは何か縁のようなものを常に意識してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

安産

本日産休に入ったばかりのスタッフより連絡があり、本日無事女の子が生まれたそうです。すごい安産で母子ともども元気なようです。おめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。

予定日よりやや早めですが、産休に入ってすぐだったので良かったような、ギリギリまで働いてもらって申し訳ないような、、、。

彼女はすごく律儀で、定期健診のときも、”遅刻してきていいよ”と言っていたのに、診療時間には来ていることがあり、理由を聞くと、どうやら家族の協力で朝早く一番に産婦人科に診察券を出して8時半には1番で診察を受けて、9時には出勤すると言うことでした。

そこまで気を使わなくてもいいよ!と常々言っていましたが、その彼女の姿勢にいつも感心させられていました。赤ちゃんもそんな彼女に似ているのでしょうか?絶妙のタイミングで生まれてきました。

とにかくおめでとうございます!自分のことのようにうれしく思います。仕事のことは気にせずにゆっくり、ゆっくり休んでくださいね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

リーダーシップ

大学病院で久しぶりに若いドクターと話しているといろいろな話が聞けてよい勉強になります。

今年の新入医局員が8名はいるとのこと。誰もがきつい仕事を敬遠する時代に脳外科医を目指す若い人たちが8人も来るというのは驚異的なことです。

すばらしいことですが、それを受け入れるスタッフ達にその準備ができているか?若きリーダー達が育っているのか?と考えると少し不安にもなります。高度医療、技術を臨床に還元する使命を持ちつつ、チームを引っ張る力強いリーダーシップを発揮するのは大変なことだな~と、考えてしまいます。

一方、クリニックの方は忙しい日々ですが、ナースが一人産休に入ります。ギリギリまで働いてくれて本当に頭が下がります。いつも僕を支えてくれ、患者さんからも人気のスーパーナースです。元気な赤ちゃんを産んでください!またクリニックのことは気にせずにゆっくり休んでくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

出初式

ポカポカ天気で暑いくらいの休日です.

今日は消防車が大好きな息子のために清水港日の出埠頭である消防出初式を見学に行きました。

Sn3g0139 レトロな倉庫が並ぶ埠頭はい~い感じです。

休日なのでだ~れもいなくて静かなので何か映画のロケでもできそうな雰囲気です。

Sn3g0140 Sn3g0141 Sn3g0143

埠頭が近づくにつれて待機する消防車両の数々。息子も大満足。

天気なよい暇な休日もつかの間でした。

夜は患者さんに呼ばれて往診。夜になると風邪が冷たくて自転車での往診は少しつらかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

A happy new year!2009

Kagamimochi あけましておめでとうございます。!

大晦日は当番医で朝8時から夜7時まで市の一次救急当番医としてクリニックをオープンにしていました。例年そうですがこの時期は風邪やインフルエンザ、流行性胃腸炎の急患が多く、結局100名以上の新患の来院でした。年の最後の最後まで働いてくれたスタッフに感謝です。本当にありがとう!!

大晦日の夜はあわただしく過ぎてしまいましたが、充実した1年を過ごすことができたと思います。

新年も心新たに、より良い医療をめざしてがんばりたいと思います。

20090101_2  1日から小淵沢のリゾナーレに来ています。静岡より南アルプスを越え、車で約3時間弱で行けること、八ヶ岳の自然、ホテルの雰囲気が良いことなどから最近はすっかりリピーターになっています。

近くのスキー場でスキーをしたり、温泉に入ったり、部屋で読書したりでのんびりとした正月を過ごすことができました。

特に今年はギリギリまで仕事をしていたので、ガラリと環境を変えれた事は本当に良いリフレッシュになります。

2009ski ホテル内にあるBooks and Cafeには趣味の良いセレクションの本がありますが、今回は、ロバート.ハリス著、終わりなき旅路;イタリア編”知られざるイタリアへ”と、千葉学著、”住吉の長屋/安藤忠雄”を購入し読みました。

二つの本は前者がJ-waveのナビゲーターとしても知られるロバート.ハリスの放浪の旅シリーズの旅行記で後者は世界的建築家の安藤忠雄さんの原点とも言われている住吉の長屋を建築家からの視点で分析している建築の本です。ジャンルはまったく違いますが、たまたま見つけて、面白そうなので衝動的に買ってしまいました。2つとも面白く、人生を豊かにしてくれるような数々の言葉に出会いパワーをもらうことができました。読みたい本を探して買う場合もありますが、たまたま手にとって出会う本もあるので、なるべくそのような出会い感は大切にしたいと思います。

20090102 自分自身、医療という仕事は天職のわけです。前者の本からは自分の仕事を楽しむことを、後者の本はから、仕事はこだわり抜くことを改めて教えられた気がします。

診察した患者さんのその後の容態が気になり夜眠れなかったり、結果的には何でもないことが多いのですが、一人一人のことを親身になればなるほど、精神的にはかなり疲れます。オーバーワークを自覚し、仕事にこだわり過ぎてしまう自分を、ややもすると嫌になることがあり、もう少し肩の力を抜いたほうがいいのではないか?自らストレスを作っているのでは?と悩んだりすることもあります。一方で、なーなーで仕事をすれば楽になるのはわかるのですが、どうしてもできない自分も自覚しています。

新年に、2つの本に出合えたことで、何かそのような自分自身の迷いが吹っ切れた気がします。

今の仕事を自分は愛していることで天職であること。仕事を楽しむことは楽をすることではないこと。仕事にこだわる事は苦痛ではあるかもしれないけれど、達成感や喜びを得ることができること。

十分にリフレッシュでき、今年1年も、俄然モチベーションが上がってきました。1日1日をがんばるぞー!本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »