« 幸先よいニュース | トップページ | 出初式 »

2009年1月 3日 (土)

A happy new year!2009

Kagamimochi あけましておめでとうございます。!

大晦日は当番医で朝8時から夜7時まで市の一次救急当番医としてクリニックをオープンにしていました。例年そうですがこの時期は風邪やインフルエンザ、流行性胃腸炎の急患が多く、結局100名以上の新患の来院でした。年の最後の最後まで働いてくれたスタッフに感謝です。本当にありがとう!!

大晦日の夜はあわただしく過ぎてしまいましたが、充実した1年を過ごすことができたと思います。

新年も心新たに、より良い医療をめざしてがんばりたいと思います。

20090101_2  1日から小淵沢のリゾナーレに来ています。静岡より南アルプスを越え、車で約3時間弱で行けること、八ヶ岳の自然、ホテルの雰囲気が良いことなどから最近はすっかりリピーターになっています。

近くのスキー場でスキーをしたり、温泉に入ったり、部屋で読書したりでのんびりとした正月を過ごすことができました。

特に今年はギリギリまで仕事をしていたので、ガラリと環境を変えれた事は本当に良いリフレッシュになります。

2009ski ホテル内にあるBooks and Cafeには趣味の良いセレクションの本がありますが、今回は、ロバート.ハリス著、終わりなき旅路;イタリア編”知られざるイタリアへ”と、千葉学著、”住吉の長屋/安藤忠雄”を購入し読みました。

二つの本は前者がJ-waveのナビゲーターとしても知られるロバート.ハリスの放浪の旅シリーズの旅行記で後者は世界的建築家の安藤忠雄さんの原点とも言われている住吉の長屋を建築家からの視点で分析している建築の本です。ジャンルはまったく違いますが、たまたま見つけて、面白そうなので衝動的に買ってしまいました。2つとも面白く、人生を豊かにしてくれるような数々の言葉に出会いパワーをもらうことができました。読みたい本を探して買う場合もありますが、たまたま手にとって出会う本もあるので、なるべくそのような出会い感は大切にしたいと思います。

20090102 自分自身、医療という仕事は天職のわけです。前者の本からは自分の仕事を楽しむことを、後者の本はから、仕事はこだわり抜くことを改めて教えられた気がします。

診察した患者さんのその後の容態が気になり夜眠れなかったり、結果的には何でもないことが多いのですが、一人一人のことを親身になればなるほど、精神的にはかなり疲れます。オーバーワークを自覚し、仕事にこだわり過ぎてしまう自分を、ややもすると嫌になることがあり、もう少し肩の力を抜いたほうがいいのではないか?自らストレスを作っているのでは?と悩んだりすることもあります。一方で、なーなーで仕事をすれば楽になるのはわかるのですが、どうしてもできない自分も自覚しています。

新年に、2つの本に出合えたことで、何かそのような自分自身の迷いが吹っ切れた気がします。

今の仕事を自分は愛していることで天職であること。仕事を楽しむことは楽をすることではないこと。仕事にこだわる事は苦痛ではあるかもしれないけれど、達成感や喜びを得ることができること。

十分にリフレッシュでき、今年1年も、俄然モチベーションが上がってきました。1日1日をがんばるぞー!本年もよろしくお願いいたします。

|

« 幸先よいニュース | トップページ | 出初式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A happy new year!2009:

« 幸先よいニュース | トップページ | 出初式 »