« 手術 | トップページ | ラテンに生きたい! »

2008年9月25日 (木)

プロ意識

診療後にするが動脈疾患ミーティングに参加する。東京医科大學血管外科の西部先生の講演と下肢閉塞性動脈硬化症について討論する。普段あまりこういう講演会に参加してもあまり自分としては発言することはないのだけども、珍しく?喋り捲ってしまった。

講演後、同じく参加していた乳癌の専門医で、クリニックをしているO先生と、O先生行きつけの小料理屋へ。

いろいろと診療についての相談やらして、”プロ意識”についていろいろと語り合いました。O先生は乳腺外科を標榜していますのでそれだけに専念している姿はうらやましく感じてしまいます。

僕も脳外科医としての専門医としての心意気はありますが、日々の診療はジェネラリスト(何でも屋?)としての方が多いのかもしれません。

Saegusa 最近よく当院の患者さんを紹介する肛門科のS先生から、患者さんの返信と一緒に、先生の書いた本を贈っていただきました。忙しい診療の合間を縫ってよく本が書けたなーと、そのパワーには感服します。たかが開業医でも、熱心な先生には見習うべきことが多いです。

僕は、このままでいいのか?  とふと反省してしまいます。

まだまだやる気になれば、僕にとってできることは多いのかもしれません。

|

« 手術 | トップページ | ラテンに生きたい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ意識:

« 手術 | トップページ | ラテンに生きたい! »