« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月24日 (木)

電子画像管理システム

Densigazou 休診日ですが朝9時から夕方までかけて、クリニックに新たに電子画像管理システムを導入いたしました。

工事の間、院長室で書類の整理や特定健診の入力作業などといった雑用をこなすことができましたが、なが~い1日でした。

フィルムレス、画像のデジタル保存は厚生労働省の方針でもあり、保険上のこともありますが、フィルムの保管場所もそろそろ限界が近づいていたので丁度よいタイミングで導入できたのかな~と思います。

まだ運用に慣れるには少し時間がかかりそうですが、病院の先生に”まだフィルム使っているの?”と馬鹿にされなくなりそうです。紹介する際にCDに画像を焼いて渡すことになりますが僕自身がまず器械に慣れなければと思います。

ますます眼精疲労になりそうですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

納涼会

暑い日々が続きます。蒸し暑く外にでるとお湯の中にいるような感じです。

クリニックでは今月に入り、遂にカルテが1万を突破しました。少しづつですが着実に患者さんが増えてきた証拠でもありますが、5周年を前に達成気できました。日々の積み重ねがあってこそだと感慨深いものがありますが、多くの患者さんに対する責任感も改めて強く感じます。

Nanahachi1 スタッフの慰労もかねてクリニックの近くの住宅街の中にある”七八”で納涼会を行いました。このお店はサッカー選手の三浦知良さん、泰年さん兄弟の父親のお店です。患者さんにも評判のお店ですが、近所にも関わらず初めて行きました。

ひっそりと隠れ家的なお店ですが、料理も美味しくて雰囲気も良かったです。これからもちょくちょく利用させてもらおうかな?

Nanahachi2 皆でワイワイするのは大好きですが、スタッフに子供も増え、なかなか以前のように皆で気軽に食事会や飲みにいけなくなったので少し残念です。

スタッフの皆様、お疲れ様です。またこれからもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

今時の小学生

毎年恒例の小学校のキャンプに医師として帯同してきました。複数の医師でのボランテアですが、学校の先生達と話せたり、いろいろな子供達の様子をみていると面白いです。

水曜の診察が終わってから車で富士の麓のキャンプ場へ。静岡は晴れていましたが、現地は小雨と霧が深くて真っ暗の道を心細い気持ちで運転しました。

Fire 夜のキャンプファイアーでは今時というか?世界のナベアツ風カウントダウンに始まり、”羞恥心”を大音響でかけて生徒全員で踊ったり、、、。 マセテいるけれどまだまだお子ちゃまです、、。

夜は、火傷や虫刺され、腹痛、発熱などの生徒がポツリポツリやってきます。整形外科のY先生と保健体育教授でもある校長先生からスポーツ医学についていろいろなお話をしていただき参考になりました。

朝起きると雨が上がっていましたが、朝もやに浮かび上がって富士山が見えました。緑に囲まれ小鳥のさえずりが聞こえて新鮮な気持ちです。

Mtfuji キャンプの撤収まで帯同していましたが学校の先生方の大変さを痛感しました。キャンプを通じて子供達がグループ内でトラブッタり、いろいろな問題に直面しながら、各々が何を思い、何を考え、どういう風にそれを乗り越えていくのか?自分の子供ではないですが、大人の予想を超えた子供達の実像を見ることは、僕にとっても良い経験になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

雷雨

強い日差しで蒸し暑いと思っていたら、急に雷雲が立ち込め局所的豪雨がありました。いきなり大雨洪水警報です。診察を終えた患者さんたちも帰れなくなくなり、待合室も急に雨宿りの場となってしまいました。

近くの地域が停電になったのか?全然気がつきませんでしたが、突然PCの画面に”主電源が復旧しました”の文字が、、、。無停電装置が作動していたのか?その割りに照明類は全く消えていなかったので当院のキュービクルが作動しいたのか?よくわかりませんが結果的には何事もなく済みました。

夕方には太陽が出て道路も乾いています。変な天気です。

今年はまだまだ梅雨が明けてくれないようですが、朝と夕だけでも晴れて明るいと少し気がまぎれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

友人達と

Drsgk 友人達と久しぶりに食事に行き、お酒を飲んでおおいに語り合いました。

同業なのでいろいろな仕事のことプライベートなことで深夜まで大いに盛り上がりました。

年齢も近いので面白い!! 自分にとっても刺激になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

心意気

7月に入り熱い日が続きます。まだ不安定な天気ですが朝一番に外に出ると夏の匂いがします。まだまだ湿度が高いですが、夏の日差しは好きです。といっても仕事はクーラーが効いた涼しい室内なのですが、、、、。

以前ブログで書いた塩野七生さんの”ローマ人物語”にいまだにはまっています。ようやく12巻目”カエサル”の部分ですが、どんなに時代が変わっても、人間そのものは何千年もかわっていないのだな~と感じてしまいます。

科学技術のみが発展しているだけで、コアな人間そのものは変わっていない事実に愕然とさえします。

例えば、僕ら現代人は日々いろんな悩みを抱えて生きています。個人個人により悩みは様々だと思いますが、、、、。患者さんからもよく相談されますが、人間というもの悩み始めるとネガティブに考えるのが普通です。

悩みの内容は様々ですが、それを解決するには結局は本人の”心意気一つ”というか、結局は自分の生き方からどういう選択をするか?ということではないかと思います。(勿論、そこで誤った選択をして人生狂うこともあるわけですが、、、、)。

紀元前1世紀、日本では弥生時代、イタリア半島では西ヨーロッパを征服したばかりのカエサルを妬むローマ元老院からカエサルは英雄でありながら国賊として汚名を着せ追放してしまいます。結局はカエサルが反撃に転じ、反カエサル派を圧倒するわけですが、そのときカエサルが旧友だった反カエサル派のキケロに送った手紙が紹介されていました。

”私が自由にした人々が再び私に剣を向けることになるにして、そのようなことには心を煩わせたくない。何ものにもまして私が自分自身に課しているのは、自らの考えに忠実に生きることである。だから他の人々もそうあって当然と思っている。”

現代を生きる僕にとっても、心に響く言葉です。何度読み返しても自信に溢れた凄い言葉です。

痺れました!凄すぎです!しばらくは、この2000年も前の英雄の言葉に励まされそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

change

あっという間に今年も半年が経過しいよいよ7月です。

レセプトも以前に比べ随分と楽になりました。今月から電子カルテのレセプトチェッカーを導入したのが一番の原因です。僕自身の労力は大幅に軽減することが出来ました。まだまだこれからもシステム的に改良する余地はありますが、以前に比べれば少しづつ進歩したのかな~と、自分なりに自己満足しています。今後はレセプトのペーパーレスを最終目的にして少しづつ改善を目指します。(今でもすぐに実行可能ですが、まだ自分としては不完全に感じているので、、、。結構完璧主義なのかもしれません。)

6月から特定健診がはじまりましたが、それも何だかんだでバタバタしましたが、その電子請求も無事に終え、システム的にはOKです。

更に今月中にはいよいよ画像診断のデジタル化も実施します。

現場の人間としては医療保険制度のいろいろな変遷に振り回される形になりますが、良いこと、悪いこと抜きにして、愚痴るだけでは駄目で、状況に応じて、信念をもって、変えることは積極的に変えていかなければいけません。

一方で絶対に変えたくないものが一つあります。

それは我がクリニックのスタッフ達です。現在のスタッフ全員、僕にって必要不可欠なメンバーです。皆それぞれに個性をもっていますが素晴らしい人材です。 このようなスタッフに恵まれていることは奇跡に近いことだと感じています。

僕自身、辛いなー!とか、思わず愚痴りたいようなことも、スタッフがいるからこそ、ガンバロと思えることが多いです。スタッフのためにより良いクリニックにしたいと切に思っていますが同時に僕自身もスタッフの仕事ぶりに元気をもらうことも多いです。だからスタッフの全員に幸せになって欲しいと思いますし、僕に出来ることであれば何でもしたいと思っています。医療者も患者も喜びを分かち合えるクリニックが僕の理想です。

変わらないといけないもの、変えちゃいけないもの。何事も何が大切なのか見失ってしまうと人間として失格だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »