« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

エリック.クラプトン自伝

Erickclapton 2週間前に買った”エリック.クラプトン自伝”。世界中のオジサン連中に大うけのようです。僕も例に漏れず買ってから1日で読破してしまいました。

彼の伝説や、ミュージシャンとしての経歴や遍歴はもうすでに十分知っているつもりでしたが、本人の言葉で読むとやはり奥が深いです。

天才ゆえの苦悩の若い日、奔放な日々ゆえの虚無感はヒーロー像としては予想通りですが、、、。。

親友ジョージハリスンの妻との恋もロマンチックですが、せっかくその恋が成就しても、アル中になって破綻したり、その後の中年期も単なる酒好き、女好きのどうしょーもないロクデナシです。本当にどうしょーもない駄目駄目男です。

そんな彼も本当のオジサンになってからようやく幸福な家庭を築き、現在の彼があるわけですが、どんなに追い詰められても音楽に対する情熱だけは持ち続けたところに鍵があったように感じました。

僕が、この本で一番感動したのは現在62歳の彼が書いた最後のエピローグの文です。(本文を読まずに、立ち読みしないように!)

歳をとることに何だかネガティブになりがちですが、毎日毎日を、 ”明日は何か楽しいことはあるのかな?と寝る前に小学生が思うような気持ち”で過ごせればというポジテチィブな気持ちになります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

奥湯河原

Okuyugawara 女子医科大学脳神経センター脳神経外科教室にこの春から新しく入局した若い医師9名の歓迎会もかねて医局旅行が奥湯河原でありました。

ゆっくり温泉に入り、なつかしいOB先生方や若い医局員と近況報告をしながらいろいろな話で夜遅くまで飲みすぎてしまいました。年月が経つのは早いもので、自分が入局したての新人だった頃を、つい数年前までのように感じてしまいます。

天気が雨だったのが残念ですが、増水した川音を聴きながら温泉につかり、少しはリラックスできたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

ロックな院長室

昨日午前は東京に行けず、手術は参加できませんでした。当初参加する予定で、大学の後輩と電話で手術についての事前検討、アドバイスはしていましたが、29日の予定が手術室の関係で1W予定が早まったようです。僕の予定がどうしても都合がつかないために大学のスタッフが手術をするようです。残念。

Inchoroom1 22日午前中、クリニックで電子カルテのクライアントPCを遂に院長室に増設する作業がありました。今後レセプトの電子請求など様々なことを考えてのことですが、自分自身の職場環境をいかに改善するか一番の目的です。CMSのスタッフの皆さんご苦労様でした。

今までは昼休みも、夜就業後も一人寂しく、診察室でカルテの整理などしていましたが、明日からは、一応、on-offを切り替えて就業時間以外は快適な?院長室で雑務をこなせそうです。仕事量そのものが減る訳ではありませんが、、、楽しく!働ければと思います。

午後は静岡県保険診療集団的個別指導への参加です。医療現場では、いろいろな規制のルールの中で保険診療をしなければなりません。真っ当なことをやっていれば問題ないわけですが、なんとなく”指導”と言う言葉に圧力を感じてしまうのは僕だけでしょうか?

今日は昼休み、診療後の残業も”ロックな院長室で快適な仕事です。

Inchyoroom3 といっても歌うわけでも、ギターをかき鳴らすわけでもなく、ジミ~にカルテを整理する仕事ですが、、、。

Inchyoroo4 今までは10時間くらいを無機質な診察室で過ごし、院長室は朝と夜白衣を着替えるためだけに使用するだけだったので、あまり機能的ではなかったのですが、環境を変えるだけで、自分のモチベーションが上がるから不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

たまには、いいかも

台風の影響で朝から大雨洪水警報がでていました。予約も谷間で空いている日だったので、今日は珍しくゆっくり、マッタリとした診察をすることが出来ました。

そのうち雨は止み、昼には太陽が顔を出し暑いくらいの晴天になりました。いつもは午前中の忙しさをひきずり、あくせくカルテ整理に追い立てられる昼休みも、何もすることがないほど暇でした。

久々に昼休みは院長室のソファーに座ってギターを爪弾くことが出来ました。こういう毎日だと多分僕の生活も一変するんだろうな~としみじみ思ってしまいました。でもこの雰囲気に染まってしまうと、忙しくなったときが怖いです。

こういう一日があっても、  ま~  たまには、いいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

風邪だ~

疲れが溜まっていたのか、風邪ひいてしまいました。早く治さないと!

休日ですが介護保険審査会の仕事や特定健診の準備、その他諸々の雑用など行いゆっくり休んでいました。

6月から特定健診が始まりますが、制度そのものが先走り、システムが追いついていないように思います。入力ソフトをダウンロードしましたが、果たして当院も含めて皆うまくやれるのでしょうか?不安だらけです。健診用のノートPC今日早速DELLで注文してしまいました。

何だか制度に現場が振り回されている感じです。  もっと診療そのものに集中したいな~と思います。

もし健診が殺到するようになったら、通常の診療がまともに出来なくなる可能性があります。もしそうなったら特定健診はやめようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

半どん

診察終了後、スタッフ達に挨拶したとき

”明日も頑張りましょう。でも明日土曜日は半どんだから、今日よりは楽だよね~” 

といったら、クスクスと笑われました。

半どん”とは今の世代には死語のようです、、、、、。

Wikipediaを調べてみたらしっかり書いていました。 半ドン

若い世代のままでいたいと願うのは、ちょと無理なのでしょうか?ちょっぴりショックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

勤務医だったら?

夢の中でも診察の夢を良く見ます。最近は勤務医に戻った夢を良く見ます。現状に疲れているせいでしょうか?

最近は朝8時に出勤して8時半から診察を始めて大概休み無しで帰るのは8時過ぎです。勤務医の過重労働ばかりがマスコミで賑わっていますが、、、、開業医でも決して楽ではありません。

最近ネットで昔勤めていた病院の脳外科の手術件数をみていたら、あまりの少なさに愕然としました。

年間100~250件くらいの手術件数が当たり前の病院が軒並み1/4程度に減っています。過去に勤めたことがあり、現在そこで働く医師達を知っているので、僕にはかなりリアルな数字です。

暇そう~じゃん!?

果たしてそこに自分がいて幸せだったのかな~?と思うと複雑な心境です。

勤務医時代から脳外科の手術は緊急を要するもの以外はspecilatyのある大きな病院で集学的に治療をしたほうが良いとずっと思っていたので、自分の予測が当たっていたことになりますが、病院格差はどんどん拡大しているように思います。大きな病院、手術件数の多い病院には若いやる気のあるDrも集まってきます。手術件数の減っていく病院だときっとモチベーションも下がっていくでしょう。

勤務医であれ、開業医であれ医師として自分が幸せであるためには日々の精進と、格差社会構造の競争の中で日々もがいていかなければならないのだなーと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

休み明けはツライっす

連休明けの仕事は予想したとおり、、、、大変でした、、、。患者数もかる~く100名の大台を突破です。充電できているので何とか耐えられましたが、う~ん新患も多い!!

仕事後も連休前に出来なかった先月のレセプトもスタッフが夜10時まで残って仕上げてくれました。

みなさんお疲れ様でした。ありがとう!!今度焼肉でもご馳走しますよ~。

明日はいきなり休診日ですが僕はまだいろいろ仕事がありそうです。いつものことですが休みの後はいきなりハードワークです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

充電完了!

GWは南の島へ2日から6日まで行っていました。

休むことの罪悪感を感じた前半、休み明けの仕事を意識する後半。休んでみて改めて仕事人間の自分を実感します。

起きたら思い切りプールで遊んで、ビールを飲んで、眠くなったら夜は早く寝て、、、。

太陽の元十分にリフレッシュすることが出来ました。

2008_0504200720080076

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »