« かかりつけ医認知症対応力向上研修 | トップページ | サクラ »

2008年3月24日 (月)

杏の花

もう春です。暖かい陽気と思ったら冷たい雨。春の三寒四温の気候では、気温の変動が大きいためか意外に風邪の患者さんが多いです。今日の天気や気温で診察室にくる患者さんもそれぞれ違うのはある意味人間が自然に深く影響を受けている証拠です。暖かくなって笑顔で”調子がいいよ~”と言ってくれるお年よりが増えると、診察も明るい話で楽しい診察が出来ます。

Anzu20081 自宅のベランダの杏の花がいち早く咲き、クリニックのベランダにある昨年秋に買った染井吉野の桜の苗木の枝から芽がでてきました。寒い冬をじっと耐えてきた苗木が始めて花を咲かせてくれそうです。

クリニックの向いの八幡山の桜の木々にも蕾が目立ち始めました。

春になると日差しも明るくフレッシュな気分になります。まだまだ日々多くの患者さんの診療で忙しいですが診療の質を落とさずに毎日を精一杯充実させて過ごして行きたいと改めて思います。

眼科検査データ管理のデータベースソフトも一応自力で1日でつくることができ、早速使用するようになりました。4月中には電子カルテのクライアントを1台院長室に増設するメドもつきました。少しづつですが、クリニックのシステムも進歩してきています。

何時までも初心を忘れず、変化することを恐れず、よりよいクリニックを目指したいと思っています。

|

« かかりつけ医認知症対応力向上研修 | トップページ | サクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杏の花:

« かかりつけ医認知症対応力向上研修 | トップページ | サクラ »