« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

凄いです。

Ideya1 Ideya2 Ideya3 今日も予約以外の患者さんが多い日でした。仕事が終わるとクタクタです。

自宅からほんの数10mのところに小さな小料理屋風のIDE-YAというお店があります。何度も前を通っていましたが、最近複数の知人から噂を聞いていたので、仕事の後にT君と初めて飲みに行きました。

ここは有名ミュージシャンがよく来るお店で店の奥の壁一面にサインが書いてあります。吉井和哉、ミスチル、福山雅治、コブクロなどなど、、、。静岡でツアーがあるときには必ずミュージシャンが寄る隠れ家的飲み屋との事です。若い大将が一人で美味しい家庭的な料理でもてなしてくれます。店も狭いのでアットホームな感じです。音楽業界の巣のようなお店です。音楽好きにはたまりません!

こんな近くに、こんな凄い店があったとは!!大将も明るく気さくな方で、いろんなエピソードを聞かせて戴き、とても楽しいお酒が飲めました。

これからちょくちょく通うことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

鏡の効果

Baien 先週末は1泊で熱海に行ってきました。僕の両親が熱海に来たことがないということなので、招待し孫ともどもくつろいでもらいました。

宿泊は蓬莱旅館。子供が小さいので、なかなか食事に行くのも大変ですが、部屋で食事がゆっくりとれるので静かでゆっくり部屋でくつろぐには最高でした。両親にも喜んでもらえたようで良かったです。

熱海の梅園ではいろいろな梅が満開でした。

今週から自分の診察室の電子カルテのPCモニターの横に小さな鏡をおきました(患者さんには見えないように)。時々自分の顔をチェックするためです。イライラしているとき、疲れているとき、気持ちが顔に出やすいので前から気になっていたので、思い切って実行してみました。

時々、疲れたり、イライラしそうな時にチラ見してみると、”自分はこんな顔して診察してるんだ~”と意外に冷静になれます。細かい工夫ですが、実際使ってみると、診察時の自分を客観的に見ることが出来て、自分の精神状態をよい状態に保つのに効果的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

コピー機買い替え

18日についに調子が悪かった受付事務のコピー機が4年少しでついに動かなくなってしまいました。急遽スキャナーを薬局のPCにつないでそれで代用できましたが不便です。カルテなどはペーパーレスですが、何かとコピーするニーズはまだあります。

安いPCプリンターにしてもヘビーユーザーにとっては1年も持たないことは過去の経験からわかっていましたが、高性能の家庭用コピーも4年目でついにダウンです。さほど高くないので十分に働いてくれたと思います。業務用の高額な器械をリースして、高いメインテナンス料を払って管理してもらう方法もありますが、使用目的と頻度、その器械の寿命がわかると現状の運用で十分かもしれません。

Dpc960 今日ネットで注文した新しいコピー機がついに届きました。CanonのDPC960で、6万円台で購入できました。壊れた機種PC900の後継機種で機能は大幅に改善しています。

物は大事に使いたいですが、どんどん高性能機種が安く手に入る時代になり、修理すれば直るものも修理代のほうが、新たに購入するより高くつく場合も増えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

ゆるぎない心で

今日は予約が多くない日で午前中も普通に経過、昼休み往診を3件行い、午後の診療が始まった。2時55分には2-3人待っているだけだったので、普通に午後の診療を3時から始めたらいきなり20人くらい一気に来てしまった。結局1時間~1時間半待ちで5時過ぎまで経過する。待たされるほうも嫌だろうけれども、自分もイライラしてしまうので楽しくない。今日も100人超えです。

いきなり予約なしで患者さんが増えたときは、いくら対策を考えても難しいです。予約患者さんを優先させながらも、待ち時間中に出来ることを効率よくするしかないのかもしれません。

要は急なアクシデント、状況のときを、いつでも考えて心の準備をして揺るぎのない自分でいなければなりません。   僕自身の精神修行がまだまだ足りないです。

午前中、昔病院で自分が手術した患者さんが始めて当院にきていただきました。”先生は私のことを忘れたかもしれませんが、僕の中ではあの頃の若い先生のまま心に残っています。” とうれしい言葉を頂いた。自分を信じてゆるぎのない心で診療をしないと。でも今は若くない?

夜はK君と食事の予定でしたが、診療終了後も休むことなくカルテ整理など急いでしてなんとか8時過ぎに約束の時間を大幅に遅れて合流。

ゆうすげ”で美味しい和食を戴きました。写真は、”Kue クエの胃袋”で珍味です。なんだか鳥肉のような感じ。徳島出身の女将さん他、スタッフの一人一人が丁寧に挨拶していただき心のこもったおもてなしは、業種は変われどそこに働く人による事が多いことを改めて実感する。疲れていたためか、逆に飲んでしゃべりすぎる僕でした、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

親孝行?

大学病院での仕事を早々に切り上げて、東京の妹のところに来ている両親と会いました。母親は巣鴨に行きたい!と言ったので高齢者の原宿と言われている巣鴨商店街、刺抜き地蔵に行きました。東京で若者ばかりの人ごみに肩身が狭い思いをしていたのか、年寄りばかりの人ごみに少しリラックスしたようです。その後築地市場をぶらぶらして、父親のリクエストで日本橋の三越で絵画展を見に行きました。

妹の出産で長く上京していたので疲れも溜まっていましたが、両親それぞれが、東京に少しづつ慣れ、それぞれが楽しみを見つけているようで、微笑ましく思いました。

高齢化社会で、目的を失って気を病んだり、認知障害になっていく患者さん達を多く見ているだけに、両親の生き生きしている姿をみれたことはをうれしく思いました。

昼間の数時間でしたが、少しは親孝行できたでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

お墓参り2008

連休を利用し一人で北九州までお墓参りに行ってきました。1泊2日のプチ旅行です。10日の朝8時台の新幹線に乗ると午後1時前にはもう小倉についています。以前より移動時間が短いせいか?距離感も身近に感じてしまいます。新幹線に乗る前に雑誌や本をどっさり買って行くので、ゆっくりくつろげて時間も苦にならずあっという間についている感じです。

それにしても、帰るたびに昭和の時代のまま変わらず、どんどん錆びれていく八幡の町にその都度寂しさを感じてしまいます。(小倉だけはまだ活気がありますが、、)

今回は、子供の頃、よく遊んでもらった従兄弟の家がなくなって、更地になっていました。親戚の叔父さん、叔母さん達は高齢で、少しづつ亡くなっていなくなってしまっています。自分も歳をとり、子供の親となった視点でみると、時間の経過、世代の経過を感じてしまいます。

Kokuraoden1 夜は友人と小倉で久しぶりに夕食をともにし、楽しくいろいろなことを語り合いました。何時までも変わらない彼を見ていると中学生に戻ったような感じになります。

夕食は小倉の昭和43年創業の老舗のおでん屋さんです。関東風のおでんとのことですが、やはり僕には九州の味がします。

Kokuraoden3 夜は小倉のホテルに泊まり、朝7時台の新幹線に乗り、今日12時には静岡についていました。昼は義理の祖母の米寿のお祝いの会食にそのまま出席です。

強行日程の旅行は疲れるものですが、慣れてくると意外に快適です。以前よりも気楽に行けそうです。今度大阪の友達のところにも行こうかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

ドクターイエロー

今日も大学で午後から手術です。朝起きたら右手が腱鞘炎気味。肩こりは治っていました。

Dryellow 帰り東京駅で黄色の新幹線が止まっていた。これが噂のドクターイエロー?僕は鉄道マニアではないけれど、以前鉄道オタクから聞いた話では、滅多に見れないもので見ると、ラッキーとのこと。まわりに一杯大人も子供も集まって写真とっていました。

僕にも、いいことあるのかな~

手術後更衣室で自分の顔をみたときは、いい顔しているなーと思いましたが、帰りの新幹線の手洗いの鏡で見た自分の顔はつかれきっていて、嫌な顔です。

気持ちがすぐに顔に出てしまう自分です。気をつけないと、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

疲労困憊

くたくたです~。

今日は朝8時半から診療をはじめ、午前の診療が終わったのが午後1時半。

午後1時半から定期の往診2件と今朝具合が悪いので急遽往診する1件を回る。結局昼はトイレにいけただけで、食事も座ることもお茶を飲むことも出来ず、、、。

2時45分に帰ってくると、待合室にはもう午後3時からの患者さんが数名来ている。

そこへ、近くの普段在宅を行っている方の家族から電話あり、先程急変したとのこと、、、。すぐに走ってその患者の家へ。救急車の手配をしてすぐにまた走ってクリニックへ帰り、病院への連絡、紹介状をFAXする。

結局午後3時20分過ぎに診療スタート。すでに待合室は満タン状態。待たせた患者さんたちにスタッフとともに謝り謝りながら6時過ぎまで診療。

診療後は、カルテを見直したりしてチェックする。面倒くさいけれど、慌しい限られた診療時間ではできない、こまかなチェックや今後の治療方針などを書き加えていく。面倒くさいけれど、この作業は診療の質を保つには欠かせないと思ってます。

結局10時半に帰宅です。やりがいはありますが、疲労困憊です。こんなとき、スタッフからの優しい励ましの言葉を受けるとうれしくなります。些細な言葉でもありがたいものです。

患者数が多い中何とかしていますが、余裕がないとどうしようもありません。患者さんを待たせるだけでなく、慌しい診療は質の低下を招いてしまいます。この辺をなんとかしないといけないのかなーというのが、今後の課題です。

高齢者が多いので今後往診の機会は増える一方です。対策としては、

1、往診のため昼休みを長くする 

2、1週間のうち1日だけ午後は往診専用の時間にあける

3、患者総数を抑制する   などなどありますが、

往診の時間を増やせば通常の診療時間がタイトになりますし、病院が高齢の慢性患者さんの外来を、開業医にどんどんまわしてきている現状では患者さんは増える一方ですので受診抑制は非現実的です。いづれにせよ、医師が増えない限り、僕の負担は減ることはないのです。勤務医の過労が問題になっていますが、他人事ではないような、、。

そういえば、TVなどで取り上げられた西島脳神経外科の西島先生。患者が殺到して外来予約は10年先!?だとか。あまりに忙しくて体調崩してしばらく休診していたそうな。

医者は体が資本です。ま~なんとかやりますか~!などと言いながら今日は肩バリバリに凝ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

ドドリゲス

Dodoriges寒い雨の週末です。1月分のレセプトチェックをしていると、多くの患者さんを診たな~という感慨とともに、患者数が増えている分、一人当たりの医療単価が減少しているのかな~とも思います。まー自分としては原因はよくわかっているので、目先のことを気にせずに、患者さんの視点でベストを尽くすだけですが、、。

娘の小学校の厚生委員の関係で整形外科医のY先生よりFAXが届きました。FAXの横にはお茶目な絵が書いてあります。下にが医師会テニスサークル部位募集との文字が、、。

みればみるほどおかしな絵だなー と妙に気になり”あの絵は誰が書いたのですか?”と Y先生に聞いてみました。すると下記のようなお返事が、、。

Dodoriges_2 ”今は無き静岡医師会サッカークラブのメインイメージキャラクターのドドリゲスで す。 モデルは昔私のうちにいた目つきの悪いカナリアです。(誰もカナリアとは知りませ ん) 医師会長(当時のキャプテン)の大反対にもかかわらず、最近フェデラータイプに変 身しました。 ”

だからナイキのシャツ着てるんだ~~!!

個人的にはまってしまい、ますます笑ってしまいます。

ドドリゲスね~。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

恩師と

Tikuteigofuku 随分久しぶりに脊髄外科を僕に教えてくれた元県立病院脳外科部長の花北先生と、竹亭で食事する。

何でも偶然に今日は先生の還暦のお誕生日だそうで、還暦祝いに病院のスタッフから贈られた赤ではなくオレンジ色のお洒落なセーター(インナーのシャツもコンビでイケテマス)を着て以前会ったときより若くみえます。

現在花北先生は藤枝にいますが、全国から若い脳外科医が7人も研修に来ていて、民間病院でありながら、総勢11名の脳外科専門医を抱えているとのこと。医師不足が多い中で実力がある人には、人が集まるもので、これも格差社会なのでしょうか?

サッカーの話では、熱烈なエスパルスサポーターの花北先生、今年も全試合足を運ぶそうです。先生は大阪の天王寺高校サッカー部出身で、後輩の岡田日本代表監督を、”あいつは駄目だ~!”と一括してました。

仕事のことで、サッカーの話などで大いに盛り上がりました。非常に厳しい先生ですが、何故だかとても僕にとっては親近感があり、非常に尊敬している恩師です。若輩の僕と気兼ねなくお酒を飲んでくれることに感謝です。

今の僕があるのも、花北先生に出会えたからであり、いろいろな縁があったんだと思います。これからもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »