« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

little wing

今日は大学で午後から手術のため、午前中は銀行に行ったり、クリニックに行って在宅の状態の不安定な方に連絡したりの雑用を行い、11時台の新幹線に飛び乗り東京へ。

新宿の楽器屋とレコード店にチラッとよって大学へ。13時半入室の手術にピッタリ間に合い手術室へ。さっきまで静岡にいたのが嘘のよう、、、。関東に住んでいても通勤に1時間くらいかかることは珍しくないので、別に普通なのかもね~などと変に納得。

手術後は6時台の新幹線に飛び乗り再び、静岡へ。7時から地区医師会の新年会に参加。名前は知っていても顔を知らない先生も結構いて、親交を深めるには良い機会。なんとか話題を作って積極的に話かける。いろいろ砕けて話せるともっと自分のこともわかってもらえるかも?などと思いながらも楽しい時間でした。やはり人間は人と人の1対1が大切です。

お酌しながらも結構ビールを飲んだのでほろ酔い気分。

酔っているのか?歩いて帰る道すがら頭に鳴り響くのはジミヘンのlittle wing

彼が神様といわれるのがわかるような、、、意味が深い歌詞です。

Well she is running     throuth the clouds

with the circus mind    that's running wild

Batteflies and Zeberas and Moon beams and Fairly tales

thats all she ever talk about

Riding with the wind

―「little wing」/JIMI HENDRIX

今日も一日、僕はいろいろと場所に関わらず働いた。僕は少し幸せを感じたけれど、僕は誰かに何かしてあげただろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

尻を蹴飛ばして

早くも1月も終わりです。正月気分もあっという間に1年の1/12が過ぎてしまいました。今週も予約状況の予測を大きく裏切られて予想以上の患者数に多忙を極めました。

中々ゆったりと優雅に仕事をすることなど夢のようです。毎日自分で自分の尻を蹴飛ばして仕事している感じです。アドレナリンを搾り出してやらないと、すぐにメゲテしまいそうになります。

末期癌の診断を受けて、本人には未告知で当院に通院している方がいます。奇跡的に1年半が経過していますが、最近急激に病状が悪化し、今日急遽昼休みに往診しました。痛みもなく意識もしっかりしていますが、肝不全、腎不全が進行しているようです。点滴をするわけでもなく、できることは何もない無力感を感じます。また家族や本人にとっては僕だけが頼りという責任も感じてしまいます。

患者さんから感謝の言葉や、スタッフの言葉に癒されます。どんなに疲れていても、まっとうな診療を、まっとうな人でありたいと思います。昔に比べると少しづつはタフになったのかー?とも思いますが、まだまだ修行はたりませんね~。

楽な仕事が楽しいわけではありません。忙しくてもどれだけ自分がやりがいを感じて、輝けるかだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

ありがとう

今日はスタッフが2名欠勤だったにも関わらず、多くの新患の方が来られたので午前も午後も診療時間を大幅にオーバーしてしまいました。

僕も疲れましたがスタッフの皆のおかげで何とか乗り越えられました。

いつものことですが、スタッフの皆に感謝です。みんなお疲れ様!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

時間のお使い方

朝から大学で雑用と脊髄腫瘍の手術です。後輩の手術の助手をする際、いろいろなことに気を使いますが、手術をより客観的にみることができるので良い勉強になります。なんといっても主導権はたとえ後輩であれ術者のものです。術者なりに十分戦略をもって臨んでいるはずですから、彼のプライドを逆なでするような助手はしません。自分が術者のときもそうですが、集中しすぎて視野が狭くなっているとき、少し疲れや、迷いが感じられるときに、打開できるようなアドバイスをします。技術的に問題があれば取り上げますが、、。今日も難しい手術でしたが何とか無事に終わりました。終わった後で、自分だったら、もっとこういう風にしたけれど、、それだったらどうだろう?などと考えてしまいます。外科医はそうやって日々手術を通して手術の質をいかに上げるか向上心をもって研鑽していくものです。まだまだそんな脳外科医の気質が残っている自分に驚きますが、明日からクリニックの診療で、毎日の外来診療にはそんな気質は全く意味がないことに少し寂しさを感じます。

最近娘に、いろいろな支度や行動が遅いことがあるので怒ったり、せかしたりすることがありますが、本心は”まだ無理だよな~”と思ったりします。

研修医なりたての頃は、僕自身よく上の先生にせかされていました。僕自身、自分のペースでやって問題ないのだから、何でそんなに急ぐのだろう?と不満でしたが、仕事量が増えてくると急いで片付ければ食事にもいけなくなることに気づきました。

あるとき外部の当直病院では一晩でそれこそ100人くらい患者さんが来ていました。夕食に取った出前を食べるためには何とかダッシュして食べるための時間を作らなければなりません。それが出来なければ翌朝まで食べれず、早朝大学病院へ帰る間際に冷めた出前を食べて、朝のラッシュアワーのホームで吐いたこともあります。人間やはり体で覚えないと駄目なのでしょう。そんなことがあり始めて上の先生の言う意味がわかったような気がしました。

それ以来、病棟、外来の仕事は極力早くして余った時間をゆっくり使う(寝たり、同僚と雑談したり、、、楽できます)事がどれだけ楽か。そのうち手術でも機械的に動けて早くできることは極力早くし、時間をかけて丁寧にすることはゆっくりするというメリハリをつけれるようになりました。

そんなことを思い出して、娘には、まだまだ急いで簡単なことを終わらせることをわかってくれるのは無理だろうな?と、なんとなく彼女の不満がわかるような気がします。あまり急かすのは辞めようと思いました。まーそのうち彼女自身が気づいてくれるでしょう。

報告がおそくなりましたが、火曜日には息子も無事退院しました。何だかんだでまた賑やかで、ウルサイ家庭になりました。明日からまたいつものクリニックの仕事頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

寒くなりそう

仕事が終わると病院に行き入院している息子の面会です。今日も午後から夕方までずっと付き添ってた妻と交替し病室にいました。 息子も熱がようやく落ち着き、安定しています。もっと口から食事が出来るようになれば退院なのですが、、。

明日は全国的に冷え込んで各地で雪が降るようです。静岡では雪は滅多に降りませんが、今も霧雨のような雨が降っています。深夜から朝にかけて雪にかわるのでしょうか?

職員の息子さんもインフルエンザになったようですが、これから風邪など急性疾患が増えてきます。皆様もお体にはお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

病院に縁があった1日

連休明けから息子の風邪がひどくなり高熱が続きました。水分も取れずになって脱水もあるので病院の小児科の先生にお願いし診て貰いRSウイルス感染で入院してしまいました。

”入院した”というと皆心配されますが、点滴や専門的な治療が受けれることで少し安心しています。

自分だけでなんとかしようとか意地を張らずに、よかったなーと思います。早く良くなってくれることを父親として心底願っています。

病院の小児科もさぞかし混んで小児科医に申し訳ないという気持ちもありますが、今日久しぶりに午前中総合病院の小児科外来を受診しましたが、待合はスカスカで一人診察や検査、処置に30-60分かけて丁寧に診察していました。

病院産科、小児科の勤務医の負担を減らすため、現在病院では外来業務をなるべく診療所に任せて、紹介患者のみを扱うようになっていますが、現実にこれだけゆったりと診療できることにびっくりしました。小さな小児の採血や点滴のためベテランの看護婦さんや、若いDrも診察室横に控えています。僕が勤務医をしていたときとはエライ違いです。病院のマンパワーの凄さを実感しましたが、病院全体の経営などを考えると公立の大きな病院しか成り立たないのかなーと思ってしまいました。

午後は新幹線で新横浜まで行き、そこから町田まで横浜線で、町田からタクシーで北里大学病院へ。昨日妹が出産したのでお見舞いに行きました。なんだか今日は長距離を移動しての病院のはしごです。病院ではいろいろな若い医師が多くいますが、皆背筋を伸ばし、凛として働いています。

移動中 海堂 尊 氏の”ブラックペアン1988”を読む。外科医研修医の物語であるが自分の研修医時代を思い出してしまった。

今日1日やたらと病院に縁がある1日でしたが、いろいろと考えさせられた1日でした。外にいるから隣の芝生が青く見えるのかもしれませんが、毎日慌しくクリニックにいる自分とつい比較してしまいます。

フィールドは違っても僕も誇りを持って明日から働こうと思います。息子が早く元気になることを祈りながら今日は寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

カッコイイ生き方

寒い冬空から冷たい雨です。天気にかかわらず、忙しい外来です。

天気と外来患者数の傾向を統計とってみた事がありますが最近はあまり意味がないような感じです。

いくら気合を入れて診療に当たっても、その日の患者さんにより時間がかかったり、スムーズに流れたりと毎日毎日が異なります。生身の人間相手の仕事ですから、なんとなく時間が過ぎていくような楽勝な仕事は出来そうにありません。

先日県立病院に行った際に病院内の売店の書店で、ふと興味ある本を見つけました。

心がスーッとなる禅の言葉”(高田明和 著)

その中で、唐代の禅僧が弟子に言った言葉が紹介されていました。

弟子が”大きなトラブルが襲ってきましたが、どうしたら避けられるでしょうか?”と質問すると、

あたかもよし(恰好)”

つまり  ”それでも良いではないか。困難は受け止めなさい。来るものから逃げる事などできない。回避したいと悩むから苦しみが始まるのだ。回避したいと思わなければ悩むことはなく、苦しみも始まらない”  との教えの意味だそうだ。

著者はさらに”恰好よい”は”あたかもよし”と生きる姿勢を褒め称える言葉であり、ルックスではなく何でも受け止める生き方こそ、最高に”カッコいい”のであると述べている。

うーん、確かに心がスーッとする言葉である。

今までも禅寺の写真など見るとなんとなく惹かれてはいたけれど、全く無知だった分、禅の世界を覗いてみるのも良い勉強になります。

話はかわり、今日午後5時からの東京FM系のFM番組”Suntory Waiting Bar”で義弟(妹の旦那)の小林氏が出演しました。http://www.avanti-web.com/thisweek.html

テーマは”大学受験”。学生達にとっては今は受験シーズンです。センター試験前に風邪をひいて受診する高校生を診ることが最近多くなりました。僕なりに”弱気になるなよ!”と励ますようにしています。興味ある方は覗いてみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

仕事はじめ2008

今日から仕事始めです。休みが長かったので休養十分ですが、休み明けにドカーンと混むと一気にめげてしまうので朝から気合十分で出勤しました。

新年の仕事始めは自分やスタッフだけでなく、患者さんも皆なんとなく清々しい感じで意外に混まずにスムーズに流れて行きました。年末年始、状態が急変して入院したりした患者さんが一人もいなかったので一応ほっとしました。

久しくクリニックが稼動していなかったせいか建物自体の温度が低いような?暖房をかけても座っていると腰から下がやけに冷えます。建物自体も人の動きや、活動があってこそ生き物のように、その空間が生まれ変わるのかもしれません。

建物君、今年1年よろしく頼みますよ~!

休暇中、体調が今ひとつでしたが仕事を始めると本来の体の調子に戻ってきました。休暇に入って気が抜けたのかもしれません。毎日のきつい生活に、すでに体が順応しきっている証拠かもしれません。きつい仕事は避けたいですが、それに慣れてしまっている自分=仕事人間、、、不思議なものです。

とにかく今年も1日、1日の診療を大切に、頑張るぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

今年の目標

Risonare20082 2日より2泊3日で山梨県小淵沢に行ってきました。山梨県と言っても静岡と長野県にはさまれ、北には八ヶ岳、南東には富士山、南には南アルプスに囲まれています。車で2時間半くらいでいけるので最近ではすっかりリピーターになっています。日本海側では大雪のようですが、路面の凍結もなく天候もよいですが、空気はやはり0度前後で寒かったです、それぞれの山々の頂上は雪が積もっています。

家族全員、お腹の調子が今ひとつで特に出歩くわけでもなく部屋で地味に過ごしましたが新年に臨み、今年1年の目標をゆっくり考えるにはよかったのかなーと思いました。

Risonare20083 診療面では優秀なスタッフに恵まれている環境に甘えることなく、いかに質の高い医療を提供し続けるかが本年に限らず当然の目標です。僕自身のモチベーションをどれだけ高く維持していけるかは永遠のテーマです。

細かいことでは患者数の増加により電子カルテのサーバーをバージョンアップすることは勿論ですが、クライアントPCの増設や、レセプトオンライン請求に向けての準備などいろいろと考えることは多いです。画像管理のオンライン化なども今後考えていかなければなりません。

その他、壮大な?夢?計画?もあげればキリがありませんが、すぐに実行するというよりは、そのために今できること、今後すべきことは何かを常にイメージしていきたいと思います。

そのためにはいろいろな人と人とのつながりが大切だと思うので、今まで以上に外にでてコミュニケーションをとるようにしたいと思います。年賀状でも毎年”ゆっくりお酒でも飲んで久々に話したいね!”などと書きながら結局1年会えなかった方が多いのには反省です。様々な業種や立場の違いはありますが、リフレッシュにもなればいろいろな影響を受けて、ひょんな事から新たな道が見えてくるものです。ここしばらく会えなかった友人、知人となるべく会うようにしたいと思います。

話はかわりますが、今年の年賀状の一番のヒットは埼玉医療センター救命救急にいる大学時代の親友U君でした。長年続けた自動車ラリーを休止してサックス?とトライアスロン?に挑戦しているそう。体重も20kg近くダイエットしたもよう!??

ここ数年で僕の周りには急にトライアスロンやマラソンに目覚めた同年代のオジサン達?が急増中です。何を考えとるんじゃー!と言うのが素直な感想です。運動は健康には良いと思いますが、何もそこまでしなくても、、と思ってしまいます。僕にはとても真似できません、、、。

僕もほどほどには運動して健康には気をつけようとは思います。またもう少しギターがうまくなりたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

2008 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

いよいよ1年の始まりです。心も新たにこの1年頑張ろうと思います。自分自身、家族、クリニックのスタッフ他、当院の患者様、その他関係のある全ての人々が幸せでいれますように!

それにしても年末から寒波が来て静岡にしては何年かブリの冷え込みです。そのせいか外も人の気配がいつもの正月より人が少ないような、、。寒さのせいか子供たちも胃腸炎で、今日まで何処にも行かず家にこもっていました。僕も自宅でゆっくりしすぎてなんだか緊張感がなくボーっとしていると却ってリズムがつかめません。やはり普段が仕事人間なのである意味緊張感がなくなると駄目な人間なのかもしれません。

今日は八幡神社に初詣に行ってきました。おみくじは”大吉”でした。幸先良い感じです。明日からは山梨の小淵沢に行って来ます。新年の目標を具体的にじっくり考えてきたいと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »