« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

メタボ?

昨夜は在宅協議会に出席。地域医療は様々な人とのつながりがあるわけですが、それなりに機能、連携をまとめるためには政治力も必要なのかなーと少し感じてしまいました。

会の後、誰か一緒に飲みに行ってくれる先生がいないか?!探しましたが誰もいないようなのでおとなしく帰宅です。紅葉の落ち葉を踏みしめ夜の街を歩くと、なんとなくわびしい感じです。

今日は午前中、産業医をしている近くの企業の健康相談に行きました。企業の健康保険組合より健診結果の結果、本人の希望で相談リストが提出され、それに沿って相談を進めていきます。

メタボリックシンドローム、、、、健康増進には必要なことです。でも普通の人々の生活パターンは本当にいろいろです。TVでは盛んにグルメ番組が流されている一方、健康食品産業は大盛況です。メタボに絡んでも、ビジネスチャンスを伺う企業が目白押し、、。これってパッチポンプじゃないの?と思ってしまいます。

健康相談でも、20歳そこらから定年間際まで様々な方がいらっしゃいますが、結局は自分の健康は自分で守るといった、個人の自覚の問題だと思います。

戦争を経験した今の高齢者達は、慎ましい生活ながらも元気に長生きされています。豊か過ぎる現代の病でしょうか?

情報が多すぎて、多様化した社会になっていますが、人間そんなに変われるもではありません。逆に情報が多すぎて、いろいろと歪を持った現在社会に、不幸に感じてしまうのは僕だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

休日の過ごし方

この連休は土曜日に診療しましたが、比較的ゆっくりとして過ごすことが出来ました。

休みはうれしいものですが、仕事人間にとってはリズムがつかめない感じもします。

貧乏性なのか常に働いているほうが気が楽な面もあります。また変に休日があると連休前後の診療が大変になるのが嫌です。

初日には家族とTDLに行ってきましたが、人人人、、、。正直疲れました。

その後は外出もせずに、殆ど家の中で本を読んだりDVD(24シーズンVを一気!)を見たり、、。ちなみに僕の携帯の着信音はCTUの内線着信音です。

それにしても24のような疲れる1日は御免ですが、日々時間をもてあまして余計な事を考えて悶々とするよりは、忙しい1日を勢いで過ごしたほうが実はいいのかもしれないとふと思ってしまいます。

クリスマスまで1ヶ月です。クリニックにもクリスマスツリーをそろそろ飾らないといけません。そろそろ忘年会の準備もしないといけません。恐らく12月にはいるとあっという間に過ぎていくのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

I got the Blues

最近ストレス解消?でYahooオークションでまた買い物をしてしまいました。

Gibsonlg1 Gibsonlg12 Gibsonのアコギ LG-1(1956)です。

裏にはスガシカオのサインまで入っています。

ギター何台持てば気に済むのか?ドラムじゃないだけましか?

手元に楽器があると眺めているだけでもいいもんです。

昨夜何気にYou Tubeでキースのカッコいい動画を見つけました。

http://www.youtube.com/v/U5ANjb-yAVE&rel=1

こんなふうにブルースが弾けたらカッコいいだろうな!

年季が違います。   練習できるかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

無邪気に行こう!

静岡では11月はじめは大道芸ワールドカップが開催され、現在はアビリンピックが開催されています。県外からの人々が多く、街がいつもと違って見えます。

日々悩ましいこと、不安になることも多いですが、最近いろんな知人から超positiveな明るい話題を聞かされると、些細な事に悩まされている自分がバカらしく感じたりします。

所詮、考え方次第です。少しづつではありますが、自分も成長しているのかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

忙しすぎて

忙しすぎて、今日はちょっと心身ともに疲れていることが解ります。

自分の気持ちをニュートラルに保とうとするのですが、何かマイナスへ引っ張られるような、、。   冷たい雨のせいでしょうか?

診療の合間に、ついつい愚痴をこぼして、またその自分の愚痴に気持ちが逆立ってしまいます。ゆっくり、まったり、、、頭を一旦スカッとできればよいのでしょうが、次から次に来る患者さんがそうさせてくれません。

自分で自分をいかに癒してあげられるか?

そんな理想をぼーっと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

やっぱり僕はついている!

11月に入ってクリニックは毎日100名以上の外来患者数が続いています。新患患者さんも相変わらず多いです。

この忙しさは予想していたことではあるけれど、、。意外と苦になりません。その理由は、ここにきて、新しいスタッフの力を実感せずにはいられません。一人いるだけで、現存スタッフに余裕が生まれ、それぞれが今まで以上の仕事が出来るために、ただ単純に一人増員した以上の力をいろいろな場面で発揮してくれているように思います。

経営者としてリスク管理云々を言うつもりはありませんが、、本当に新しい力がクリニックにパワーをもたらしていることは事実です。素晴らしい人材に恵まれたことに感謝です。

看護師不足は大病院に限らず、小さな診療所にも深刻な問題です。その中でいかに良い人材を確保するか?は業務にかかわらず大きな問題です。当院はすでに素晴らしい人材に恵まれているだけに、新たに人材を補充する場合余計に理想は高くなりますし現実とのギャップ、ハードルはかなり高いと感じていましたが、理想的な人材が奇跡的に当院に来てくれました

今回、求人募集を出したのも、ある意味偶然というか?知人から某広告代理店の方を紹介していただいたついでに、あまり期待せずにお願いしたのが本音です。良い人材がいなければ全員不合格でもよいと思っていました。まずそれが第一の偶然でした。

今回当院に加わることになった彼女は、恐らく何処の診療所でも、病院でも採用になるでしょう。でも、小さな子供がいること、実務経験が少ないことがネックになっていたのに、たまたま当院の求人に興味を持っていただいた。なによりこれが第二の偶然です。

当院の求人募集には託児所があることは非公開にしていましたが、彼女の問い合わせの電話に出た当院のスタッフが小さな子供がいる彼女に当院に院内託児所があることをたまたま告げたことがまず第三の偶然

その偶然が生まれた背景には、約1年前、当院の中にいっそのこと職員のための託児所を作ることを決意し、敢えて産休に入るスタッフそのものの補充より、保育士を雇うことを実行したことが第四の偶然。(小さな個人診療所に託児所を、しかも正職員として保育士を雇うなど誰も考えないと思いますが。)

その保育士は、たまたま彼女の母親が当院の求人に気づいて電話したことがきっかけで、、、休日の地下街で鳴ったクリニックからの転送電話を携帯でたまたまでてしまった(普段とれない電話には出ないでクリニックの留守電メッセージで対応)ことが第五の偶然。

その保育士は、当初勤めている保育園を辞める時期から考えると、当院に勤めるのは無理だったのを、強引に辞めて当院の求人に応じてくれたことが第六の偶然

人と人、、。何においても一期一会です。そんな中、様々な偶然が重なって素晴らしい人材が集まってくれました。働いていて本当に幸せを実感できます。スタッフ全員も当院で働くことで幸せを実感し誇りを持ってもらえれば、僕としては何も言うことはありません。

やっぱり僕はついている!!と不思議な偶然について、最近つくづく思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

知恵と機動力

いよいよ11月!空もなんとなく冬空になってきたような、、、。

今日からいよいよインフルエンザ予防接種開始です。しかも連休前の今日は外来が込み合うことは必至です。

午前中から気合をいれていましたが、むしろそれ以外の患者さん(新患。入院、専門医受診のための紹介3名などなど)のことで忙しい。マーフィーの法則ではないけれど、忙しい時に限って、診療に時間がかかったり、いつもは来ない方が忙しいときに限って久しぶりに受診したり、、。

それにしても、、、。

うちのスタッフ達は凄い!みんな凄いぞー!

知恵と機動力で、何だかんだでうまく対処してくれました。

結局1日外来数144名でした。自分の忙しさよりも何よりもスタッフ達の素晴らしさを実感した1日でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »