« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月25日 (火)

やるしかないでしょ

連休中は平穏に過ごせましたが、クリニックのサーバーの様子が気になり毎日出勤?して、動作を確認していました。休み明け1発目にいきなりサーバーダウンというのも怖いのでこれも危機管理です。不具合があれば連休中に解決しなければなりません。心配をよそに大きな問題もなく大丈夫そう。

連休明けは、当院にはかかりつけではないけれど時々来られるインスリン使用中のDM患者さんが連休中に嘔吐下痢症になり点滴目的に受診。とりあえず点滴行うも血糖が500以上あり過換気あり。代謝性アシドーシスによる代償性過換気と判断して救急車で病院に転送する。

病院と違って一人の患者さんにかかりっきりにはなれないので瞬時の判断が必要にされる。今回は自分として迅速に正しい判断が出来たんじゃないかと思う。

診療後、先日病院に入院させた患者さんの家族から電話あり、今週末に退院し在宅治療を考えていた矢先に肺炎が増悪し主治医からは退院は勧められないと宣告されたとのこと。患者さん自身、ご家族も在宅での看取りを希望しているため、予後は承知で退院するには明日しかないと。

ながーい家族会議の後に明日退院するとのこと。

主治医も度肝を抜かれたかもしれないけれど、今まで長いかかりつけの間に何度も家で死にたいという意志をきいていたので、僕は叶えてあげたいと思う。今回入院させたのも一時的な入院で済むと思ったので、また家に帰れるからと患者さんを説得(約束)した責任もある。呼吸不全で在宅酸素もしない方針で一体明日からどれだけ続くかわからないけれど、しばらく毎日24時間体制が続くと思う。果たしてクリニックの診療しながらうまく診れるだろうか?

今週末、久しぶりに富士でF1が開催される。静岡県内の地元開催で、F1好きの埼玉のK先生から誘われてチケットも譲ってもらったので行こうと思っていたけれど、このままだと多分行けないと思う。

来週の日本脳神経外科学会も参加できないのかなー。ホテルもキャンセルしないといけないのかなー?

などなど僕も人間です。ネガティブな気持ちに大きなため息です。

先日卒寿を迎えた他の患者さんからお手紙をもらいました。

”思うに、生きるために種々の幾山坂を越えてきました。みなさんの支えがあってこそで今年は卒寿。此処まで来たかの幸せを感じます。此れからの遠からずの余命を平和に過ごしたい思いです。よろしくお願い致します。”

胸がジーンとして、涙が出そうになります。これも僕の歩む道です。僕の仕事です。迷うことはありません。僕が出来ることをやるだけです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

在宅で死ぬということ

大忙しの1日 帰宅は10時近くになりました。

本日昼に往診した患者さん。意識はしっかりしているものの肺雑音がありSaO2が80台しかない。呼吸も苦しいとのことなので、肺炎を合併した可能性が高いので、入院を勧めたところ、本人はこのまま自宅で死にたいと、、。

在宅で看取ることは可能だけれど、一時的な病態であれば治療で改善が期待できるので、何とか本人をなだめ家族も説得するも、家族で相談してから決めるとのこと。

夕方になってから息子さんより電話あり入院をお願いしたいとのこと。もう5時を過ぎていたので病院に電話するも近くの病院からは断れ、結局2件目に電話した病院で受け入れてくれることに、、。

家で死ぬということ、、。

理想かも知れないけれど、それを実現することは家族、主治医、その他いろいろな方の協力と環境作りが必要である。現実は大変で、本人が良くても家族が理解しないと今回のようになる。高齢の奥様も気が弱いのでわかってはいても自分では決断できないようだった。なんとか入院したけれど、これでよかったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

オタッキー?

休診日だけれど今日は朝からクリニックで以前壊れた電子カルテのサーバーの復旧作業。午前中だけで終わる予定が結局夕方までかかる羽目に、、。時間はいくらかかってもいいから、明日からの診療が通常に出来ること、それとハードの不具合が2度起こらない様にしてくれれば僕はいいのだけれど。

ソフトの不具合ならまだごまかしがききますが、ハードが壊れるとどうしようもありません。原因はPC本体の中の基盤の接触不良??埃が原因?? 

空気清浄機をサーバーの横に置いたろうかな!

電子カルテに限らずIT社会はいろいろな面で便利ではあるけれど、危機管理を思い知らされたような、、。今回はサポートスタッフにより何とか診療には差し障りなく復旧できた。スタッフのA君,1日がかりでしたが、一人で本当にありがとうございました。

1階で作業の間、僕は2階の院長室で溜まった書類の整理と片付け。結構時間に追われる事無く、ゆっくりとしたペースでデスクワークすることは意外に楽しい。普段の仕事が時間に追われているので全然苦にならない。

自分って、かなりオタッキーなのかもしれない

Beforedesk Afterdesk 机の上もbeforeとafterでこんなにもすっきりしましたー。

左before   右after

明日から気持ちよく仕事が出来るかな?といっても通常の診療日に院長室で机の椅子に座る暇は、まずありませんが、、。

それよりも帰り際に診察室の棚の上を見ると、多くの未完成の書類が並んでいる。

Documents トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

連休明けはきついっす

連休明けは朝早くから外来は大忙しです。結局今日は100名以上の患者さんの診察をしました。しゃべりつかれて喉は痛いし、PCの画面を瞬きせずにみていると眼精疲労です。

連休のリフレッシュした体に鞭打って、がんばりましたー。きついっす!

いろいろと大変ですが、これも僕の仕事、生き様です。

きついとか、楽をしたいとか、勤務医だったら良かったとか、悩ましい患者さんなどなど、いろいろ考えることはありますが、迷うことはありません。

苦労し、徳を積むことは、凄いことだと自分に言い聞かせます。

今度10月は我が教室、東京女子医科大学脳神経センターの脳神経外科の堀 智勝教授が会長として日本脳神経外科学会を主催します。僕も参加しますが、外来を休むわけも行かず、慌しい学会参加になりそうです。

どうなることやら

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

秋の小旅行

土曜の午後の仕事が終わってから夕方に、車で山梨の小淵沢へ。夜の8時半にはホテルに到着。この2連休は以前からお気に入りのリゾナーレで。

子供連れにとっては、家族サービスだけで疲れるような場所とは違い、子供も大人も楽しめるので、ここ数年、気軽に出かけるのにお気に入りホテルです。

Yatsugatakeclub2 秋に来たのは初めてで、本当は紅葉など見れれば最高ーでしたが、まだまだ紅葉はみられませんでしたが、ひんやりとした秋の空気を満喫することが出来ました。

Risonareaki 普通の連休を利用した小旅行のつもりだったので、あまり期待をせずに来た割には本当にリラックスできて睡眠もゆっくりとることが出来て自然に方の力が抜けたように思えます。

自覚以上にストレスが溜まってたのでしょうか?

ホテルでは特に何も予定もなく(子供達が僕を自由にさせてくれればの話ですが、、)本を読んだり、まったりしていました。今回iPodと専用のスピーカーを持って部屋で曲を聞いていましたが、秋はやはりカントリー?テイストの曲がGoodです。ノラジョーンズの”Broken”という曲や二ールヤングの曲などなど、、。ストーンズにしろ他のミュージシャンの曲にしろカントリー調の曲は秋にマッチします。

Yatsugatakeclub1 静岡から車で2時間少しで来ることが出来る小淵沢はあまり人も多くない保養地ですが、他のリゾート地のような派手さはないですが、自然を満喫するには本当に良いところだともいます。

最近は定年退職後に別荘地に家を建てて移り住む方も多いのでしょうか?八ヶ岳の麓にあり八ヶ岳の麓に俳優の柳生 博さんが趣味で始めたお店、”八ヶ岳倶楽部”など遊びに行くと結構、自然の中での生活に憧れる方がいかに多いのかと感じてしまいます。

これから年末休みまで、いろいろと忙しくなるけれど、環境を変えてみるこで十分に充電できたような気がします。

Hottsamaguma_2 帰りは富士川沿いの日本のホッサマグマに沿って静岡へ。自然の雄大さを実感。東海地震は何時か起こるのだろうか?

静岡に帰ってくると、何ジャこの暑さはー!まだ残暑きびしいー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

言霊

日常の外来の忙しさも相変わらずですが、新しく看護師を採用するために面接もしなければなりません。すでに4名は終わりましたが、後3名の面接が残っています。それぞれのキャリアや性格、今までの人間関係など様々なことを聞いて、その方の人生を感じてしまうものです。

面接をしていると、その中でも、きらりと光るもの、こちらの心を捉える一言に出会うことがあります。本などからの引用を暗記したのではなく、会話の中の流れで、自分のいいたいことを、相手の胸に響かせることは簡単ではなく、その方の知性(知能ではないですよ)を感じさせます。そのような言葉をさらりと述べられると、即採用したくなります。

まだ他の面接者も残っているので採用はどうなるかわかりませんが、、。

夜、友人のG先生と7時半に食事の約束が、仕事が終わらず1時間以上も遅刻して合流。1日中患者さん相手にしゃべり続けて疲れていましたが、その後もお酒に酔った勢いもあり午前1時までしゃべり続けていました。自分なりにアホだなーと思いますが、僕にとっては、これもストレス発散の一つです。

自分が心に思っている事は正解、不正解は別にしてやはり言葉として発することではじめて自分のものになり、その試行錯誤を経てできた自分の信念や言葉は、やがて確信に裏付けられた言葉となり、言霊となるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

感謝の気持ち

Posttyphoon 台風6号の後、ご覧のように自宅近くの駐車場の木がなぎ倒されています。もう少しで車がつぶされるところでしたが、、。日常にはいろいろな危機やトラブルがあるものです。何もないことに慣れっこになった日常の小さな幸せに感謝しながら今日も頑張ろうと思う日々です。

と思いながら目が覚めると今日も朝から雷がとどろき大嵐。市内にも大雨洪水警報。

今日は予約も少ないし、この天気だと結構暇かも??と淡い期待を抱きながらクリニックに行く。蓋を開けると、低気圧が来ると調子を崩すお年よりも多く、予約外の患者さんが意外に多い。なかなか見通しが甘いモンです。でもこういうときこそ少し時間に余裕があるので患者さんをじっくり見ることが出来て、充実した気分になれる。患者さんの悩みをじっくり聞いていると、うーんいろいろあるもんだと考えさせられる。

やはり人間日々の小さな幸せに毎日感謝すべきだとつくづく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

予期せぬこと

台風が過ぎたといっても案の定朝は風が強く、東海道新幹線は朝から止まっていた。昨日は東京に行かなくてよかったと実感する。車を止めてある駐車場の脇の杉の木が3-4本強風でなぎ倒されていました。間一髪車は無事でしたが、、、。昨日の台風の威力を身近に感じてしまった。

今日は夏休みの影響で、ぽっかり予約が少ない外来となった。まーたまには暇なのもいいかーとのんびり外来を行う。出来るだけ外来が混まない様に予約を調整しないといけないのだけれど、休暇をとるとどうしてもこういう日ができるのはしょうがないのか?

夕方、マッタリと仕事をしていると、丁度午後4時半頃に患者さんがいなくなったときに診察室のPCに突然ネットワークが切れたことの表示が!電子カルテのサーバーを確認するとフリーズしている!特に何か操作をしたわけでもないのに、、、、。サーバーを再起動させようとするも全く動かない!?強制的にリセットするも今度は電子カルテサーバーのウインドウズそのものが立ち上がらない!というか全く動かない。慌ててCMSに電話して状況を説明して助けに来ていただく。結局サーバーコンピューターの機械そのものの不具合みたいで、代わりのPCにサーバー内のハードデスクを移植してもらい何とか復旧した。その間、約1時間電子カルテなしで8名の外来を行う。電子カルテが使えなくても、レセコンはORCAなので、電子カルテシステムとは別に単独で運用は可能なので助かった。と言ってもスタッフが皆協力して、前回の受診日、処方歴などを診察前に調べて僕に教え、診察中は臨時に紙に所見を書いて、処方をやはり紙に書いてスタッフに伝えるというアナログなやり方で何とか乗り越えられたのだが。電子カルテが復旧してからは、トラブルの間の紙カルテを電子カルテに記録してなんとか丸く収まった。

予期せぬことは起きるものである。

コンピューターはいろいろな面において便利であるがこういうときは本当に大変である。なんとかこの場をしのぐことが出来たがヒヤヒヤ物だった。でもそれでも幸運!!!!に恵まれていたと思う。

@暇な時間帯で患者さんも少なく、患者さんを待たせること無く乗り越えられたこと。@すぐに保守サービスの担当者が駆けつけてプロの仕事をしてくれたこと。(約一時間で復旧できたことはCMSの担当者のおかげである。)@電子カルテとレセコンが単一ではなく独立して可動できたこと。@わがスタッフはやっぱり皆頼もしいこと

壊れたPCは保守サービスによって修理してもらえ、後日再度ハードデスクを元に戻す予定である。当初いろいろなトラブルを想定して現在のシステムで運用しているが、自分の選択は正しかったと思う。電子カルテを使うにはどうしても機械のトラブルが起こるのはしょうがないのかもしれないけれど、予期せぬことが起きたとき、どう対処できるか!は重要です。

仕事が終わった後、どっと疲れを感じてしまった。やはり乗り越えたにしてもその間の診療の質は否応なしに低下してしまう。今日は暇なはず!だったのに、僕に安住の地はないのか?

まー、いろんなことが起こるものです。失敗やトラブルを経験し、それを乗り越えられると自分がたくましくなった気がしないでもないけれど、やはり予期せぬことは避けたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

台風9号

台風9号が東海地方を直撃しています。この影響で今日は大学で脊髄腫瘍の手術予定でしたが、新幹線が動かなくなる可能性があり、東京から帰れなくなる可能性もあるので、東京に行くのは中止になりました。(手術は主治医が予定通りに行う)

Taifu9 そのため今日は8月のレセプトの提出と医療法人が8月決算なので、それぞれの雑用をしました。丁度レセプトを出しに行くときに大雨洪水警報にぶちあたらり車の外はご覧のとおりです。

少しは温暖化の暑い日本をこの雨が冷やしてくれるといいなーと思いながら、ゴア元副大統領の”台風の増加も地球温暖化がもたらすもの”ということを思い出してしまう。

その後も今日は何をするわけでもなく、おとなしく自宅にいました。風が強くて、外でビュービュー音がしています。

この台風が過ぎれば涼しくなって”秋~~~!!”なんでしょうか?それとも蒸し暑いのか?

そういえば看護師募集の求人広告を新聞に今週出したところ、数名の応募がありました。どの施設でも看護師不足は深刻で人材の確保には皆苦労しているようです。幸いにも現在のクリニックでは素晴らしい人材に恵まれ不満はありませんが、忙しくなり現在の看護師への負担が大きくなっているので良い人材であれば補充したいと考えました。

当院の自慢の一つは職員が皆素晴らしく、良くぞ皆全員がこれほど良いスタッフだという、人材においては奇跡に近い幸運に恵まれてきた。

新たな求人は、これから面接などするわけですが、今までのような奇跡に近い幸運に恵まれればいいのだけれど、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

新らしい月と新車

いよいよ9月です。月が変わるとなんとなくリフレッシュしますが、最初の週末はレセプトのチェックという大きな仕事が残っています。昨日も午前2時までかかってなんとか済ませ、ついでに2日後にある介護保険審査会での審査35症例の事前チェックを行いました。

やっと仕事が終わり、今日はゆっくりお酒が飲めそうです。明日から気分一新して頑張ろうと思います。

先日車検のことを書きましたが、実は、、、、、。

Lambo1 今日家に新車が到着しました。

スーパーカーで有名な”ランボールギーニ”です。

それも真っ赤な!

イタリアンモデルです!

といっても、自転車ですが、、。クレジットカードのポイントが溜まったので交換でGet しました。 勿論free です。 イタリアンモデルといってもしっかりmade in Chinaです。

Lambo2 自分の自転車をクリニックの駐輪場に長く止めてたら、イタズラされタリ、パンクしたりで殆ど放置になってしまい、物を大事にしたい僕はなんとか自転車屋さんに持って行き再生させたいと思っていましたが、忙しさにかまけてしまいました。

当院の近くの患者さんの往診には車より、自転車のほうが気軽で小回りが利きます。昨年夏も自転車は大活躍だったのですが、、。今年は前述したように使えずにいました。

今回の新車は折りたたみ式なので車に積むことが出来て便利です。乗り心地もよく、ルックスもGoodです。これで近所の往診には気軽に行けそうです。

以前使っていたものも、きっと修理しレストアしたいと思っています。意外と凝ったりして、、。今までは3日坊主でしたが通勤にも自転車を使用するといい運動になるのかもしれません。   多分、無理なんだろうな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »