« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

愛だろ!愛!

少し暑さも和らいできましたがまだ秋の香りはしないように思います。今日は大学の手術もないので完全なOffです。

TVでは朝青龍のニュースばかりですが、どの局も同じ論調に、マスコミのイジメに見えてしょうがないのは僕だけでしょうか?全てにおいて愛を感じない世の中は、かなりTVの影響が強いと思ってしまいます。しばらくおもしろくない通常の民放は見るのをやめようとさえ思います。

医療業界においては女子医大の医療事故はその後の医療不信のきっかけを作った事故でしたが、忘れかけられている当事者の医師のブログで名誉毀損に勝訴したニュースをみました。事故は不幸な出来事ですが、マスコミで叩かれることがどれほどのものか、他人ごとではないと感じます。

医療だけでなく、すべてにおいて、愛を感じられる世の中にならないかなーとささやかに思います。

話は変わり、

今年は車が車検なので現在ディーラーに車を出していますが、若いときほど車に執着のなくなった僕は、買い換えるなどという選択肢はないままに古くなった車を抵抗なく車検に出しました。ディーラーからは9万キロ以上も走っているのでいろいろとお金がかかりますねーと平然と言われ、少し考えさせられてしまった。愛着があるので今の車で満足なんだけれど。どの大手メーカーも売れて何ぼ!という商業第一主義なのかなー。

久しぶりに車の雑誌などペラペラ眺めても、高級車が欲しいとは全然思いませんが、久々にサーキットの狼などを見ると、ロータスヨーロッパや古いポルシェなどエアコンもついていない普段の足としてはちょっと戸惑うような車に惹かれてしまう。別にスポーツカーでなくても古い車を大切に乗っている方を見るとカッコいいなーと感じる。まー自宅とクリニックの往復だけなので自転車でもいいんだけどね~。などと妄想にふける休日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

まっとうな生き方?

夏休みの同窓会で再開したツワモノのお話。

有名私立高校から東大文1に現役合格した彼は現在弁護士。これだけ聞くとエリートコース王道かもしれないけれど、弁護士資格を取ったのが2-3年前。それまで20年近くどうしていたのか?なんと彼は塾や予備校でアルバイトしていたとのこと。東大卒業後も一流企業に就職できたはずなのに彼はそれをしなかった。彼に理由を聞いてみると特に理由はないとのこと。

もう一人は、やはり有名高校から九大医学部に現役合格した彼は、医学部を辞め、今はコンピューター関係の仕事をしている。IT企業を経営しているのかと思えば、単なる社員とのこと。彼に理由を聞いてみるとニコニコして答える。”僕コンピューターが好きなんで!” 学歴は九大医学部休学中???

人生って素晴らしい! あれこれ悩むのはバカらしいと思う。世の中で言われている、まっとうなことって何なのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

まじめすぎる?

体温より高い気温が続き、外に出るとお風呂に入っているよう。地球環境が変わり、日本の気候もかわるのだろうか?夏休み明けも気分一新し仕事に明け暮れています。

診療中にある87歳の認知症の患者さんのご家族から電話あり寝てばかりなので緊急で往診して欲しいとの依頼が、、。昼には他に2件の往診があるし、普段往診しているわけではなく状況がよくわからない。往診しても検査できないので、来院できるのであれば連れてきて欲しいと説明し、無理なら救急車を呼びましょうと言うことになった。

何とか家族に連れられて来院すると確かに意識が傾眠。何とかコミュニケーションは取れて指示にも従うのだがSaO2が88と低い。頭部CTと胸部XPを行うと肺が真っ白。すぐに救急車で病院へ転送する。レントゲンを撮ったからよかったけれど、もし往診だけだったら他覚所見が乏しいので対処が遅れていたかも?きちんと診断できて良かったと思うけれど、高齢なので入院治療で改善できるのかなーと心配し過ぎてしまう。

自分ってまじめすぎるのかなー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

夏の花火

箱根から戻ると早速訪問看護師より電話が、、。普段往診している方の具合が悪いらしい。早速クリニックにより往診する。さほど具合が悪くないので簡単な処置だけして薬を処方する。ついでにクリニックに留守中届いた手紙やFAXなどなど整理する(多くが病院からの情報提供やら返信やら)。留守中、かかりつけの患者さんに何もなかったようでまずは一安心。

Yahatahanabi20071 Yahatahanabi20072 夏には花火が各地であります。いろいろな思いではありますが、毎年終戦記念日にある八幡山の花火が今日ありました。クリニックの周囲の皆様も数多く参加している地元八幡のお祭りです。

今日は自宅の部屋から観賞。あまり派手ではなく、花火の打ち上げ数もショボイですが静岡市内のど真ん中に咲く花火は、ドーン、ドーンという音とともに何か夏の終わりを告げるような少し寂しい感じもします。

夏休みも終わると、また慌しい毎日がやってきます。この休み中、食べて飲んでしてましたので体重が3kg近く増えていました。イヤー恐ろしい!まーまた普段の生活に戻ればあっという間に減るのでしょうけれど、、。とにかく夏休みは仕事から完全に頭も身も切り離して、リフレッシュし充実した夏休みを過ごすことができた。とにかく休み明けからは全力で患者さんのために仕事をしたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

箱根小涌園

夏休み後半は家族と箱根の小涌園へ。目当ては隣接するプール、温泉施設のユネッサン

娘が楽しみにしていたがユネッサンではあるが人、人、人、、、。どのプールも芋洗い状態。さすがの娘も閉口。温泉にもラーメン風呂、コヒー風呂、ワイン風呂など色んな種類があるのだけど、どれも人が一杯。ラーメン風呂はなんとなく不潔っぽくて入らなかった(いろんな人の出汁がタップリ入っているようで、、、)。多分二度と行きません。

Kowakien 結局ホテルの周りを散歩したり、芦ノ湖へドライブに行ったり、ホテルの大浴場に行くぐらいでのんびりとマッタリと過ごし、箱根の緑にゆっくり癒されました。

そういえばホテルに自民党幹事長の中川秀直氏がご家族とプライベートで来ていました。こんなハイシーズンの大衆ホテルに何故??これも参院選の影響でしょうか?それとも意外と庶民的な方なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

人生の教訓

休み中は九州の実家に帰る新幹線の中やその他の時間にいろいろな本や雑誌を読んだ。快適に過ごすため、幸せを感じるために何かよいネタはないかを探すために人は本を読むのだけれど、意外に期待した本を読むとがっかりしたり、大した意味もないものに惑わされることは少なくない。

その中で一番印象に残ったものは雑誌ローリングストーン誌日本語版8月号付録のキースリチャーズのspecial interviewだった。

その中で”自分より若い世代に受け継がせたいと思う人生の教訓はありますか?”との問いにキースは明快に答えている。

楽しく思えないことは、絶対にしないこと。

自分のことも許してくれるような友達を持つこと。つまり他人と一緒にいることを楽しめるかどうかってこと。

それさえ手にできれば、全てを手に入れたも同然。残りはオマケみたいなもの!。

いろいろと大人になるとごちゃごちゃと自分の行動に理由をつけないと気がすまなくなり、かえって自分が見えなくなってしまうものだけれど、この明快な教訓は僕にとって本当にわかりやすくシンプルで座右の銘になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

Ocean Pacific Peace

単身、九州から静岡に夕方戻る。新幹線の中ではさほど眠れず寝不足のまま、その夜は静岡の商店街の夏祭りに家族と街へ。

静岡放送ラジオのライブステージで、今ブレイク中のお笑い芸人、小島よしお(僕も娘も大好き)のライブを見る。

そんなの関係ねー そんなの関係ねー そんなの関係ねー”

”オッパッピー

このオッパッピーという奇妙な言葉、一説ではOcean Pacific Peaceのことを言っているらしい!?。もし本当ならなんと哲学的なことだろうと思ってしまう。

日常生活でくだらないことで悩むことは多い。世界平和からしてみれば本当にゴミみたいなことだと思う。そんなしょうもないことはオッパッピーで笑い飛ばすのはまっとうだとふとまじめに考えると、更に笑ってしまう。

長崎、広島に原爆が落とされて60年。これから先日本が、世界が平和でありますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

2007同窓会

2007reunion2 中学の同窓会総会が小倉ステーションホテルでありました。僕らは幹事学年のため午後1時には会場に入り、夕方までに本番のリハーサルや打ち合わせやら。参加人数500人。僕らの学年は150人と記録的な参加になり、今まで卒業以来合うことが出来なかった多くの友と会うことができた。

時間が経過し、それぞれ歩む道は違っても、それぞれにいろんな人生を経験しても昔交わした言葉や出来事が昨日のようによみがえる。中学の時の友情が一番自分の人格形成に影響していたのかなーと実感する。

2007reunion3 2007reunion4

1次会は僕らはホスト、ホステスに専念していたため、2次会は同じホテルの別の会場で総勢150名で行われた。恩師も参加し話しに花が咲く。これまでに3人の物故者がいて彼らのために黙祷を捧げた。

僕は君達を忘れない。そしてこれからも僕は皆のことは忘れないだろう。

単なる友情を超えた、お互いに相手のことを忘れずに記憶にとどめてくれるという信頼感は代え難い。

3次会は12時を回ったけれど場所を小倉の街中に移して開催。なんとそれでも100名以上の参加。皆帰る気配がない。

2007reunion7 盛り上がりは収まることがなく4次会が午前2時を過ぎてからまた別の場所で。この時間にこの人数は尋常じゃない。 多くが県外から帰省ついでの始めての参加なのだけれど、久々 の再開にテンションは下がらない。

左の写真は午前3時を軽く超えているときの模様。

さすがに4時半近くになってお開きになったけれど。まだ次にいくというツワモノもいた。

2007reunion8

結局タクシーで家に着いたのが5時半頃。空の朝焼けがきれい。

住む場所も仕事も皆違うけれど、また会おうぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

日本の夏

太陽はガンガンに照り付けて暑い。朝、静岡をでると新幹線であっという間に昼過ぎには小倉へ。久しぶりの九州の空気。日差しは変わらないけれど空の青さが違うような?

お墓参りをして実家へ。夏の午後で暑いためなのか?通りを歩いている人はいなくて静か。蝉の声だけが響いている。何だか忘れていた感覚。古くからある石積みや家屋に影が差している。何だか胸がキュンとしてしまう。

夜は風があって幾分涼しい。積もる話をしながら親父とお酒を結構飲んでしまった。

日本の夏ですなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

やっと一息?

今日の診療が終われば夏休み。2日前からの予約で来院されていない方にも全員電話したけれど、それでも数人は来ない人たちが、、、。電話が通じない人や電話番号そのものが使えない人などもいる。薬なくなって困ってしまわないだろか?きちんと薬飲んでいないから余っているのでいいのだろうか?普段から無頓着な人だからなくてもいいのだろうか?1ヶ月前から夏休みは告知して、直前にも何度も念を押しているのだけれど、、、。

開業医は院長の裁量で自分が好きなときに好きなだけ休みが取れていいよね!と勤務医に言われるけれど、クリニックを休むには相当な苦労と勇気が要ります。当院を頼りにしてくれている人がいると思うと社会的な責任も感じてしまいます。

連絡した数人は本日受診して戴き、また今日予約の人たちは全員受診してもらいほっと一息。連絡がつかない人たちを気にしていると、スタッフから”やるだけのことをこちらはしているので、これから先は本人次第なので、先生は悪くないし、しょうがないですよ~”と慰められる。

まー忙しく毎日働いてくれるスタッフ達への感謝の気持ちも込めて休むときは休むよ!という方針は変えるつもりもない。当院のスタッフは皆素晴らしい!

診療終了直前に、状態が急変し受診した患者さんが来院。何でこんなときに!?と思うけれど、とても家で様子を見れる状態ではないので、救急車で何とか病院に無事入院させる。休みを前に目の前にある全ての雑務も終わらせて充実感を感じ、皆が帰った後のクリニックの電気を消して、戸締りをして帰途につこうと車に乗ると、ある患者さんの家族から携帯へ電話が、、、。

何で今頃になって?!!!!! 昼に連絡してくれればいいものを。

爆発しそうになる感情を抑えて   ”では今から往診に行きます、、、。”

往診すると、89歳の患者さんは1週間前から殆ど食べることが出来なくてかなりの脱水状態。もっと早く連絡してくれればいいものを、奥様も高齢で本人が病院にはまだいかない!という言葉を律儀に守っていたが、耐え切れずに心配になり僕に電話してきたとのこと。救急車を呼んで入院させるにもアレンジが必要。一度クリニックに戻り紹介状を書いて本日の救急当番病院へ電話し了解を得る。患者さん宅に電話を入れ、救急車を手配する。精神的にも疲れるけれども、よく我慢して頑張ったと自分を褒めて再度帰ろうとすると、再度電話が、、、。

救急病院の当直医師から。

なんでこの時間まで放置して、この時間に紹介なのか?”とのこと。

ごもっともな怒りの感情。先生の気持ちよ~く解ります。僕だって同じです。事情を話すと僕が往診までして状態を判断したことを理解していただき、”それならお受けいたします”とのご返事にほっとする。

夜9時過ぎに、帰りの車の中で”それなら?”でなかったらどうなっていたのだろうと考えてしまう。

ほっと一息をつきながら長い1日が終わった。入院した患者さんは元気になってくれるといいのだけれど、、、。やりがいも感じるけれど、精神的にとても疲れる。

明日から本当に僕の夏休みははじまるのだろうか?

夏休み前半は10日に北九州に帰って、11日の中学の同窓会総会に出席する予定。僕らの学年が幹事学年なので、僕も含めて多くの同級生が参加する。僕も卒業以来始めての参加なので28年ぶりに多くの同級生に再会するのが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

未熟もんですわー

午前中の外来数が60人くらいだと普通であるが70人になるとかなりきつくなる。休みがないのは勿論だけれど、1時間も待って3分診療では申し訳ない。なるべく短い時間で患者さんになるべく満足感を持って欲しいと思う。ある人はそれが雑談だったり、検査だったり、病状の説明だったり、または話はいいから1秒でも早く薬が欲しいという人だったり、、。多種多様の個性と要望にこたえつつ、自分のスタイルを保つのは大変である。随分と短気な自分も我慢強くなったものだと思うけれど、それでもイライラしてしまうことがある。

本日も午前の診療が終わっても放心するくらい疲れたけれど、ある一人の我儘な患者さんに冷たく当たってしまった。余裕がなかったからなのだけれど、もう少し優しく出来なかったのか?と後になって自己嫌悪してしまう。日々の診療では、いろいろなことが日々勉強と反省の繰り返しである。まだまだ自分は、未熟者である。

明日の診療が終われば当院は1週間の夏休みになる。休み前の1日、僕自身も患者さん達も幸せを共有できる仕事が出来るように頑張ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

positive vibration

夏といえばハワイアンやレゲエが定番ですが、、、。NHK BS2で夜、ボブ.マーレーのライブを深夜放送していました。曲はよく知っていたつもりですがライブを見たことはなかったので改めて彼の生の姿、当時のインパクトの凄さに改めてびっくりしてしまった。

81年に彼が脳腫瘍で亡くなった時、高校生だった僕は70年代後半から流行っていたレゲエを、ただキースリチャーズが好きという理由だけで、えらそうによく聴いていました。特にボブの追悼アルバムは好きで小倉から松山に向かう深夜の関西汽船の上でよく聴いていました。

時代を切り開くというか、それだけのことを成し遂げた人というのはやはり凄いものです。歌う表情、生の声、リズムにあわせて踊る痩せた体。ジャマイカン独特の訛りのある英語が単純な歌詞のメッセージ性を強調するけれどライブではより一層際立っている。バックバンドのウエイラーズもあまり個々のことはあまり知らなかったけれど、いやー皆レベルが高いしやはりグルーブ感が凄い!

ゆる~い感じだけど、熱い!!という感じでしょうか?少し憧れてしまう。

彼は歌っています。   positive vibration!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

夏祭り

今日は午前中はクリニックでレセプトのチェックを行い、昼は、ここ数ヶ月の悩ましい画像をもって県立病院放射線科N先生のところへ行き、ダブルチェックを受ける。専門家にいろいろと教えてもらうと勉強にもなるし、自分の判断が間違っていなければ自信にもなる。休診日も仕事、仕事。まじめすぎる自分に少し呆れる気もするけれど、、。

Thebiggestbang Futugounasinnjitu 今日、以前アマゾンで注文したDVD、不都合な真実と ストーンズのライブDVD”The Biggest Bang”が届く。早速不都合な真実を観る。

最近の日本の気象など、皆が普通に今までにはなかった環境の変化を自覚しているだけに改めて地球温暖化のすさまじいスピードに驚かされる。日本も元来の四季が失われて亜熱帯の気候になるんじゃないだろうかと思ってしまう。

ゴアさんがかっこよすぎる!ある意味彼のプロモーションDVDみたいだけれど、頭もよくて、人をひきつける言葉とスマートさを持っている。日本にもこういう政治家がいるといいのだけれど、、、。

Ekinannmaturi 夜は家族と家のすぐそばの駅南銀座商店街の夏祭りへ。小さなお祭りだけれど、人通りは多く、大人も子供も、皆お祭りが好きなんだなーと思う。嫌なニュースが多いけれど、こういう陽気な明るい社会だと毎日が楽しいのにと思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

暑い夏到来!

暑い!暑い!いよいよ8月にはいる。月が変わるといよいよ夏を実感する。気持ちも新たに清々しい気分。早いものでもうすくお盆。後一週間で当院も夏休みである。

夏になっても当院は患者さんが多く贅沢な悩みなのだけれど、その分忙しくて、とにかく時間がない。かなり肉体も、精神も疲れ気味。

Potejji 昨日はS君、Y君とともに暑さを乗り切るパワーをつけに韓国家庭料理の店”豚福”(ポックテジ”へ。庶民的なお店だけれど本格的な韓国料理で美味しい。よくエスパルスの選手達も来るようで人気があるのもわかる気がする。

とにかく夏ばてしないように頑張らないと、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »