« 小学生のように! | トップページ | 御宿かわせみ »

2007年7月12日 (木)

現場の目

昨日は仲のよいG先生と久々に飲みに行く。仕事が遅くまでかかってしまい随分と遅刻して沙々亭へ。仕事で疲れているはずだけれどいろんな話で盛り上がる。G先生が下駄を履いているので聞いてみると、夏は下駄を愛用しているとのこと。そういえばクリニックスタッフの女の子も最近二人が下駄を履いてきてたので、流行なのかも?G先生によればオーダーメードで作ったとのこと。いろいろとこだわりがあるようで、下駄についていろいろと教えてもらった。下駄を履くとゆっくりしか歩けないので気持ちがゆっくりと落ち着くとのこと。今度僕も作ろうかな?カランコロンと音をたてて歩くのは風情があっていいかも。その他、夜遅くまでブログではとても書けないような下品な話で久々に涙が出るほど大笑いしてしまった、、。不健康かもしれないけれどストレス発散になった。

今日は午前中、大学へ。先日ある知人から病気のことで相談を受けていたのでその病気の手術を頼むとしたら誰がよいのか、いろいろと情報を集める。

ある大学関係者に”○○科の先生の中で○○の病気の専門の先生は誰がいい?”と質問すると、その分野の専門家であるA先生を推薦された。

今度は手術室のナースに”○○科のA先生は手術どう?こう言う病気なんだけど”と聞くと、”それならA先生よりB先生のほうがお勧めです”と即答される。

現場でいろんな外科医の数多くの手術を見ているナースの答えには説得力がある。

こういう情報はどんなものにも代え難いものだけれど、自分もいろんなところで評価されているのかなー?と思ってしまう。

そういえば手術室のナースで腰椎椎間板ヘルニアを患っているナースがいて相談を受ける。”すぐに手術はしなくていいけれど治らないようなら手術だねー。此処で手術するのが嫌ならどこか上手な先生紹介するよー”というと、手術するなら此処でしたいとのこと。これって僕にとっては名誉な事。僕も少しは評価されている?? う、う、うれしいです。

|

« 小学生のように! | トップページ | 御宿かわせみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現場の目:

« 小学生のように! | トップページ | 御宿かわせみ »