« Time waits for no one | トップページ | 男用靴下は何処で買う?? »

2007年6月27日 (水)

患者数の増加

クリニックの患者数には季節的要因というものがあって、インフルエンザや花粉症、風邪など季節的な要因で変動することがある。通常6月から8月はそのような因子がないために外来は結構少なくなってしまう。閑古鳥が鳴くのは悲しいけれど、仕事が忙しすぎるのも嫌なものです。今週は比較的予約が少ないので、少しは余裕で診察することができるのかーと淡い期待を持っていましたが、見事に裏切られました。何でこんなに患者さんが来るの?と新患や予約外の患者さんが殺到しました。

何で?なのかさっぱり解りません。

異常気象か?地震の前触れか?とても不思議な感じです。

当院の評判がよいから来てくれる?のなら本当にうれしいのですが、今までは少しづつ地道に増えてきたペースからして、何故今日、この日に、しかも一度に殺到するのかが理解できません。

僕自身の戸惑う気持ちと、忙しそうに飛び回るスタッフ達に申し訳ない気持ち。

患者数の増加は経営上はよいのかもしれませんが、僕自身の診療の質が保たれるかはまだ未定です。なので本音はあまり急激に患者数が増えることは考え物です。

先日、83歳の半分寝たきりのかかりつけの方がいて、夜間急変し救急病院に入院になり、肝硬変による低蛋白血漿と診断され、アルブミンの点滴を行い2週間くらいで退院になり、再度僕の外来にやってきました。低アルブミン血漿による浮腫があるのはわかっていたけれど高齢で現在の在宅の様子から外来で利尿剤で様子をみていましたが、老人の状態は少しのことで急変することを改めて感じました。また同時に高齢者のクリティカルポイントを何処に決めるかという難しい問題があることも感じてしまいます。

入院中病院でおこなった内視鏡、エコー、CTなどのデータを病院の主治医が丁寧に送ってくださったので内容をみると、限られた外来の時間で患者さんから自分が得る情報との差を改めて思い知らされます。病院レベルとまでは行かないにしても、診療の質を何処まで自分であげられるか?まだまだ修行の日々は続きそうな感じです。

|

« Time waits for no one | トップページ | 男用靴下は何処で買う?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者数の増加:

« Time waits for no one | トップページ | 男用靴下は何処で買う?? »