« 大学病院での1日 | トップページ | Skull=スカル »

2007年4月24日 (火)

タフな彼女

高齢の腰も曲がって骨粗しょう症の患者さんがいる。89歳の女性で一人暮らしである。四肢の関節痛がひどく歩くのもやっとの状態だけれど定期的にクリニックに歩いてきてくれる。体は不自由だけれど凄く前向きの方で出来る範囲で自分で手足の体操を一生懸命している。その方の一番の心配事は一人暮らしなので動けなくなり誰かに迷惑かけることが嫌なのだという。

診察室でお話していて、世間では暗いニュースが多いし、少しの不幸を他人のせいにしたりする風潮があるけれど、自分はこんな体でも今の自分が幸せなのだという。若い世代は軟弱になったね~という話をしながら最後にこう言った。

もっと世の中が平和になったらいいね~。平和な世の中を見て、それを冥土の土産に死んでいくのが私の夢。

診察中に思わず胸が熱くなる感じがした。

こういう方の思いがもっともっと今の世の中に広がるといいな~。もっともっとステキな世の中になるといいな~!!そしてこの方のように自分もタフで前向きな人間になりたい。

患者さんから医師が学ぶことは多い。

|

« 大学病院での1日 | トップページ | Skull=スカル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タフな彼女:

« 大学病院での1日 | トップページ | Skull=スカル »