« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

大学時代の親友と

ゴールデンウイーク中であるが東京在住の大学時代の親友が、手術のために静岡の病院に出張で来たため久しぶりに会い、楽しく食事をすることができた。

Drkoga 大学時代から東京に一緒の志で上京した仲である。現在のお互いの仕事、立場は違うが4年ぶりでも、昨日あったかのように自然に感じ合える。

お互いにいろんな近況を話し合うと、友人から、シーさん(大学時代の僕の呼称)寂しそうだね~。と意外なことを指摘されてしまった。

確かに開業医は孤独です。医者は一人でスタッフの切り盛りをしながら、診療のこと、その他諸々のことを一人でやらなければならない。彼から見れば孤軍奮闘している僕がそうゆう風に見えるんだー?と思ったけれど、過去の自分をよく知っている彼だけに、何か含蓄がある言葉に感じてしまった。

俺って寂しいのかー??

日々、寂しいとは思わないけれど、たまには旧知の友人と話し合うと何か忘れていた自分を教えてもらいようで勇気が湧いてくる思いがした。時々静岡に来るようなので、これからはよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

救急当番日

ゴールデンウイークのはじまりだけれど、今日は市の救急当番の日。朝8時から夕方7時まで当院は休日診療を行う日である。

天気が良いのと、連休始まりなのであまり患者さんも多くはないけれど、やはり風邪や急な腹痛などの患者さんが多い。比較的マッタリとした時間が多かったけれど、救急で来る患者さんは一人一人丁寧に診察する。普段見慣れた患者さんがいない分、余計にその後のことが気になってしまう。皆さんよくなっているかなー?

スタッフの皆さん、休み返上で仕事してくれてありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

慰労会

Lumond 久しぶりに仕事の後にスタッフ達と食事会へ。皆の肉が食べたい!とのリクエストもあり老舗レストランのルモンドふじがや へ

以前は月に1回はみんなで食事会をしよう!をモットーにしていたが、忙しくプライベートを優先させたいスタッフもいるので月1回は無理で暫く食事会もしていなかった。忘年会以降新年会もお花見もできず、少し疲れが溜まっているので久しぶりに慰労会をすることにした。

仕事が終わっても一人もくもくと残務整理するのが日常なので、仕事後にみんなで食事できるのは楽しい。いろいろと仕事の話抜きに、スタッフ間の親睦が深められるのはいいことだと思う。皆もこれからもわがままな院長ですが、お付き合いお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

Skull=スカル

パイレーツカリビアンの影響か?巷にやたらとSkull=スカル(がい骨)が溢れている。T シャツなどもドクロのデザインものが多いように思う。少し前にキムタクがスカルリングをして話題になりファッションアイテムとして当たり前として受け止められているが、もともとスカルリングは78年に我が愛すべきKeith Richardsがし始め、現在ではスカルリングはキース・リングとも呼ばれている。

”死んでしまえばどんな人間もただのSkull”とKeith自身が悟ってから使い始めたといわれている。

僕の診察室に2つのSkullがある。

Skull1 1つはクリニックオープンのときに友人からお祝いに頂いた模造品で、主に患者さんへの説明用(あまり使っていないけれど、、)

もう一つは、まだ脳外科医になって数年の頃、ニューヨークに行ったとき購入した本物の人骨のSkull。手術のシュミレーションをするには細かい部分は模造品では到底再現できていないことが多いので先輩の医師から1個ぐらいは本物を持っていないと駄目だといわれた。日本ではかなり高額で買えなかったがアメリカでは街中に医学生用に普通に安く売っていた。宗教観の違いか、アメリカでは日本と違い解剖用の死体がたくさんある。今では標本以外にも人骨は冷凍保存され、移植骨として再生医療に使用されている。

Skull2jamesこの頭蓋骨を買う際、幾つもあるものから選んだが、人種の違いか日本人の頭に比べるとやたらとデカイのが多くて、最も適当な大きさ(多分、子供)のこれを選んだ。名前はJames 。 購入したとき側頭骨に名前が書いてあった。帰りの空港でX線で引っかからないか心配だったが店主はわざわざ医学用の正規品の証明書まで付けてくれた。

このJames君は僕の手術シュミレーション用として長いこと僕の手術に役立ってくれた。右前頭骨やその他の部分はドリルで削ってある。つい最近落としてしまい上顎骨を複雑骨折してしまいかなり朽ちてそろそろ実用できなくなってきているが、今でも診察室の片隅にいる。

”死んでしまえばどんな人間もただのSkull”というのも妙に納得できるなーと改めて思う今日この頃である。ぼくもキース・リングしようかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

タフな彼女

高齢の腰も曲がって骨粗しょう症の患者さんがいる。89歳の女性で一人暮らしである。四肢の関節痛がひどく歩くのもやっとの状態だけれど定期的にクリニックに歩いてきてくれる。体は不自由だけれど凄く前向きの方で出来る範囲で自分で手足の体操を一生懸命している。その方の一番の心配事は一人暮らしなので動けなくなり誰かに迷惑かけることが嫌なのだという。

診察室でお話していて、世間では暗いニュースが多いし、少しの不幸を他人のせいにしたりする風潮があるけれど、自分はこんな体でも今の自分が幸せなのだという。若い世代は軟弱になったね~という話をしながら最後にこう言った。

もっと世の中が平和になったらいいね~。平和な世の中を見て、それを冥土の土産に死んでいくのが私の夢。

診察中に思わず胸が熱くなる感じがした。

こういう方の思いがもっともっと今の世の中に広がるといいな~。もっともっとステキな世の中になるといいな~!!そしてこの方のように自分もタフで前向きな人間になりたい。

患者さんから医師が学ぶことは多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

大学病院での1日

大学病院で手術の日。しばらく木曜日は毎週は手術予約がびっしり。

地域での医療格差、病院格差がいろいろといわれている。東京は地方に比べ、圧倒的に恵まれていると思うけれど、脳神経外科に関しては東京女子医大はダントツである。昨年度の年間手術症例は900例を超え、脳腫瘍だけでも300例以上で日本一だった。堀 智勝 教授の手術に賭ける情熱と技術とリーダシップで此処まで来たと思う。

最近は神の手?福島先生の日本の拠点?として紹介されている東京クリニックから来る患者さんが多い。現在東京クリニックで水曜日には後輩の佐々木先生が脊髄外科外来を担当しているとのこと。

4月に入り、新しく入局した若い先生達が何人かいて新鮮な感じ。人事移動もいくつかあり久しぶりに帰局したDr達と久しぶりに話す。手術室では手術は主に佐々木先生に任せて、主に研修医や学生達に病気の説明、手術の概要など講義する。

いつも自分のクリニックで自分ひとりで孤軍奮闘しているとどうしても自分だけの世界に浸ってストレスも感じるけれど、大学での全く違う仕事は、良い刺激になって自分にとって良い活力になる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

忘れられている美徳

夕方の地方のニュースで、久しぶりに気持ちの良いニュースをみた。

静岡中心街にある耐震偽装が発覚したビジネスホテルが取り壊され新しいテナントビルとして生まれ変わった。

ビルのオーナーがインタビューに答えて”人生で最悪な時間を過ごしてきたけれど、何とか頑張ってココまでたどり着けました”と答えていた。

Ieyasu 新しいビルの壁には徳川家康の遺訓が彫ってある。”己を責めて、人を責めるな 及ばざるは過ぎたるよりまされり”と書いてある。

このオーナー、被害者であるにもかかわらず、不平不満、泣き言は言わず、何とか借金して建て直しをしたそうだ。

”公的な援助は一切受けずに自力で再建しようとしている姿を見ると、応援したくなりますね”とアナウンサーが話していた。

最近嫌なニュースが多い。社会全体が甘えの社会で、人間の美徳だとか、当たり前のことが当たり前でなくなっているように感じて嫌な感じがしていたので、些細なことではあるけれど、このポジテチィブなニュースを聞いてうれしくなった。

夜雨で冬のような天気の中、久しぶりにT君と、おでんを食べに行く。毎度くだらない話で盛り上がり、ストレス発散??

彼は大学時代栄養学を専攻していたようで、うつ病について、栄養学的観点から幾つかのエビデンスを教えてもらった。なるべく一人で食事をしないで家族や他の人と必ず一緒に食事をすることが、うつ病発生率を極端に下げるそうだ。たまにはいいこと言うジャン!

当院にくる患者さんの息子さんが家具デザイナーらしく、彼がデザインした家具(マツミヤ家具)がTVドラマ”孤独な賭け”の伊藤英明さんの部屋(AVラック)、”冗談じゃない”織田裕二さんの部屋(机、チェストなど)で使われるようです。患者さんから宣伝してくださいと頼まれたので興味のある方は見てみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

広い視野で

3日坊主にならないようにまじめにスポーツクラブに行って来た。結構患者さんも来ていて意外と皆まじめに運動しているのだなと感心したり、意外と皆中年以降の人たちの健康管理、運動に関心が高いのだなーと思った。

スポーツクラブで見た患者さん達を見ると、クリニックでは見えない部分を感じた。限られた診察時間では患者さんの本当の1面しか見ることが出来ない。僕が患者さんに持っている印象などは本当に限られた情報でしかないのだ。忙しさにかまけて、ナーナーで診察を済ませるのではなく、例え忙しくても一人一人、出来るだけ相手の気持ちになって接していたいと思った。

先日介護保険審査会である市中病院の脳外科の先生とお話する機会があった。優秀でまじめな先生であるが、ある患者さんの症例について話しているとこんなにも自分と考え方が違うのかとびっくりしてしまった。

症例 70歳代、大腿骨骨折後、老人性うつ病。

寝たきりで介護が必要でその介護度について論議をするのであるが、彼いわく、

”大腿骨骨折後の治療がいい加減だったから老人性うつになり、最終的に寝たきりになった。最初の治療が正しければこの患者さんは寝たきりにはならなかったのに、、、。医療費の無駄だ、、、。”

まー間違ってはいない。確かにそうだと思う。  でも、、、、、それを論議して何になるのか?

現実的には誰も寝たきりになろうと思っていないし、家族も寝たきりにさせたいとは思わない。医師でもそうである。いろんな要素があって要因は様々だと思う。

同じ医師であっても立ち位置が違うだけでこれほど考え方にちがいがあるのか?

僕は開業医でありながら大学病院の非常勤もしているので常に施設の規模によって、外来患者さんにはかなりのバイアスがかかっていることを良く知っている。

例えば同じ腰椎椎間板ヘルニアでもクリニックで診断して手術の話をすると100%拒否される。大学病院ではそこに来る前にいろいろと診察や治療経過についてバイアスがかかっているので、逆に手術の話をすると逆に期待されることが多い。

いろいろと難しいー。

広い視野で柔軟に対応できる医師になりたいなー。

Tedshreds1 Tedshreds2 夜はココナッツの香りでハワイの気分が味わえるTed Shred'sのsurf wax candleに火をつけて、アロマでリラックス。

悩んで解決することでもなし、自分は自分で楽しく仕事したいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

スポーツデイ

日曜日の朝はパジャマでまったり無駄に過ごすことが多かったけれど、今日は日頃を反省して朝からスポーツクラブに行きました。

入会してから実は2回目、、、。完全な幽霊会員。

日曜日の朝なら人が少ないだろうと思ってましたが意外と熱心な方が多い。最初なのでトレーナーの方に付いて戴きいろいろとメニューをこなしました。7回のビルの窓から外の街を見ながらのフィットネスは意外と気持ちいい。

普段まともな運動をしていなかったけれど、いざやり始めると意外と動ける体に我ながらびっくり。外科医は体力とは言うけれど、まだまだ基礎体力は衰えてはいなかった??

運動の後疲れがどっと出るのか?と思いきや、意外と体が軽くなったような感じで調子いい。気持ちのいい汗をかくと、変なストレスも発散できることを実感。これからもサボらず定期的に続けていこうと決心する。

午後は日本平にエスパルスを観戦に行く。大分相手に2-0の勝利。勝った試合は気持ちいい。今日はスポーツ三昧の1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

いい湯だな~!

Sunpuyumehiroba1 駿河湾を望む高台にできた”すんぷ夢ひろば”に行ってきた。

家から車で20分くらいのと頃だけれど出来てまだ間もないこともあり中々行く機会がなかった。オープン当初は人が多そうだったので遠慮していたけれど、結構ここの建築に携わった患者さんからお話を聞いていたので行ってみることにした。

平日のせいか人も少なくてのんびりした感じ。(こんなんで採算とれるの~?)

Surugawan 天気もよくて駿河湾の向こうには伊豆半島もよく見える。

温泉のお風呂がたくさんあるけれど、今回露天風呂つきの畳の個室を午前11時から午後4時半まで当日に取ってのんびり過ごすことにした。(使用料8000円)

部屋の露天風呂に入るもよし、大浴場でいろんなお風呂に入るのもよし。部屋をキープしておくと何だが旅館に泊まりにきているような錯覚でプチ贅沢な気分が味わえる。結構使えるかも!

Sunpuyumehiroba2 Sunpuyumehoroba3 静岡に遊びに来た友人達を招いて、昼から温泉に入って個室で酒を飲むのもいいかも。

平日の昼間をマッタリと堪能した1日。

誰か遊びにこないかなー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

余裕?

Sakura2007p2 春の陽気かと思えば寒ーい北風が吹いている。2階のバルコニーからも少し桜がみえます。

今日は久しぶりに午前中患者さんが少なくてのんびり。

いつも忙しさに押しつぶされそうな感じだけれど、普段より10人少ないだけでも、余裕が生まれる。知らないうちに多くの人数になれてしまっているのか?この僅かな気持ちの余裕の違いはどうしてだろう。

たまには余裕を持って一人一人の患者さんを診察できるといいなー。

現在の外来患者数はピーク?なのだろうか?なんてことを考えながら、まだまだ贅沢なことは言ってられないと自分を叱咤する。

新しく超音波診断装置を導入したけれど、まだまだ使えこなせていない。早く新しい機械に慣れて診療の質を向上させれたらいいナー!

って誰がエコーするの?   ”僕です”

何時勉強するの?  ”、、、、、、!”

余裕ね~、、、、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

不都合な真実

昨夜は知人達が6名静岡に同窓会?ゴルフのためにやってきた。僕はゴルフはやらない代わりに、夜飲みに行き接待する。皆、それぞれ日本全国様々な場所で活躍中であるが久しぶりに集まり楽しい夜を過ごすことが出来た。土曜日の夜は寒くて夜中は大雨が降っていた。

兵庫尼崎の方、新潟の方からそれぞれ阪神大震災、新潟中越地震の体験談を聞く。TVや新聞でいろんなことを知っているつもりでも、やはり体験談を聞くと違うものを感じる。

情報が溢れているようで実はTVなどのマスメディアの情報に頼りすぎているんだなーと思う。恐らくいろんなリアルな情報は手に入れられるようになってきていると思うけれど、それでも多くの情報の中から、どの情報を選んでよいのか?便利なようで実は却って困難になっていると思う。

Sakuramturi2007sunnpujyo 一夜明けて今日は快晴。今日まで静岡では静岡まつりが行われていて、街には人、人、人、、、、。徳川家康のお花見行列にちなんだお祭りではあるが、九州男児の僕としては何か物足りない?!この暑さと人の多さに結構疲れてしまう。4月に入ったところで気分一新!気温も暑いので髪をショートにカットする。

Sakuramaturi2007 静岡では29度まで気温が上がる。清水では30度を記録したとか?まだ4月1日なのに!   

欧米か!  嫌  亜熱帯か!

ここのところの気象は異常である。夜になるとまた涼しくなり風が強く、雨も降ってきた。

気温の変化が激しくて、最近風邪の患者さんも多い。未だにインフルエンザになる人もいる。くれぐれも皆様、お体には気をつけて!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »