« これ以上、患者さんが来ると大変なので、、 | トップページ | バス釣り »

2007年2月26日 (月)

太陽のような存在

いつもの日々に、悶々として。どうあるべきか、どういしたいのか?自問自答することが多い。

漠然とした不安?、、、。今の仕事や生活に不満なわけではなく、十分に満たされているはずなのに、何が不安なの?と聞かれたら答えに困るのだけれど、、、。

こういうことは、誰でもあるのではないだろうか?

当院に来る高齢の患者さんにも、何もすることがなくて欝状態になっている方が多い。いろいろな症例を診て来た経験から、そういう方はまじめな方が多くて、ついつい物事を考え過ぎてしまう傾向があると思う。

人間は思考を止めることが出来ない存在である。

人間、暇になるとついつい贅沢にも余計なことを考えてしまう。そしてそういう時は楽しい事はすぐにネタが尽きるもので、ネタが尽きない悪いことが次から次へ頭をよぎるものである。

僕自身も、患者さんには何を考えても時間は過ぎていくのだから、あまりつまらないことでクヨクヨ悩むより楽しい事を考えましょうよ!と励ましてはいるものの、日々くだらない小さなことでイライラしたり、落ち込んだりすることも多い。

客観的にみてそういう自分も嫌なので、だからどうあるべきか日々自問自答している自分に気づいてしまった。

そんな途方もないことに対する答えを見つけられずにいたけれど、僕にとってそれに対する漠然とした回答を見つけてしまった。

太陽のような存在になりたい

いろんな暗いニュースや、嫌な世相や、世俗的な現在社会の日常に存在する様々な邪気を、吹き飛ばすような存在になりたい。

大げさなことではなく、僕のまわり、僕に触れ合う事のある人を、家庭の中で、職場の中で、周りを明るく照らし、勇気を与え、暖かい気持ちにさせる強い人間でありたいと思う。

仕事が終わった後に、新しく当院担当になった某製薬会社の新人MRのS君と”すしやの佳賢”へ。まだ社会人なりたての23歳。こんなオジサンと飲んで楽しかったのだろうか?

Senba お酒を飲みながら彼の恋愛相談を受ける。

まー悩みも若さゆえ、それも楽しいのかな?うらやましい限り。

でも若いっていいよなーとつくづく思う。無限の可能性があるのだから、、。仕事も恋愛も頑張ってください。楽しいひと時をありがとう。こんなオジサンでよければ、また飲みに行きましょう。

|

« これ以上、患者さんが来ると大変なので、、 | トップページ | バス釣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽のような存在:

« これ以上、患者さんが来ると大変なので、、 | トップページ | バス釣り »