« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月28日 (火)

モチベーション

毎日忙しい診療に追われて久々の更新。八幡山の紅葉も徐々に深まってきています。

Kouyou2006 Kouyou22062 風邪の患者さんが増えてきたので毎日100人を越す患者さんを見ないといけない。あまりの忙しさに仕事に対するモチベーションも下がり気味。いかんですなー。と自分を戒める日々。

仕事が忙しくなるたびに、嘆きつつ、それに慣れて、乗り越えて、よりたくましくなった自分を実感できる充実感はある。9月から放射線科技師が産休に入り、代わりの求人を試みるもなかなか良い人材にめぐり合えず、結局自分で全てカバーする決意して、何だかんだで今までやって来れたことは凄いことだと自分でも思う。

今の忙しさに何とか耐えられるのも、今までの積み重ねがあったからだと思うし、それに応えてくれているスタッフにも感謝したい。1日に終わりに、”自分は医者の中でも働いているほうだよなー”と思えるし自負もある。

とはいえ、正直、最近は”きついなー、嫌だなー”と思ってしまう。

モチベーション低下の原因を冷静に考えると、仕事が嫌なのではない。仕事を楽しくしたいだけだと気づく。余裕がない自分が嫌なだけなのかもしれない。

毎日多くの人と話し触れ合うことが僕の仕事である。不機嫌な人、無愛想な人、身勝手な人、うつ状態の人、理不尽な人、認知症の人、、、、。相手がめまぐるしく変わって、それによって自分まで不愉快な気持ちになることも時々ある。医者は患者を選べない。でもそれが自分の仕事であるし、日々修行である。

そのモチベーションを支えるものは、まさしく家族愛の精神である。どんな患者さんも自分の家族だと思って接すること。

明日からも毎日頑張るぞー!!!!

Dabi2006 Dabi20062 先日の日曜、静岡エコパスタジアムでの清水エスパルスとジュビロ磐田の静岡ダービーに行ってきた。圧倒的に責めるも我がエスパルスは惜しくも1-0で負けてしまった。

今朝クリニックにつくと1通のFAXが来ていた。長谷川健太監督のお母様が亡くなられたとのこと。明日の御通夜には出れないのでクリニックからは生花を届けることにした。心からご冥福をお祈りいたします。悲しみに浸られていると思うけれど、健太頑張れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

午前中のmiracle time

Nouge1 診察室には壁の上部に小さな窓がある。冬場の季節だけ午前中の一定の時間だけそこからやさしい日差しがさしてくる。

窓側の外には隣の家が建っているのでもともと採光はあまり期待していなかったのだが、冬場の季節だけは丁度良い感じで太陽の光が届くようになっている。設計していただいたI設計士はそこまで計算したのか?と思ったが、偶然なんだろうか?

光は空から僕の右肩あたり、診察机、電子カルテ、患者さんに優しく包んでくれる。

Noue2 Nouge3 Nouge4

心地の良い時間であるが、太陽の軌道によってその時間は限られてしまう。

今日は9:20~10:00くらいが様々な偶然が重なってステキな空間に診察室が変わるmiracle time

マッタリした時間に見えるが今日は激忙しかった。午前が終わったのが12時半。13時から14時まで往診2件。14時からインフルエンザの予防接種を開始して、終わったのが18時半。それから在宅医療の会合に出席し、帰宅後も24時まで自宅で電子カルテの整理。

夜大学後輩のS先生から青山のアライさんのお店から、楽しそうな声で携帯に電話が、、。

”今皆で美味しいワイン飲んでま~す。今日先生が来れなくて残念です。それから、先生明日の手術朝1から始まりますからよろしくお願いしま~す” 

、、、、、、、、、。

早く寝ないと、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

All things must pass

今日92歳になる患者さんから、凄い話を聞いた。

終戦時、特攻隊の生き残りとして帰還した旦那さんは酒乱だったらしい。ある日、膝に6歳になる長男を抱っこしたまま酒を飲んで酔っ払い、その長男を殴って死なせたらしい。その後旦那さんは43歳で脳卒中で亡くなり、以降その患者さんは女手一つで他の3人の子供を育てらしい。

最近昔の自分の日記を見つけ、読むのが楽しみで、その当時を振り返って外来で僕に教えてくれた。そのときの不満や、怒りや、悲しみを超越して淡々と、むしろ慈しむようにその当時の話をしてくれた。とにかく終戦時は食べるものがなくて、姑、小姑にいじめながらなんとか食料を確保するのが大変だったと、さらりと懐かしむように笑って話してくれた。

その患者さんは、呆けているわけでもなく、明るく、凄く前向きなお婆さんだ。自分は100歳まで生きると明るく笑って冗談を言う。 多くの家族、孫、その子供に囲まれて幸せそうで、何で外来でそんなことを僕に言ったのかわからないけれど、、、凄いことだ!

ジョージハリスンのソロの名曲:all things must passは僕が高校の時、聴きまくった同名アルバムのタイトル曲で、好きで卒業文集の寄せ書きで僕が書いた言葉だが、どんなに辛いことでも、全てのものは、それは過ぎ去っていく。残されたものは、その先どう生きるか?が問題だと思う。

それにしても?その旦那さんは捕まらなかったのだろうか?ドサクサの時代で法的に裁かれることはなかったにしても家族や、近所の人から非難されなかったのだろうか?

あばあさんに聞いてみたかったが、黙って聞き入ってしまった。

凄すぎる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

僕の成分

秋が徐々に深まって空気が冷えてきた。富士山もきれいに見える。患者さんにも”今日は朝きれいなので富士山の写真撮りに行ってきた。”という方もいた。

この時期から冬場の午前中が僕は好きだ。太陽の位置が低く軌道するのでやさしい日の光が診察室に降り注ぐ。忙しいのだけれどなんとなくマッタリとした穏やかな気持ちになれる。

あるサイトで成分分析占いという面白いのもみつけた。僕の成分は、、、、

51%は苦労で出来ています
28%はペンキで出来ています
12%はナポリタンで出来ています
5%はマッサージ椅子で出来ています
3%は写真で出来ています
1%は4コマ漫画で出来ています

お遊びだけど、なんとなくわかるような、、、。皆さんもお試しあれ!http://aym.pekori.to/uranai/2006/03/seibun.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

休日当番日2

今日は朝8時から午後7時まで、静岡市の休日当番の日。風邪のシーズンになると100人以上が殺到するので大変。休みの日に働くのは正直やっぱり嫌だ。休日出勤させるスタッフにも申し訳ないし、出来ればしたくない。朝からマンネリ空気を換えるために普段の白衣ではなく、ブルーの手術着を着る。なんとなくこれだけで新鮮な気分になれるから不思議なもんだ。気分は救命救急の江口洋介?!そういえばスタッフの白衣も11月からピンクからブルーに変わったばかりだった。

実際の診療は現在まだ風邪が流行まではいたらず、結構暇な1日だった。おかげで10月分のレセプト提出の準備や、今まで溜まっていた書類の整理、机や棚の整理が出来てなんとなく得した気分。

モチベーションをいかに持続して、楽しい職場にしていけるか、現状に満足せずに細かいことから変化を取り入れることは必要だとつくづく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

静岡が熱い!

Akinoanzu ベランダの杏の木もすっかり紅葉し、秋の深まりを感じています。

沢山のお祝いのコメントありがとうございます。皆様全員がハッピーになれることを祈っています。

11月に入り、当院ではインフルエンザの予防接種をスタートしました(例年は10月から)。初日に覚悟をしていたものの、予想以上の数の方が殺到し1日の患者数が150人を越えてしまった。通常の診察の患者さんに迷惑にならないように昼休みに予防接種枠を設けて予約してコントロールしようと努力していたのに、、、、。

人間あまりに自分の想像を超えた事態になると、開き直ってしまうもので、どうしようもなく待ち時間が長くなってしまう。僕も、スタッフも皆全力を尽くしていますが、焦ってもどうしようもない。診療が終わった後は頭がフラフラしてました。待ち時間中、少しでもくつろげるように最新のDVDでも待合室に流そうか?などとも考えていますが、職員全員の笑顔とハートで対処したいと思います。

昨日東京からの帰り、珍しく新幹線が指定も自由も満席。3連休の前日なので仕方がないと思っていたけれど、殆どの客が静岡で降りた。改札もホームも人がごった返している。

そういえば先日両親や妹達が来たときもホテルが確保できずに大変だった。今静岡市では、ねんりんピックhttp://www.pref.shizuoka.jp/nenrin/が終わったばかりで、昨日から大道芸ワールドカップhttp://www.daidogei.com/も始まった。

Kakegawajyo1 Kakegawajyo2

先日行ってきた掛川城も大河ドラマ”功名が辻”の、千代と一豊展も開催されていて市を挙げての盛り上がり?、、(結構のどかな小さな町ですが、、、、個人的にははずされた感じ?)

今静岡は熱い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »