« 1day long trip | トップページ | しでかしている? »

2006年9月 4日 (月)

秋の気配

朝夕は空気が涼しくて秋の気配。早くも9月。なんとなく季節の変わり目というか、心も新たな気持ちになる。8月のレセプトのチェックも終わり、穏やかな気持ちで毎日の外来に望む。

月曜日は毎度のことだが予約患者をはるかに上回る患者さんが来る。特に新患が多いので待ち時間が長くなってしまう。もっとゆっくり患者さんを見たい気持ちと、あまり待たせてはいけないという焦った気持ちとの板ばさみになる。なんとなく最近手術のときの精神状態ににているなーと思う。違いは相手が話す相手だということで自分だけではコントロールできない要素だ。

電子カルテでは診察室から誰が何時に受付して何分待っている、後何人待っているか、などがリアルタイムにわかる。医療者側からは非常に便利で、患者さんの待ち時間短縮には大いに役立っているが、医師としては無言のプレッシャーにもなる。

パラメディカルにだけ詳しい情報を表示して末端の医師にはあえて時間や詳しい情報を隠したほうがいいのかな?などとふと思ってしまう。人間工学的?に心理的ストレス要因を下げることがこれから必要なのかも?

そういえばハワイから帰ってから、特に意識するようになったのだけど、今の日本はあまりに情報過多だと思う。それも非常に偏っていると思う。無意識に入ってくる情報が低俗で偏りすぎていると思うのは僕だけだろうか?

多情報時代には個人の情報の選別、判断が必要だけれど、そこまで意識させない、それほど大した意味のない大衆的な情報が多すぎるように感じる。

秋の空気を感じたり、柔らかな秋の光に幸せを感じたり、風流というかそんな心の余裕が社会全体にないような気がする。

イライラしたり、落ち込んだり、人間の心は忙しい。でもその原因は、くだらないことが多い。

そんなこと笑い飛ばして、もっと小さな幸せを探すほうが何百倍も楽しい。

本当はこれから僕自身しなければならない仕事は沢山あって、ストレスもあるはずなのだけれど、肩の力を抜いてゆったりとしていても、うまくいくことはうまくいくと思えるようになってきた。

|

« 1day long trip | トップページ | しでかしている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の気配:

« 1day long trip | トップページ | しでかしている? »