« 運がいい? | トップページ | メル友? »

2006年9月28日 (木)

医療の進歩&医師の適正配置

大学の仕事がOFFのため午前中は医師会に書類を取り行き、その後県立総合病院へ。以前よりオープンシステムも導入しており、僕も登録医なので自分の患者さんを病院に連れて行き手術することも可能で、病棟回診や診察することも可能で診療報酬ももらえる仕組みになっている。忙しいのでまだシステムを利用したことはないが、これからはそういう時代になっていくかもしれない。でも本気でやるつもりなら今の診療を午前中だけにするとかでないと無理かもしれない。

今日は当院の画像を放射線科のN先生にダブルチェックしてもらうためで、自分の診療の質を高めるためにも良い勉強になる。

僕が勤務していた頃は研修医だったM先生も頼もしく働いている。N先生から最新式の64列ヘリカルCThttp://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/products/ct/aquilion/aquilion64/index.htmlを見せていただいた。県立病院では2台が可動しており、1台につき撮影、画像解析と2人の技師がついて1日100件以上の撮影をこなしているとのこと。患者さんが次から次にはいってきて、テキパキとM先生が造影剤注射を確認して撮影していく。高速スキャンの威力、画像精度にとにかく圧倒されてしまう。先端医療は高額の器械と豊富なマンパワーに支えられている。

一診療所の開業医の僕には僕の社会の中の役割があるわけで、病院との連携により僕の医療レベルがあがるので、開業医が劣っているわけではない。だけど少し彼らに嫉妬してしまう。でも彼らと直接顔を見て話せる連携がある自分は幸せだとも思う。

医師には分担が必要で、医師の適正配置こそこれからの医療には必要だと思う。静岡の中で県立病院は医療レベル、パンパワー、経営などどれをとっても最高だと思うし、働いている医師は幸せなほうだと思う。同規模の病院でも医師のモチベーション、マンパワー、経営状態などは様々で、どんどん差別化が始まっているように感じる。静岡市の某病院は内部事情も大変だし、実際医療レベルは下がっていると思う。ではそのような病院はどうなるか?医師たちは何処へ向かうのか?

午後は新職員の面接などなど、、。

|

« 運がいい? | トップページ | メル友? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療の進歩&医師の適正配置:

« 運がいい? | トップページ | メル友? »