« 人と人の繋がり | トップページ | 秋の気配 »

2006年8月27日 (日)

1day long trip

今日は日帰りで、一人お墓参りへ、”ちょっと?”九州まで!!

Siokawa 朝8時台の新幹線で昼過ぎには小倉に着く。すぐにタクシーで八幡東区の昭和町へ。僕の父方の祖母が住んでいた場所。八幡製鉄所が栄えていた頃は夜も空が溶鉱炉の炎で真っ赤に染まって、人も多い街だったが今ではひっそりとしている。

近くに僕も4歳くらいまで住んでいた。昔は路面電車が走っていて、すぐ前が停留所だったのでチンチンという発車の合図や路面電車の騒音が当たり前だと思っていた。お盆になると皆親戚が集まって、賑やかで子供達も楽しかった。

昔住んでいたロビン荘という両親新婚時代のアパートはなくなって駐車場になっていたけれど遊んでいた路地裏がまだ残っていた。Backstreet1 Backstreet2 Backstreet3 Backstreet4

近所の家からもれてくるお経の声、TVの野球中継の音。路地の向こうの方に小さな子供が自転車にまたがって”○○チャン あーそーぼー”と家の前で呼んでいる。

明専寺でお参りし、近くのいろんな場所を歩いてみた。昔あった理髪店がレトロな形で残っていた。

Barber1 Baraber2_1 なつかしい気持ちで一杯になるが、時代と共にお年寄りは減り、町も変わっていくことに寂しい気持ちにもある。

Ryuuho お昼は近くのラーメン屋さん(龍宝)で、昔よく食べたラーメンを頂く。当たり前のとんこつラーメンだけども美味しい。1杯450円。

Kuidaore Yakiudon 小倉駅に戻ると夕立で豪雨となり、魚町のアーケードから出れなくなり、ぶらぶら歩き、せっかくなので、焼きうどん発祥の店”だるま食堂”で昼食のはしご。

創業1945年、戦後焼きそば用のそばが手に入らなかったことからはじめたらしい。小さなお店で6席しかなく、70歳近いお婆さんがまだ一人でやっている。1杯440円、見た目、味は至ってシンプルで本当に1945年からこの味なのかなーという味。普通の焼きうどんとは全く違う。

帰りには雨も止み、シロヤのサニーパンをお土産に買い、静岡に帰る。たった2時間半の滞在だったが、気持ちが優しく満ち足りた時間だった。

夜8時に静岡に着く。小倉はうだるような暑さだったが、静岡は涼しくて秋の風を感じた。

|

« 人と人の繋がり | トップページ | 秋の気配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1day long trip:

« 人と人の繋がり | トップページ | 秋の気配 »