« もてあますパワー | トップページ | 弱いものには滅法強い »

2006年7月17日 (月)

自分がいた場所 今いる場所

蒸し暑い日が続く。まだ梅雨が明けない。年々日本四季が狂って来ているように感じるのは僕だけだろうか?

この連休中は在宅当番(静岡市では在宅患者の看取り当番制を実施している)だったけれど、何事も無く平穏に過ごせた。自分の患者さんからも珍しく1件の電話も無かった。自分に関わっている患者さんは風邪であろうが何であろうが皆、いつも平穏であって欲しいと願う。地域に密着したホームドクターとして働いていると、大学病院の先端医療のように派手さはないけれど細やかな事に配慮が行き渡る。その反面、些細なことに気を使うことも多い。

松山の高校を卒業してもう20年以上経っているが、今度高校時代過ごした寮50周年史のDVDが届いた。なつかしい写真は感慨深いものがあった。3畳の個室にベットと机と本棚と簡単な棚があるだけの部屋。よくあんなところで多感な青春時代を過ごせたものだと思う。ある意味、牢獄か?軍隊か?といった感じ。あの頃の自分があったから、狭い当直室で過ごすのも何の苦労も感じない自分がいたのかもしれない。僕にとって高校時代は勉強以外は音楽しかなかったように思う。寮の音楽委員として寮でのコンサートを仕切っていたが、いろいろと事件?(騒ぎすぎたり、教師や寮の関係者、神父さんを中傷した内容があったなどなど、、)で僕がいた頃の直後から中止になったらしい。それじゃ僕らがやったコンサートは伝説のライブだったのか??などと今になってビックリ。そんなことあったかなー?僕の1個下の学年の仕業?

今日、大学の後輩の林 基弘先生からメールがあり。7月18日「たけしの本当は怖い家庭の医学」放送に出るとのこと。また「夢の扉」/TBS系(ドキュメンタリー・宮沢りえさんナレーション)の取材があり10月頃の放映予定とのこと。
彼はジダンの故郷のフランスのマルセイユに長く留学して帰国後、γナイフ一筋に仕事をしてきた。彼の苦労、実績はよく知っているので、彼の仕事が認められることは同じ医局で一緒に働いた者として誇らしく感じる。γナイフに関しては日本No1だと思う。

最近いろんな医師達がよくTVバラエティーに出ているが、皆、舞い上がりすぎ!!自分に酔っている医師が多すぎる。プロであるなら、もっと謙虚にマトモナことが言える医師はいないのか?とちょっと冷めてる自分がいるのも確か。

ちなみにジダンの誕生日は僕と同じ日。今回のW杯決勝の件はジダンよりマテラッティーを支持する。ジダンはあまり言い訳しないほうがカッコいいと思う。

|

« もてあますパワー | トップページ | 弱いものには滅法強い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分がいた場所 今いる場所:

« もてあますパワー | トップページ | 弱いものには滅法強い »