« アホの坂田 | トップページ | 完ぺき主義者ではないけれど »

2006年6月 4日 (日)

真っ赤なトマト

栃木県の患者さんから自分の家の畑で作ったトマトを送ってきてくれた。以前にも大きなネギやいろいろな作物を送ってきてくれる。大してたことは僕はしていないので恐縮だが、うれしい。とても自分だけでは食べきれないのでスタッフにおすそ分け。

Tomato 食べてみたけれど味が濃縮されていて甘くて美味しい!!。

クリニックの2階にある今年のツバメの巣には5羽の雛が孵り、みるみる大きくなって、朝そのうちの3羽が巣からバルコニーの地面に降りて危なっかしく飛ぶ練習をしていた。と思ったらあっという間に日中はどこかに飛んでいってしまった。残りの2羽はまだ勇気がないのか巣で相変わらず親から餌を運んでもらっている。もう直ぐこの2羽も飛べるようになったら巣立ちも近いのかも。

成長が早いことはいいことなのかもしれないけれど、ツバメのような場合、本能が勝って成長するので、自分が雛のころの記憶などすぐに忘れるらしい。人間は歳をとるに従い忘れることを恐れている。がむしゃらに生きて、後悔しないのが一番かも。

今日は日曜日の救急当番のため朝8時から夕7時まで診療。比較的のんびりしていたけれど、スタッフの皆様お疲れ様でした。

|

« アホの坂田 | トップページ | 完ぺき主義者ではないけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真っ赤なトマト:

« アホの坂田 | トップページ | 完ぺき主義者ではないけれど »