« ピカピカの一年生 | トップページ | 海洋科学博物館 »

2006年4月11日 (火)

雨、雨、雨

今週はいきなり月曜日に外来が大混雑となり、緩んでた気持ちに蹴りを入れられたような感じ。患者さんをあまり待たせないで、なおかつ各々を満足させることは無理な話なのだが、一人一人わざわざ来てくれたのだからじっくり診たい。

いかに患者さんに満足して帰ってもらうか?うちのスタッフにもいつも話しているが、常に誰かが患者さんを見たり声をかけたりすること。ほったらかしにしないこと。相手の気持ちで接すること。

先日某有名電気量販店に炊飯器を買いに行った。正月に実家に帰った際、古くなっていたので新しい物を送ってやろうとして、店員さんに贈り物なので郵送してくださいと頼むと、怪訝な顔をされた。担当の方がよくわからないので聞いてきますと言ってどこかに行き、しばらくして、帰ってくると配達時間指定できなくていいのなら送料2100円かかりますとのこと。送料負担も全然構いませんと答えカウンターまで行くと、そこの担当者が再度怪訝な顔をして、あーでもない、こーでもないブツブツ言い始めた。挙句に、どこか外の宅配に自分で頼んだほうが安いよーなどとノタマウ。

お店の方針で出来ませんといわれたほうがどれだけ潔いか。結局、ごちゃごちゃ言われるのも嫌なので断り、自分で一旦もって帰ることになる。

それにしてもこれだけインターネットで便利に買い物が出来て、流通システムもこれだけ整っている社会で、一体これはなんなんだろう。対面販売している人の存在意義は、もう現場のその人達自身によって無意味になってしまったのか。

お店に行かなければよかった。インターネットで購入、カード決済、郵送先指定。これだけで済んでしまう。変な店員から不愉快な思いをさせられなくて済む。

僕らの仕事はこれらとは対極にある。人と人の付き合いをしないといけない。患者さんをこちらは選べない。落ち込んでいる人、神経質な人、イライラしている人、ニコニコしている人、認知症の人、起こっている人、子供、大人、やくざ、重い病気の人、軽い病気の人、気のせいだけの人、、。どの人にも満足して欲しい。毎日そんなことを考えている。

今日来た患者さんから、半年も前のほかの患者さんのことで、少しお褒めの言葉を頂いた。そんな一言で、自分の苦労は癒される。まっとうだと信じたことを、どんなにきつくても、とにかく貫くこと。

外では雨が激しく降っている。大雨洪水警報がだされたみたい、、。

|

« ピカピカの一年生 | トップページ | 海洋科学博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨、雨、雨:

« ピカピカの一年生 | トップページ | 海洋科学博物館 »