« マッタリと | トップページ | 倦怠は病気だ! »

2006年3月22日 (水)

This palce is empty

Tokyodome2 stoneslive 22日遂にRolling Stones日本公演初日に行ってきた。

久しぶりに生のステージを見たけれど、最高!!!だった。

中学生の頃から何万回も聴いて来て多分自分のDNAに刻み込まれていると思う。体の奥からこみ上げてくる感動は押さえきれない。

今回特に良かったのはキースのソロコーナーで新作Bigger Banから”This place is empty"のバラード。アコーステックギター1本でスポットライトを一人で浴び、渋い声で淡々と歌ったとき、不覚にも涙が出てしまった。

This palce is empty, -----so empty ------  without you

Keithlive2 何かの記事で読んだけれど、この曲はキースが自宅でソファーに寝そべりギターを弾きながら作曲したときに、奥さんがいないことに気づいて、そのときの感情で出来た曲だということだ。

こんな渋い台詞は、男が聞いてもしびれる。カッコいいー。でもこのフレーズを乗せる曲がキースらしいというか、僕が中学生の頃から何万回も聴き込んだ今までの名曲と同じように僕のDNAを揺さぶるほどストーンズらしいので感極まってしまった。

バラードでしっとりさせたかと思えば、次はキース定番の”Happy”

永遠の不良ロックンロールで会場は一気にヒートアップ。

well, I never kept a dollar past sunset----

------------------------

----I need a love to keep me happy---

----Baby keep me happy!

キースリチャーズの、”ナイーブな心は鎧で隠して、楽天的に生きる生き方”に非常に共感しているし、改めて確認できた。最近の自分はどうだー?

勇気をもらったライブだった。

|

« マッタリと | トップページ | 倦怠は病気だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: This palce is empty:

« マッタリと | トップページ | 倦怠は病気だ! »