« 3月並の気温 | トップページ | Only Love Can Break Your Heart »

2006年1月31日 (火)

患者満足度

診察中の会話の中で、勉強になることがある。

あるご婦人は乳がんの疑いで県内では実績のある私も良く知る外科医に通っていたが、細胞診の結果を詳しく教えてもらえず”大丈夫ですよ”とだけ言われたことに不信感!?を持ち、以降東京の某病院の専門医に主治医を変更したとのこと。結果的にはグレーゾーンで経過観察とのことで今後も時期をみて再検査する予定とのこと。内容的には前医と変わらないけれど、ほんの些細なこと、言葉で相手の印象、満足度は変わってくる。

またある患者さんは、今まで風邪をひいたら風邪薬に胃薬も一緒に出されることが多かったとのことだけど、たまたま当院で風邪薬を処方したときに胃薬を出していなかったら、後になって非常に感動されて、良心的な医者だと褒められてしまった。

自分では意識し無いようなことでも、患者満足度は変わってくるし、何が満足感に繋がるかは一人一人違う。良かれと思っていたことが相手にとっては不満足だったり、その逆だったり。

難しいー!難しすぎる!

夜は介護保険審査会に出席するため、1月最後の日のカルテを早々にまとめて早めにクリニックを出る。

|

« 3月並の気温 | トップページ | Only Love Can Break Your Heart »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者満足度:

« 3月並の気温 | トップページ | Only Love Can Break Your Heart »