« みのもんた | トップページ | 頼られている責任 »

2006年1月16日 (月)

さりげない苦労人

最近午前中の仕事が辛い。今日も午後1時までかかってしまった。風邪の患者さんが純粋に増えているというより、新患や紹介患者さんなども年明けから多くなったのが要因だと思うが、患者さん達を待たせずに、なおかつゆっくり見ることは出来ないので、精神的にもかなりきつい感じがする。人間好きじゃないと勤まらないと思う。

県立病院時代では外来2-3時間待ちなど当たり前だったけれど、今では想像もつかない。

今日も11時半までは大体待たせても30分くらいで快調だったけれど、11時半以降にまとまって殺到したので、長い人では1時間くらい待たせてしまった。

もっともっと増えるようであれば完全予約制にするしかないのかもしれないけれど、地域の高齢者がいつでも気軽にかかれる雰囲気も残したい気もする。

そういえば昨日スキージャンプ国際大会で岡部選手が優勝した。以前スキージャンプの岡部選手に似ているとよく言われてた事がある。ルックスは似ているかどうかよくわからないし、自分としてはどーでもいいことだけれど、目立たないけれど実力がある、さりげない苦労人、ぶっきらぼうな話し方、なんかは似ているといわれると少しうれしいかも。

長野オリンピックでは舟木選手や原田選手がマスコミで大きく露出されていたけれど、あの金メダルのキーマンは岡部選手だったことはあまり知られていない。

今オリンピックなどでもスポーツマスコミというか、プロダクションに属した選手はマスコミに大きく取り上げられるし(プロダクションに属さない地味な選手は取り上げられても紙面には小さくしか取り上げられない)、代表選考などを前にプロダクションのマスコミに対する露骨なアピール合戦(マスコミ操作)があると聞く。そういったことを知っているだけに岡部選手には尊敬というか、憧れすらある。

|

« みのもんた | トップページ | 頼られている責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さりげない苦労人:

« みのもんた | トップページ | 頼られている責任 »