« 最高の医療とは | トップページ | 奇跡が起きた »

2006年1月20日 (金)

ストーンズ日本公演!

今日も忙しい外来。気分的に少し重い。

いつもかかりつけの患者さんが今朝、呼吸不全で病院を救急受診し重症の肺炎とのことで病院担当医から午後電話があった。前回正月明けに診察した際ははすこぶる元気で何も呼吸器症状は訴えていなかったのに、、。何故??カルテを見直してみても肺炎を起こすような兆候など全くない。しょうがないのかもしれないけれど、自分が何かできたのではないか?と責任を感じてしまう。

最近原因不明?の急性肺炎が流行っているのだろうか?いつもより元気な高齢者も片っ端から胸部レントゲンを撮りたくなるような感じがしてくる。

先週脳内出血で病院に入院させた患者さんのご家族が夕方来院。入院先の病院で更に病状が悪化して現在の入院先の担当医などに不満、不安があるようで相談される。病態の説明、治療方針などについて説明する。医師個人と患者、その家族の関係がどれほど重要かを改めて考えさせられる。

また更に、年末体調を崩し入院生活を送っていた超高齢者の患者さんが先日入院先で亡くなられたことを、ご家族が報告に来る。在宅治療を始める矢先のことだったので残念だし、わざわざご報告とご挨拶に来ていただいて誠に恐縮である。

家族と思って患者のことを考える(家族愛が僕の医療ポリシーだけれど、、、)と、いろいろなプレッシャーで結構精神的には滅入ってしまう。もっともっと僕はタフじゃなければ、、!

迷っている暇はなく患者さんは次から次に来る。とにかく一人一人を丁寧に見るしかないし、風邪であろうが重篤な問題を抱えた方でも、基本的にはどの患者さんも僕にとっては重要な患者さんで同じである。

今日も何だかんだで夜8時まで仕事をして、U君と食事に行く

yuumoto 写真のU君とくだらない雑談をして少しはストレスを発散できたかなー。

ローリングストーンズの日本公演予約が明日の10時からいよいよ始まる。仕事中にさすがに予約は出来ないし、今回は東京公演2回、札幌1回しかしないので競争率高そう!というか殆ど奇跡的にしか取れないのではないだろうか?暇そうな友人2人に予約を託す。

過去2回日本公演には行った事があるけれど、ステージセットは世界最高峰というか、今の時代の最先端だと思うし、現にストーンズが最初にやったことが後に色々なアーチストのステージに使われている。ドラムのチャーリーワッツや、ギターのロンウッドが健康上に問題を抱えているので、本当にこれが最後かもしれない(毎回そういうふうに言われているけれど、、)。

|

« 最高の医療とは | トップページ | 奇跡が起きた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストーンズ日本公演!:

« 最高の医療とは | トップページ | 奇跡が起きた »