« 奇跡が起きた | トップページ | 結構アバウト »

2006年1月25日 (水)

黙々と、淡々と

いつものように毎日毎日、同じような時間が流れていく。

週明けからインフルエンザが爆発的に増えているのを実感。普通の風邪や嘔吐下痢症なども結構流行しているので大変。風邪の患者さんでも丁寧に診るようにしているし、薬を選ぶにもなるべく早く効いて欲しいと考えて処方している。結構神経使って疲れる。

ある在宅治療中の患者さんの家族が来院され、薬のみ希望された。どうしてか理由を聞くと、お婆さんが呆けてマッチで自分の部屋を火事にしたとの事。火傷などなく本人も家族を無事との事だけれどビックリ。

昼休みは緊急である患者さんの往診。夜は時間外での急患や、電話の問い合わせ。きついけれど最近この忙しさに慣れてしまっている自分が怖い。なんでこんなに働いているんだ?と常に自問自答しながらも、最近は黙々とこなす癖がつきつつある。まるで10時間くらいの脳外科手術を執刀しているときのように、、。

細かいことでも患者さんに喜ばれるとうれしいし、少しでも患者さんが悪くなると悲しくなる。まだまだ日々勉強の毎日が続く。

|

« 奇跡が起きた | トップページ | 結構アバウト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黙々と、淡々と:

« 奇跡が起きた | トップページ | 結構アバウト »