« コミュニケーション | トップページ | 暇人のすすめ »

2005年10月27日 (木)

もっと輝いていたい!

今日は大学も休診にして久しぶりのOffの予定が、かねてから親交のあるS氏夫妻が体の具合が悪いので診て欲しいとの依頼が。いつも世話になっているので2人のためだけに東京へ。お二人とも大きな問題はないので一安心。

医局で大学のニュースペーパーを見ていると、同年代の知っている何人かが(よその科だけど)講師に昇進していた。今までは就任の挨拶では”○○教授のご推挙により、このたび、、、。私は今まで、、、に留学し、、、の治療、研究に専念してまいりました。これからも一層、、、、邁進する所存です、、。”などが一般的だったが、今回おもしろかったのが、そういう決まりきった挨拶をしている人はいなくて、趣味の話やカジュアルな挨拶が殆どだった。時代の流れ?それとも世代の特徴?なのか。大学病院に関わらず、若いと思っていた自分や下の世代が社会では中心になって活躍する時代になっている。

大学近くの医学書専門店で、治療について悩んでいる患者さんがいるので本を買って帰る。何だかんだで仕事してる。

帰りの昼下がりの新幹線で窓の外をボーっとみて、人は何に満足し、何を悩み、何のために毎日を過ごしているのだろうと考えた。

将来の不安?期待?自分はどうありたいのか?どうなりたいのか?雑誌などで勝ち組、負け組。セレブな生活などなど、、。煩悩をかき乱す情報は氾濫している。人はそれで幸せなのだろうか?

自分はどうしたいのか、どうありたいのか漠然とイメージがつかめないと人間は不安になる。がむしゃらに働いているときは忙しくて見えないけれど、、。

当院の優秀なスタッフが採用面接のとき、当院に応募した動機を尋ねたときに言い放った言葉を思い出した。 ”もっと輝いている自分でいたい

僕は最近、疲れたときは、この言葉を、自分に言い聞かせている。お金があろうと、なかろうと、東京であろうが、静岡であろうが、大学病院だろうが、自分のクリニックであろうが、近くの居酒屋だろうが、お洒落なレストランだろうが、趣味だろうが仕事だろうが、忙しくてたまらないときも、

僕はもっと輝いていたい!

今夜は介護保険審査会の研修に出席する予定。

|

« コミュニケーション | トップページ | 暇人のすすめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと輝いていたい!:

« コミュニケーション | トップページ | 暇人のすすめ »