« 大入り袋!? | トップページ | 東京タワー »

2005年10月12日 (水)

至福なワイン

今日はクリニックの外来が終わり次第、東京へ。約束があるからどたばたしながら新幹線に飛び乗るが、このときには開放感よりも不安感が強い。

帰り際、体の調子がよくない患者さんからの電話と、クリニックの駐車場に止まっていた不審な車両(ガ体のいいお兄さんが二人乗ったマゾの車)が気になる。後ろ髪を引かれながら新幹線へ。

今日は行きつけの青山のVini di  Araiで友人達と食事。

ここは東京で、いや日本で一番のワインの店と断言できる。狭いマンションの一室だけど、完全に知っている人しか入れないお店。ソムリエの荒井さん(イタリアワインソムリエ協会理事、知る人ぞ知るイタリアワインのカリスマ、今度イタリアから勲章を受けるらしい)のワインはいつ来ても新しい発見があるし、たぶん一生で1回味わえればいいような貴重な美味しいワインを出してくれる。お金じゃなくて、、、。ワインが好きな人、自分と同じ価値観がある人しか入れないお店。昔、千利休がお茶で織田信長と対等に話したように、ワインだけでこんな世界が広がるのか?人を幸せにできるのか?と感動するほどのワインを飲ませていただく。いくら言葉で説明しても説明できない。一流のプロとして凄いと感心する。ワイン好きの芸能人も多く来るお店。いくら高級ホテルで高級なワインを頼んでも、ここには勝てない。

1967 Sasaki 今日は一緒した後輩の佐々木先生にちなんで1967年ビンテージのバレバレスコがメイン。ビンテージ独特のなめし皮の香りで38年たつのに渋さと華やかさのバランスが最高だった。このワインの後は、これまた殆ど日本には入っていないといわれるAiSuma!ビンテージの香りを、そのまま強くしたような感じで、このワインの組み合わせの絶妙!!さすが荒井さん。

結局、白ワイン2本、赤ワイン2本を4人で堪能。至福な味!!たぶん日本でこの味を味わえる人はいないと思うほどの凄さ。

ai_suma 話もいろいろなことで盛り上がる。佐々木夫妻が、O先生とフランスのワイナリーへ旅行したの話。ビンテージギターの話、仕事が忙しくて、週にたった2回しかも朝ご飯のみ食べに帰るある後輩医師の話など、面白い話で盛り上がった。

仕事も大変だけど、こういう息抜きは凄いパワーになるし自分の人生観にも影響すると思う。でも美味しすぎて飲みすぎてしまった、、。

|

« 大入り袋!? | トップページ | 東京タワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 至福なワイン:

« 大入り袋!? | トップページ | 東京タワー »