« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

価値観

今日はボトックスの講習会のため横浜へ。昔勤めていた病院のそばをとおりなつかしい感じ。でもそこに勤めてたときは横浜であんまり遊んだ覚えないんだよね~。もっと遊べばよかったのかな。ボトックスは薬だけで10万円近くするけれど、健康保険では、医師の手技料としては180円!!何箇所に注射しようが、180円!!アホラシイというか呆れるというか?一方自由診療では数万円をとるのだけど、、。

スカパーで救命救急24の再放送みて、昔の自分を懐かしんでいるようでは駄目だね。医師は根がまじめだから、わかっていても美徳としてただ働きしてしまう。お金ではない自己満足の世界に生き、その分プライドが高い。が、文句を言われると自己反省してしまう。

価値観の違いはわかっていてもなかなか納得できない人、割り切れない人は多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月29日 (金)

昔の論文

今日昼休み、わざわざ遠く沖縄から来客があった。内容は書けないが、10年以上前に僕が書いた論文を読んだ知らない先生から、僕を推薦されたための依頼案件である。

こんなことってあるんだなー。自分でもはるか記憶の彼方へ忘れかけていた論文。書いた当初の努力がこんな形で報われることってあるんだなー。感慨を通り越して、変な因果さえ感じる。

夜は医師会の納涼会。普段お話できない先生方とざっくばらんにお話できた。帰り際、K衆議院議員を紹介され、医療費問題などに対して僕の意見を聞いていただいた。あまり当てにはしてないけど、少しすっきりしたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木)

出張手術依頼

大学へ手術へ。脊髄腫瘍の手術。

そういえば先日、山梨の関連病院から手術依頼があった。休診日で山梨まで手術に行ける日は9月までない。8月の夏休みを除いて、、、。どうすればいい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月27日 (水)

音楽は死なない

夜以前勤めていた県立病院の納涼会があり、なつかしい人たちと再会。直ぐに帰ろうかと思っていたら、心臓外科部長で副院長のM先生から2次会のお誘い。M先生とは年も15歳以上離れているし、僕とか専門も違うし、M先生が赴任してから1年くらいしか仕事はしていないのだが、県立病院を離れて、大学の戻った後でも、雑誌への原稿を依頼されたり、患者さんを紹介していただいたりしてお世話になった。また偶然、宮古島であったり、、なんだが縁があるのかな?心臓手術はトップクラスの腕前で、つい先日も”超高齢患者の心臓バイパス手術成功”のニュースが新聞にでていた。2次会はその他僕よりも目上の先生方ばかりで、なんか場違いな感じがした。

2次会に連れて行かれたのは”DOT COOL"というJAZZの生演奏のある狭いバー。M先生はもともとJAZZが好きだったみたいだけど、3年前からサックスを始めたそうで、今日もしっかり生演奏をMDで録音していた。結構DEEPにはまっているみたい。

帰りにKentosに一人で寄り、HULLHOUSEの演奏を聴きながらビールを飲む。Vo.のShigeyuki君やAyaちゃんと少し話す。やっぱり音楽は死なない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月)

焼肉

仕事を早く切り上げて、MRのY君と焼肉を食べに。本当はおいしい焼肉屋であまり知られていない隠れた名店があるとのことで、そこが本命だったのだが、臨時休業とのことで残念。急遽、よく知っている保養軒へ。ざっくばらんに仕事以外のくだらないことで盛り上がる。今度東京に飲みいく計画を立てる。

今日はうちのスタッフにも声かけたけど、誰も来なかった、、、。フレンドリーにいきたいけど、そういうわけにもいかないのかなー。

速いペースで結構飲んで早めに帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

父と娘

今日は映画を”宇宙戦争”を観にいき、昼はランチでたまたま通りかかって良い感じの新しい店”枇杷”を見つけた。古いビルを改装してスケルトンの壁、廃材を工夫して使用したインテリアなどなかなか好み。強大な工業用送風機が天井に吊るされていたりして僕好み。食後は気になっていたDVD,CD,本を買う。

DVDのひとつはグラムパーソンズのトリビュートコンサートで、26歳で死んだグラムパーソンズの娘さんが、父親の死後30年たって企画したコンサート。

殆ど生前の父の思い出がない娘が、成長とともに父が残した音楽に触れ、父と共に過ごした友人たちとあい父の功績、偉大さに気づき、その友人たちに声をかけ、トリビュートという形だが父が死んだ原因でもある薬物中毒救済のチャリテイーコンサートのDVD。ノラジョーンズ、キースリチャーズhttp://www.keithrichards.com/high/index.htmlなどがでているが、なんか心温まる。69年から72年くらいキースはグラムパーソンと本当になかよかったんだよねー。wild horsesはグラムの影響が強い曲だけど、本当にいい曲だ。皆で合唱。

KeithNora 宇宙戦争もそうだけど、父と娘の関係を考えさせられる。そこまで思われている父親って幸せだろうな。

本は今ベストセラーで話題になっている”生きて死ぬ智慧”。般若心経をわかりやすい言葉で訳した本。”人はなぜ苦しむのでしょう、、。本当は野の花のように私たちも生きられるのです”で始まる。短いお経を美しい言葉でわかりやすく、心が落ち着く文章。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月23日 (土)

エスパルス

ecopa

涼しいというより寒い1日。夜、エコパスタジアムにエスパルス対レッズを観戦へ。エコパに来るのはワールドカップ(ベルギー対ロシア)、静岡ダービー(エスパルス対ジュビロ)以来。

クリニックはエスパルスのオフィシャルスポンサーなのでVIP席で観戦。

スタジアム直ぐ横の関係者駐車場に車をとめて、一般の入り口とは別の地下車寄せのあるVIP専用入り口から案内される。

ecopaVIP 室内から観戦でき、簡単な食事、飲み物が用意されている。せっかく良い雰囲気なのだから、皆もう少しお洒落してくればいいのにと思う。なかなか苦手なのかな。

スタジアム席にも直ぐ出れるようになっているので、そちらで観戦。臨場感を味あわないと。

前半は何度も良い形でエスパルスが押していたが、後半、一瞬の隙をレッズの闘莉王にやられた。応援も含めてエスパルスは優等生というか、まじめすぎるんだよね。汚いというか闘志剥き出しのいやらしいプレーも場合によっては必要なんだよね。悔しい気持ち一杯で帰る。

そういえば、ワールドカップのために作られたこのエコパ。早くも経営困難みたい。そもそもこんな辺鄙な山の上に作ったのが間違いで、最初からわかっていることだけど、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月22日 (金)

楽しいこと

仕事後遅れて講演会に出席。東北大学教授の今井先生の高血圧学会ガイドラインについての話。昔当院を担当していたMRのS君と久々に会い話す。

新しいフィールドで彼もがんばっているようだけど、少しあせっているのかな?基本を忘れずに、変に奇策を練らずに、まじめにがんばれば良いと思う。基本は人と人とのつながりなんだから。下心なく、楽しいこと(人を幸せにすること)をしようとすれば、おのずと人が集まってくるし、自分も幸せになれると思う。

僕もどんどん楽しいことしないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

レイラ

クリニックにセカンドオピニオンの相談に来た方のフィルムをもって、大学へ。前医では、この病気に対してあまり手術経験ないようで、安易な手術(間接的血管吻合術)を勧められている。僕はもっときちんとした手術(直接的血管吻合術)が必要だと思うので、手術の合間でてきたO先生(経験豊富)を捕まえて相談。その他いろんなDrに相談したがやはり、直接バイパス手術しないと、駄目とのこと。午後は外来にでて診察。最良の医療は努力して望まないと平等には与えられないのか?

帰りに、御茶ノ水のイシバシ楽器でEric Claptonの楽譜を買う。しばらくはClaptonにはまってみようかな?

What 'll you do when you get lonely and nobaody's waiting by your side?

You been runnin and hiding much too long.

You know it's just your foolish pride.   (LAYLA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

太平洋のど真ん中で

03agg 面白いWEBを見つけた。http://www.emmanuelcoindre.com/index.htm

フランスの冒険家 エマニュエル.コワンドルが手漕ぎボートで太平洋横断中。現在の彼がどこにいるのか、リアルタイムの位置がGPSでわかる。

こんなときにも太平洋のど真ん中で漂っているのかと思うと、ロマンを感じる。慌しい日常に疲れてる気持ちをリフレッシュさせてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月19日 (火)

慰労会

連休明けは外来は込み合い忙しい週の始まり。昼休みまで午前中の診療がずれ込み、そのまま往診。今日も昼は何も食べれなかった。午後も診療時間が終わっても遅れて数名来院しへとへととなる。今日は仕事をさっと切り上げ食事に行く。

当院を1年担当してくれた卸会社の担当社員の慰労会。病気の父親の介護などもあるため実家のある三重へ配転になるとのこと。割烹桧の木で食事。初夏の旬で涼しげな食事。彼は本当に人柄、気配りなどすばらしく、優秀な担当者だっとと感謝している。今後の後任の担当者と同様な人間関係が作れるのか?気になる。

言葉ベタな僕ですが、本当にありがとうございました。今後新たな勤務地でも、今のままご活躍してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月18日 (月)

一人でビール10本以上?

大阪に住む友人が東京での研修を終え静岡に来てくれた。無庵http://www.nasubi-ltd.co.jp/muan/index.htmlで食事し、しきりに魚が美味しいと喜んでくれた。その後、blue note,Kentosと3件をはしごし、深夜に帰宅。今日は自宅に泊まることになっている。帰宅後の飲みすぎたかなーと思っていたら、友人からビールある?といわれ、さすがだなーとびっくり。こんなこともあるかと冷蔵庫にビール大目に冷やしていてよかった。

翌日、クリニックを案内したりして、昼過ぎ大阪へと帰る彼を見送った。彼は彼で明日から大阪での病院勤務が待っているし、僕は僕で明日から普段の仕事。お互いがんばろうな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

病診連携

午前中テンポよく外来をこなしていたが、ある新患患者さんの脳にある重大な異常がみつかり、入院が必要なため、紹介入院の手続きをおこなった。各日によって救急を受け付ける救急当番病院があるが、それとは別に各診療所と病院では診療連携システムが成り立っている。この事務作業がスムーズにすすまないとストレスを感じることになる。

専門の事務担当者がいる場合はさほど問題になることはないが、時間外や休日の場合、専門の担当者ではなく、その時々の現場の医師(多くが研修医)が担当することになるのでなかなか大変だ。

土曜日だけど結局6時まで雑務などをこなして、夜はちゃっきり亭へ。生ビール数杯しか飲んでいないが、疲れているため、結構ほろ酔い気分で帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月15日 (金)

美的感覚

ギターは機能的でもあるし、その形は1950年代からすでに確立されている。長い間変更されないデザインにはやはり普遍的な美しさ、形があるのだと思う。

今愛用しているのは78年製Fenderのtelecasterと同78年製のstratcasterとGibson flying V (Jimi Hendorix limited edition.)

flying Vというとヘビメタみたいな先入観があるけれど、僕はデザインが好きで持っている。GibsonといえばLes paulだと思うが、あまり個人的には好きではない。neckを握った感じがFenderのほうが自分にはしっくり来る感じが第1の理由だが、les paulでどうしても好きになれないのがハムバッカーpick upの周りのエスカッションが不細工で許せないから。Flying Vはエスカッションがなくてpick guardに直接pick upがねじ止めされているのがカッコいい。Gibson系でLes paulではなくflying vが好きなのはまさしく、その個人的美的感覚が理由だと最近気づいた。

flyingv1 flyingv3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月14日 (木)

あるある

午後からの手術なので朝はゆっくりして東京へ。手術室の関係で結局午後3時間から開始となる。夜はクタクタになり帰宅。

そういえばここ数日、眠りが浅い。ストレスが溜まってるのか?それとも最近読んだ、村上龍の”半島を出よ”の影響か?気分をリフレッシュするために、”あるある探検隊”の本を購入し新幹線の中で読む。アホラシイけれどいい気分転換になる。彼らはボケているけど本当はすごく頭良いんだと思う。

そういえばワールドカップ予選の日本対バーレン戦の2日後に本屋の店頭で、”半島を出よ”の手書き宣伝で、”中田英寿がバーレン戦の前、読んでいた本”と出ていた。このコピーを書いた、その本屋の店員は凄いと思った。2日後店頭にでるってことは1日前には準備しないといけないし、アイデアとスピード感、実行力がないと出来ない。彼は頭いいんだろうなー。

今日はぐっすり眠れそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月13日 (水)

話を聞くこと

忙しいときに話が長い患者さんが来たとき、すごくイライラすることはよく経験するけれど、今日、ふと長い長い話を聞いていて(聞き流していて)、不思議な感覚になった。

おそらく、話が長い患者さんは、その話の内容ではなく、何を話したいのか?どうして欲しいのか?が自分自身わかっていない。話し方、伝え方が下手ということもあるのかもしれないけれど、客観的に自分のことが伝えられないことが病んでいることそのものだと思う。

真剣に聞けば聞くほど、診察する自分まで気分が滅入ってきて、また時間にイライラしたりするけれど、その内容の枝葉末節が重要なのではなく、やはり話を聞いてあげるだけで、相手は癒されるもので、そういった癒しを当院に求めてきていると思う。

僕らは美味しい料理や、空間や音楽などでは簡単に癒されるけれど、人間として、会話で赤の他人に癒されることはあまりない。それが、もし、できたなら、それはとんでもないことだと思う。

オークションで落札したアンプが届いた。カッコいい^!!思ったよりパワーがあって、かなり音を絞らないと、部屋で練習できないけれど、、、。パリッとした良い音がする。音量をあげるとまたいい音がするんだな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

清水七夕祭り

久々に雨の降っていない日曜日。午前中は髪をカットしにアンシャンテへ。夏用に少しすっきり短めにカット&カラーリング。思ったより短くなりすぎたかなー。ま、今までが少しロンゲになっていてうっとおしい感じあったのでよいか?

午後は清水の七夕祭りへ 清水銀座商店街のレトロな感じと少しづつ新しい店とのバランスが独特な雰囲気。

tanabatamaturi 七夕祭りに限らず、街には人が溢れている。みんな久々の天気と、暇をもてあましているのかなー。人が多くて疲れた。

最近、今年の冬に向けてクリニックの増員も考えているけれど、             

1.スタッフ増員なしで、システムで何とか対処できないか?1.スタッフを増やすとして、何処の部署に、どういう人が必要か?1.新たなスタッフが既存スタッフとうまくやっていけるか?

とりあえず、募集出して、面接してみるだけでもいいのかな。いい人は本当に簡単には集まらないと思う。ある程度今から中期的に考えよう。

自分もスタッフもとにかく楽しく、ヤリガイのある職場にしたい。決して現状に満足することなくがんばらないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

運とタイミング

外は大雨が降り続いている。夜寝ていたら、インターフォンが鳴り起こされる。お隣さんが手を怪我したとのこと。縫合するには道具がないけれど、縫合しなくても大丈夫そうだったので、消毒、応急処置をする。

その後目が冴えて、寝られないのでヤフーオークションでも何気に見ていたら、僕の理想に限りなく近いFenderのアンプを発見。しかも入札終了まで30分を切っている。お金があればいつでも買えるものではないし、この出会い感は大切にしないと!見事落札に成功。思ったより安く購入することが出来た。

fenderash ホワイトアッシュの木目が美しく、取っ手が革でできている。50年代風の限定生産品。カッコ良すぎる。15Wの真空管アンプ。

本来、欲しかったのは80年代のBoogieのMark IIだったけれど。何せ高い。今回落札額の4倍はすると思う。

boogie キースリチャーズといえばoldのFender twinが有名だけど80年代から現在まで楽屋やスタジオでは結構boogieのwood cabinetのアンプ使っている。

楽屋でリハーサル中のRonnieとKeith 

ズラッと3台、boogieが3台並んでいる。

なかなか良い買い物をした。運が良かったとしか思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 8日 (金)

クリニック見学

当院のシステムに関与しているパルステックの伊藤氏、SRLの中村氏の案内で、H大学のK教授、京都の某医療法人の情報企画室長、関西の某(株)の総務企画部長のK氏、企画管理部長 S氏、某ソルーション(株)の方々が今日の昼休みに当院の電子カルテシステムの見学に遠方より来ていただいた。

当院のシステム(ORCA+、DDII電子カルテ)を説明し、イロイロな質問にお答えする。普段実際に医療現場で使用していることを普通に説明したつもり。今後、大きなプロジェクトのモデルとして参考にしたいとのことで、当院としては光栄なことである。

パルステックの伊藤氏との出会いが、当院のシステム(まだ一般的ではないが、先進的で合理的なシステム)導入を決意する決め手になったし、彼も新たに参入した医療事業に戸惑っていたように感じたこともあったが、やっぱり只者ではなかった。僕と同じ年で、テレビ番組のお宝探偵団にも出たことがあるユーモアがあって、すごく頭の切れる方。

自分では当たり前になっていることでも、人と人との結びつきで新たな化学反応が起きるのかな。

今日、今年のインフルエンザ予防接種ワクチンの予約をどうするかスタッフと話し合う。10月から忙しくなるのでその前にマンパワー補充を検討しなければ、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 7日 (木)

七夕に

今日は手術がないのでゆっくり。朝、銀行でいろいろ振込みなど済ませて新幹線で東京へ。先週手術した方の調子もよく、直ぐに退院できるはず。午後は外来や、来週の手術の確認など。

大学病院の外来を、よくみると杖を突いている人が多い。それだけ高齢化社会になったということか。

帰りの新幹線の指定席が7号車7Aだった。七夕にタナバタじゃん!なんて喜んでいたら、となりに変なおじさんが座って居心地悪かった。中年の太ったおじさんで、一人でずっとバリバリ音を出してお菓子(スナック類)を食べていた。もうちょと落ち着いて食べればいいのに、手を休めることなく口に運んでいる。クチャクチャする音もするので、さすがに切れて注意しようかと思ったくらい。

僕らは、周りの人間関係に影響を常に受けている。また人からの評価を気にしてはいけないと思いながら、一方でどこか他人と比べて安心している。もし、周りの環境が仕事であれプライベートであれ、自分が好きな人、気が合う人だけであればどれだけハッピーだろうと思うけれど、、、。そんなには甘くない。

クリニックでは、人と触れ合う仕事である限り、毎日、こちらが望まなくてもいろいろな人と話をする。朝から僕は話しっぱなしだから、ストレス溜まるわけだよね。

その辺を客観的に超越できるといいのかも。まだまだ修行じゃー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水)

物欲

無事レセプトを出し終わり、ほっと一息。先月は意外に疲労感が強かったけれど、やっぱ結構、働いたんだーと実感。

明日は大学での仕事のため東京へ。

天気が良くて、時間があけば御茶ノ水、神田で楽器屋めぐりでもしようかな?

今もっているギターには愛着あるし、何も新しいギターが欲しいわけではないけれど、見るだけでも退屈しない。欲しいアンプはあるけれど、ただでさえ今のアンプで練習する暇ないのに買うのは無駄っぽい。まあイロイロ憧れたり、マニアックな空気を感じるのを楽しみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 4日 (月)

モチベーション

朝から雨が強く、週明けなのに気分が乗らない。朝クリニックを開けると直ぐに急診の依頼。心の準備なくいきなり仕事が始まってしまった。バタバタと午前を何とか乗り切り、昼休みになってようやく休もうかと思ったら、昼休み中にも関わらず患者さんが来る。午後は3時からなんだけど、、、。待たせるのは嫌なので結局診察する。

2時過ぎにやっと休めると思ったら、2時半に予定外の会計事務所の面談。職員の厚生年金の計算が1月から6月まで違っていたとのこと。毎月書類提出しているのに今更何言ってるの??

そういえばツバメの子供たちは無事みんな巣立っていった、バルコニーの掃除が大変だなーと思っていたら、別のツガイのツバメが飛んできた。何で?と思ったら、前に出来てた隣にまた新しい巣を作ろうとしている!勘弁してよ~って感じ。もう巣立ちの時期じゃないの?まだ産卵を終えていないツバメもいるのかなー。

結局午後も始業の3時前から患者さんが来たのでそのまま診療へ。沢山来てくれるのはうれしいことだけど、僕のモチベーションは盛り上がらないんだよね~。

ハートのエンジンに火を付けて、モチベーションを上げようとわかってはいるんだけど、何かが足りない気がする。近視眼的にならず、少し先をみて行こう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

好きだなー

仕事後、S君と新しい美味しい店探しへ。近場の怪しい隠れ家的店に行く予定だったが、一杯で入れなかったので、みばやし http://mfree9.hp.infoseek.co.jp/personal/bar/mibayashi/mibayashi.html 

awamori Suzuki 調子に乗って、久々に泡盛!!美味しいけど飲みすぎて酔いが回る。

お腹が一杯になったところで、静岡ケントスに行き、ライブを楽しむ。静岡のケントスは実は二人ともはじめて。

kentos fullhouse

Fullhouse http://www.h2.dion.ne.jp/~kentos/top.htm というバンドはよかった。他のケントスと曲のレパートリーは対して変わらなかったと思うけど、メンバー一人一人の味があるというか、なんとなく直感的にこういうバンドは好きだなー。グルーブ感がいいんだよね。

Voの男女がクールでカッコよかった。演奏後、リーダーのKeyに話しかけて、オリジナルはやらないのか?メジャー志向はあるの?見たいな話をする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »