« 泉が湧く? | トップページ | スタッフの慰労会 »

2005年6月28日 (火)

医療費について

暑つすぎる日。クリニックの中はエアコンが効いているので快適だけど、外は限りなく体温に近い暑さ。昼休みには在宅酸素療法を行う患者さんのための在宅酸素メーカーとの契約や会計事務所の定期監査などなど診療以外の仕事。

夕方、診療時間終了後にかかりつけの患者さんが急に来院。診察後は自転車で介護保険審査会へ。今日も7時の会議にぎりぎり滑り込む。

審査会が終わったあと他の委員と雑談で、計画中の民間の介護施設が中止なったとかの話を聞く。介護保険で助かっている患者さんも多いけれど、介護保険料が早くも抑制される見込みで、現場の人間はどうなるのか、振り回されて大変みたい。

平成14年度の国民医療費は約31兆1000億円。本人負担15%、本人保険料30%、事業主保険料22%、国庫負担25%、地方負担8%  

医療費抑制政策とは言い換えれば、医療費が高くなって大変だと国民を煽り、患者負担を増やすことだ。得をするのは国だけで、医療機関と患者の負担だけが増えている。ここ3年医療費は横ばい状態だが、まだ国は、その現状はアピールせずに、医療費が増えることが悪だと煽り続けている。

なぜか?

医療費が高い=医者が儲けすぎ。医療費が安い=患者負担は安くなる。みたいな誤解を与えておけば、年金給付を減らすことや増税などのような強い反発なしに、ドサクサにまぎれて国の赤字を減らせるからだ。

世界的には日本はGDP比では19位、患者一人当たり対GDP比だと世界最下位である。 参考までに、日本では、公共事業費85兆円、パチンコ産業30兆円、葬式産業15兆円。

この国の医療費が高いのか、政治がおかしいのか?きちんと問題にすれば、だれでも気づくことなのに、、、。なんとなく暗い気持ちになる。

|

« 泉が湧く? | トップページ | スタッフの慰労会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療費について:

« 泉が湧く? | トップページ | スタッフの慰労会 »