« Keith is God !! | トップページ | 診療待ち時間 »

2005年4月21日 (木)

医師の適正配置

今日はクリニックの休診日。朝から新幹線に乗り大学病院へ。

今日は手術の予定はないので専門外来のみ。脳卒中の外科学会へ出張している医師が多いためか、医局は普段より静かだった。

後輩の医師と雑談。彼も毎日夜遅くまで手術に関わっているが、豊富な経験を積んでいるので頼もしく感じる。

医療業界では病院の再編が加速し、医師の配置にも変化がでてきたように感じる。

今、苦労して寝る間を惜しんで働いて技術と経験を積んでいる医師は、症例数の多い施設でこそ必要とされ、その技術はさらにその施設で生かされ、さらにその施設は高度に専門性を増してくると思う。苦労しなくてよい病院は淘汰され、手術症例も減り、医師そのもののモチベーションも下がって負の連鎖が始まっていると感じる。後輩たちの姿に刺激を受けた1日だった。

外来では手術後3年ぶりに再診した患者さんに会う。具合が悪くなってきたのか心配したが、すごく調子よく、主治医にたまには受診するようにすすめられ、久々に受診したとのこと。自分の手術した患者さんが元気な姿を見せてくれるのは医者冥利に尽きる。

塩川八幡ヒルズクリニック www.shiokawa-clinic.com

|

« Keith is God !! | トップページ | 診療待ち時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医師の適正配置:

« Keith is God !! | トップページ | 診療待ち時間 »